2012年09月26日

Due Italianで女性に囲まれてラーメンライス

先週は、2回のソウル出張とその間の東京出張という結構ハードな1週間でした。
その東京出張の話です。
午後から市ヶ谷で専門学校の協会の会議ということで、お昼を市ヶ谷近辺でいただくこととしました。

Due Italianらぁ麺1
《市ヶ谷界隈にはラーメン店が数多くあります》

Due Italianらぁ麺2
《博多の金龍も出店しています》

Due Italianらぁ麺3

訪れたのは元イタリア料理シェフが経営する異色のラーメン店Due Italian(ドゥエ・イタリアン)。
ちょうど午後1時頃でしたが、満員で外で待っている方がいます。
さすが、人気店!
しばらくして、女性客数人が出ていき、私も店内に入れましたが、まさに気軽なイタリア料理店のような内装です。
そして、お客さまの大半が女性客というのも驚きです。

Due Italianらぁ麺4

Due Italianらぁ麺5-2


Due Italianらぁ麺7-2


インターネットの事前情報によれば、ここのイチオシは黄金の塩らぁ麺。
そして、最後にこれにごはんを追加して、残ったスープに入れてリゾット感覚でいただくのが美味しいという記事も見つけました。
そこで、この黄金の塩らぁ麺+ライスを注文しようとしてチケットの自販機に向かいます。
お目当ての塩らぁ麺のボタンを発見。これにライスのボタンを探していると、塩らぁ麺のボタンの上に「ランチらぁ麺(白ごまご飯つき)」とあるではないですか。

Due Italianらぁ麺7


ということで、このランチらぁ麺+ライスを注文しました。
待っている間は、ひとりでは手持ちぶさたでいろいろと掲示などを眺めます。
すると、面白い文章を見つけました。
「女子学生は14時から16時まではデザート無料」
この店は、まさに若い女性客をターゲットにしたラーメン店なのです。

Due Italianらぁ麺8

Due Italianらぁ麺9


さて、しばらくしてラーメンが運ばれてきましたが、黄金の塩らぁ麺ではなく、一見、チャーシューも何も入っていない醤油ラーメンです。
いや〜、わざわざ訪れたのに期待の一品にありつけなかったとは本当に残念です。

Due Italianらぁ麺10

Due Italianらぁ麺11


しかし、食べてみると醤油味のスープも実にていねいに取ったと思われる上品な味です。
また、チャーシューは入っていないように見えましたが、よく見ると細かく薄切りにしたハムのようなチャーシューが少し入っていました。
しかし、麺とごはんのほとんど炭水化物オンリーの食事。
言いかえると品のいいラーメンライスで、女性客は誰一人このメニューは食べていません。
後から私の横に座った女性は黄金の塩らぁ麺を音も立てずに静かに食べ始めましたが、それを横目に私は残った醤油スープにごはんを入れてネコマンマ風にしていただきました。
今度は、必ず黄金の塩らぁ麺を食べましょう!

Due Italian(ドゥエ・イタリアン)のサイトです:http://dueitalian.media-sp.jp/

nsg3 at 06:03│Comments(0)TrackBack(0)ラーメン | レストラン・飲食店

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字