食文化スタジオCOMMUのオープニングパーティー温坐で歓迎会

2012年04月19日

ちんやのすき焼き

先日、知人たちと中洲の「ちんや」ですき焼きをいただく会合がありました。
「ちんや」は元々は肉屋さん。
そこに洋食レストランとすき焼き、しゃぶしゃぶの料理屋があります。

ちんや1

ちんや2ちんや3
《右写真:この日はすき焼きということで、私は牛のネクタイで参加しました》

さて、すき焼きというと地方によって、また店やご家庭によってさまざまなつくり方があります。
関東では「割下(わりした)」と呼ばれる醤油、砂糖・みりん、ダシをあらかじめ合わせた調味料で味を調えることが多いようです。
これに対し、関西では醤油、砂糖、酒などを使って調味していきます。
ここ「ちんや」は関西風。

ちんや4

ちんや5


そして、関東、関西の高級すき焼き店では、まずは牛肉だけを焼いていただきます。その後に野菜や豆腐などを入れていただくスタイルが一般的です。
それに対し、「ちんや」では、最初から肉も野菜も入れて一緒にいただくスタイルで、どちらかと言えば家庭的なつくり方ですが、これはこれで楽しいものです。

ちんや6


ということで、気の合う友人たちと気楽に美味しいすき焼きとお酒を味わうことができました。

「ちんや」のぐるなびサイトです:http://r.gnavi.co.jp/f049900/

ちんや7

ちんや8

ちんや9
《博多の宴席の締めは「手一本」です》

nsg3 at 05:59│Comments(0)TrackBack(0) 日本料理 | グルメ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食文化スタジオCOMMUのオープニングパーティー温坐で歓迎会