cafe*lusikka

簡単レシピ・宮城カフェ巡り・たま~に着物!好きなことをゆるく更新☆

宮城県在住ルシッカです!

ひとり時々ふたりのおうちごはん♪
「美味しく楽しく簡単に!」をテーマに近くのスーパーで買える食材でカフェ風ごはんレシピやお菓子レシピをゆる~く更新中☆
宮城カフェ巡り(最近は全国遠征中!)や大好きな北欧・東欧の雑貨のこともたまに呟いています。

【子供の頃のいじめにより左顔に大きな怪我をしました。
後遺症が残り左目や耳があまり聞こえません。今も差別的な目で見られ苦しんでいます。
この経験からいじめに苦しむ方々の為のコミュニティーの場をいつか作れればと思います。
いじめについて微力ながら発信地となりたい】


コメントを頂いたら遅くなりますが必ずお返事いたします!
気長におまちくださいませ~☆


※お願い!レシピ&画像の無断転記はしないでね※

人と同じ事をしたって面白くない!!どこまで行けるか弾丸一人旅!!カフェ・秘湯・パワースポットetc.
るしっかが宮城県より発信☆
温泉(秘境)同好会・男女問わず会員募集中!
旅ブログ【Hyvää matkaa!!】
【番頭猫ちゃんお出迎え!【草津温泉 中村屋旅館】】6/15UP


ランキングに参加しています!



にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村




lusikka*cafeのtwitter♪

こんばんは
いつもご覧頂きありがとうございます。

ポケモンGO配信がスタートし、私も早速やってみしたが・・・。

田舎には何もいなかった・・
たまに、ポッポと鼠みたいなポケモン。

お香を焚いて我が家にカイロスが来ました。


仙台に行ったら、街中にポケモンが溢れているじゃないですかー!!
ピッピとコダックゲットしました〜

格差社会の現実を見た気がします。

ポケモンは、捕獲して調教して売買するゲームだと思っていましたが違うんですね。


さて

とある事情で流れてしまっていたウェスティンホテル仙台の【ウィークエンドデザートブッフェ】に山友達と行って来ました。

早めに予約をしていたのですが、電話で担当者の方に「予約の場合は15時から」と言われました。
なぜかと言うと、14:00からだと殺到して食べ物がすぐに無くなってしまうから。
せっかく、予約しても何も食べられなかったら意味がないとのことでした。確かにね!

ウェスティンホテルに泊まることもないだろうし、
ちょっと見学しながらウロウロして26階のロビーフロアにある【ホライゾン】へ


眺めのいい席に案内されました!
曇っていたけど海や船が見えた!!
地平線も見えるので、名前はここから?
DSC_1731


DSC_1732



朝から何も食べていなかったので、デザートと言うより食事がしたいっ

ウェスティンのデザートブッフェは、サンドイッチやサラダ、メイン(肉料理か魚料理)があるからイイね〜

まず

・牛肉と豆の煮込み
・ポテトフライ
・サンドイッチやパニーニ
IMG_-pfw9ur


ブッフェだからといってお皿にモリモリ持ってくるのはどうしても嫌。
綺麗に盛り付ないとね。

またしても牛肉と豆の煮込み&ポテトフライ
・クロワッサンやパン
・冷製スープ(ビシソワーズ?)
・いぶりがっこのクリームチーズ和え
IMG_-x0q3s3


今月のテーマは「マンゴー」
マンゴーデザート中心に!
トライフル・マンゴープリン・ムースケーキ!

IMG_-tv4h8c

マカロンとフリュイ!
着物と同じ色☆
_20160723_184332


最後に、フルーツ&いぶりがっこのクリームチーズ和え
IMG_-gb91kv



パンケーキとソフトクリームもあったけどギブアップ!!

牛肉と豆の煮込みといぶりがっこのクリームチーズ和えが美味しくてがっつり食べてしまった(笑)
ライス下さいっっ(心の声)


さすが高級ホテルのブッフェ!
どれも美味しかったです(*^^*)



先日、三越で開催されていた【ポニアポン】という東京のアンティーク着物屋の催事で購入した夏着物にしました。
帯はポニアポンで去年購入したもの。
gle縞さんから購入したヘッドドレスも着けていたけど、外に出すのが勿体なくて外す。
髪型は緩いギブソンタック。

_20160723_205323



着物でブッフェですから、なるべく胃の周り腹周りを緩く緩く!伊達〆をしていません。
前帯をクロスになるように。
Ikkoさんがよくしますけど、クロスとか斜めとか好きです。
帯結は、手を足らした銀座結びにしたけど捲れてました(゜ロ゜;
写真前に直さなきゃ。
_20160723_205252


たまにブッフェも楽しいですね。
明日からまたランニングの日々!!
IMG_-h67at3

こんばんは!
いつもご覧頂きありがとうございます。

仕事って早ければ早いほど良いものでしょうかね??
他人の仕事まで手を出してなにかしら抜けていたら目も当てられない気がします。
当人は気がつかないから幸せです。
すんごく仕事しているようで実は協調性ないんじゃないの??
とおばさんは思いつつ、温かく見守ります。

こう言いながらも、会社で働けるって幸せなことよ。
最近ね。
そう思う。



さて

先日、毎年恒例の月山登山に行って来ました〜!!
いつも残雪が無くなる8月に行っていたのですが、どうしても【クロユリ】が見てみたくてですね。
月山山開きから7日目。
7月7日七夕というロマンチックだけど、絶対に晴れない日に行って参りました☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在の月山情報はこちらから確認してください。
http://gassan.jp/



やっぱり七夕の日は晴れない。
霧雨で真っ白けの姥沢駐車場に到着。
車から出るとひんやり肌寒かった。

姥沢駐車場には、物凄く綺麗な水洗トイレ&ドライな更衣室があるので助かる。


レインウェアに着替えて準備完了!!
7:15姥沢駐車場からいざ出発!

リフトが動くのは8時からなので下から登ってみることに。
今回は、姥沢小屋裏コースにしました。
↓こちらを参考にしてね!
http://gassan.jp/gassan-info/tozan/shidu-ubasawa/

このコースは、真っ直ぐ頂上に向かっちゃうので迷うことは無いけれど・・・。

コース前にある管理室のおじちゃんに月山環境美化協力金200円を払い歩いていたら
「昨日、山が荒れたから気を付けてね!」
と後ろから声をかけられた。

DSC_1615


ある程度は予想していたけど、木道は水浸しで滑りやすく歩くのに苦戦した。
上に登るほど山道は濁流になり、まるで沢登りをしているようだった。
管理室のおじちゃんが心配していたのはこれか〜
と私達はもう心が折れ始めていた。

今回は、折れるのが早い(笑)

水場がありましたが、あまりにも水量が多いし勢いが激しすぎたので飲む勇気がでなかった。
DSC_1617


緩やかな木道に入り花を楽しみながら歩きました。

【ガクウラジロヨウラク】
DSC_1630


DSC_1632

【ハクサンチドリ?ヨツバシオガマ?】
DSC_1633


牛首下辺りかな。
目の前に渓雪が!!
ここからほとんど雪道になります。
夏道は雪の下。
本当は、アイゼンを着けて登らなければなりませんが・・・。
ゆっくり慎重に足場を確認しながら歩けば何とか歩けますが時間はかかりますよ。
長丁場の雪道は始めてでかなり疲れましたが、気を引き締めて!
滑ったらそのまま流れ流れて大事故ですから。
DSC_1620


DSC_1623


DSC_1626


DSC_1625


行動食は、いつもブラックサンダー!!
ナッツも入ってるし、ザクザク食感が大好き☆

DSC_1628


緩やかな牛首が終わり、頂上が近づいてきました!
あと、少しっっo(^o^)o
DSC_1634


確か、牛の首って怖い話がありましたね。
けど、この話はあまり話さない方がいいらしい。
気になっても調べてはダメよ!!


鍛治小屋に着いたら、とんでもない暴風!!
今までの登山の中で最強最悪。


息は出来ないし
耳は取れそうだし
空も飛べるはず(悪い意味で)



神が拒んでいるのか試しているのか
もう誰にもわからない
私達はただ進むだけしかなかった



後戻りも出来ないし、暴風に逆らいながらなんとか頂上に到着!!

10:30
ヨタヨタしながらやっとこさ【月山神社】に!
DSC_1635


で!!
ここで、私達は大絶句!!
ジーンズに白Tの我が儘ボディな男性が爽やかにやって来たのだ!

そんな装備で大丈夫かっっ

と、とりあえず
神社内に入り、ご祈祷して貰いました。
心がシャッキっとしますね。
今年も、御朱印と御守りを頂きました〜。
月山神社の狛犬さんはうさぎです。
可愛いので思わず写真を撮りたくなりますが、
神域は撮影禁止なので気を付けて!!
_20160707_182947


境内の休憩室で一休み。
さっきの男性が
「イヤー、今日は暑いですね〜。眼鏡が曇りますよ〜」
と明るく休憩室に入ってきた。

私達は、すぐに無言で休憩室をでて
暴風の中爆笑した。
まだまだ世の中は広い!!


頂上の山小屋隣に、バイオトイレがありますので風が当たらない場所に隠れてトイレ&休憩。

もっとも風が強かった山小屋付近にて。
DSC_1652


え?
これでもブログでは風の強さが伝わらないですか??

このくらいですよ!!
f9a7288e





私がトイレから戻って来たら友だちが一点を見つめ立っていたんです。
「これ?何だろう?!」
というから見てみたら
DSC_1654

DSC_1657

DSC_1658



く・クロユリじゃねーのか!!??Σ(゜ロ゜;

今まで探して来たけどなかなか見つけられなくて月山神社の禰宜さんに聞いたら
「は?ないんじゃないですかね??」
と冷たく対応されてガックリしてたのに!

見つけたーーーーーーー!!
神様が私達の苦労を見てくださったのだ!
ありがとう!!

月山に自生するクロユリは、【深山黒百合】と言います。
海外では
「skunk lily(スカンクユリ)」
「dirty diaper(汚いオムツ)」
「outhouse lily(外便所ユリ)」
と不名誉な名前で呼ばれているらしい。

花言葉は、「呪い」

まさにブラックファンタジーね!
素晴らしい!

※私は、アダムスファミリーを愛している※

興奮冷めやまぬまま、鍛治小屋に下り、風が当たらない場所でお昼ご飯にしました。

野菜たっぷりグリーンカレー
卵と野菜のピクルス
珈琲
_20160707_175015


もっと綺麗に盛り付ける予定ですが、風でそんなことどうでもよくなりました(笑)
汚くてごめんなさいね(^-^ゞ

帰りは、雪道を避ける為に姥ヶ岳〜リフトコースにしました。
それでも多少は残雪があります。
DSC_1670

雪上ゴロンごろん楽しかった♪
DSC_1671

積雪だいたい3メートルくらい??

DSC_1672

姥ヶ岳コースは、整備されて歩きやすいので初心者にオススメです。
ただ、途中に山小屋やトイレはありません。
それを考えると8合目駐車場から登った方がより安全かと思います。
我が儘ボディの彼も8合目駐車場コースから来たようです。

姥ヶ岳頂上に到着!!
DSC_1673


ドーナツから見える月山の風景
DSC_1687


姥ヶ岳〜リフトまで湿地帯や花畑があり歩いてて楽しいよ!
DSC_1690


リフト乗り場に到着して、係りのお兄さんと話したら、私達が登ったコースは

濁流に流された人がいるらしい・・・・

「訓練かなにかですか?!」

と言われ・・・

私達、迷彩着てないよっっ

リフトから下ってくると足下は、【ニッコウキスゲ】の黄色い絨毯!!
これは感動☆
DSC_1692


13:30頃
姥ヶ岳駐車場に無事到着!

朝、私達に話しかけてくれた管理室のおじちゃんにクロユリの画像を見せたら
「もう、咲き終わりだよ!よく見つけらたね〜」
だって(*^^*)
奇跡的だったみたい!!

運を使い果たしちゃったかな(^-^ゞ
それでもクロユリに出合えて幸せ〜♪


今年の月山登山は大変だったけど、いろんな花が見れたしクロユリも見つけたので充実感一杯感動一杯でした!

やっぱり登山は最高ですっ☆




堤監督作品のヒロインは、大食いでちょっと意地汚いのが可愛い。
綺麗所を綺麗に使わないのが見ててスッキリするわ

こんばんは
いつもご覧頂きありがとうございます。

緑の中にある山小屋のような旅館を眺めながら、川に架かる吊り橋を渡ります。
しっかり造られている橋ですが、揺れると怖いもんです。
山友と一緒に渡りましたが、吊り橋効果なんてナイナイナイナイっっ
まさかわざと揺らしているんじゃ・・
と不信感しか生まれない。
私の性格が歪みきってるからですね〜ハハ
DSC_1523


橋を渡ったらゴールまであと少し。
ここの坂道が一番きついかも。

DSC_1524


リフト??荷物用かな??
DSC_1526


10:45頃!
やっと、【姥湯温泉・枡形屋】に到着!!
ロッカーはないので、リュックは受付所に預けます。
入浴料¥600を払ってから、いざ秘境の湯へ!!
ワクワクしますね〜

ちなみに
受付時間:9時30分~15時30分。
露天風呂のみの入浴です。
宿泊しないと内湯は入れません。
DSC_1533



さてさて

秘湯レベルが高ければ高いほど【混浴露天】になります。
覚悟して行かなくてはなりません。
絶対にイヤー!!っていう淑女は女湯もあるか旅館によく確認してから行きましょう。
【秘湯を守る会】に登録している旅館はほとんど女湯があると思いますが・・・
絶景&解放感はやはり混浴露天風呂の醍醐味かもしれません。
バスタオル・水着着用出来るかも旅館に確認しましょう。
私は、混浴用の風呂ワンピースを着用してます。

問題なのは女性はしっかり隠しても、男性は隠していません。

full珍です。

堂々と自慢気に見せたい男性もいれば、隠したいし見せたくない男性もおります。
混浴マナーとしては、お互いジロジロ見ないことと見せつけないことが大切ですね。

私的には、入浴している男性全員が水泳部員だったら、横目でがっつり見るかもしれませんが、世の中そんな偶然はありませんのでその他は大して興味がない。

風呂に集中したい。
秘湯感を味わいたい。

まずは、姥湯温泉の一番有名な渓谷を見ながら入る混浴露天に行きましょう!!
DSC_1529


自然そのままを利用したお風呂に綺麗なブルーのお湯!!
単純酸性硫黄温泉で源泉かけ流し!

水道などは無く桶で湯をすくい体を流します。
桶は1つしかないので譲り合い精神ですね。
決して独占して遊んではいけませんよ!
子供でも!!!
はい・・私が使おうとしたら男の子が遊んでいてしばらく立って困ってました・・・。

やっとお湯に足を入れたのですが、白すぎて着地が怖い!!
深いのか浅いのかもわからないんです。
まさかすっころんでもいられないので、慎重に足をついてそろそろと奥に進みました。

いや〜 やっぱり最高ですな〜
絶景を見ながら入る温泉は!!
ふぅ〜

なんて寛いだけど、数人いた男性が出るに出れない
困り顔になっていたようなので空気が読めるアタクシは直ぐ女湯に移動しました。
イイ女の身だしなみよっ


女湯は誰もいなかったので独り占め☆
このお湯の色!綺麗でしょ!!

DSC_1530


DSC_1531

しばらく堪能していましたが、団体客が来たのであがりました。
女湯は裸で入ったのでパンツを履こうとした時に、先程の男の子乱入。
小学生高学年くらいに見えたけど・・・
いくら子供でもね〜・・・。
団体客に注意されてました。



帰りに旅館内のフロントで、【沸騰ワード10】であばれる君がレポートした幻の入浴剤・湯の花と石鹸をお土産に。
この湯の花、ネット販売は一切無し。
旅館が自前で作っているので限定180袋しか作れません。
旅館に来た人しか買えないのですが、旅館に来た人もなかなか買えない貴重な入浴剤なのです。


お肌ツルツル触り心地抜群だし疲れも一気に取れました。

日帰りのお部屋は予約しなかったので、川の近くで昼食を食べて滑川温泉へ出発!!

帰りは坂道なので楽々すいすい電動アシスト付き自転車のように歩けます!!


姥湯温泉から徒歩約一時間で【滑川温泉・福島屋】に到着!
ノスタルジックな外観の旅館。
素敵ね(^^)
DSC_1534


DSC_1535


DSC_1536


こちらの旅館も大きなロッカーはないので、フロントにリュックを預けます。
入浴料は¥500です☆


滑川温泉も混浴露天ですが女湯はないんですよ〜

こちらは檜風呂。奥に岩風呂もあるよ。
_20160621_222716


DSC_1537


掃除中じゃなければ内湯に入れます。
ゆっくりしたかったので内湯に行きました!
半円のお風呂に透明に近い白色の湯。
天井が高いので解放感あります。
こちらも独り占め♪
足を伸ばしてのんびり〜
女湯には見当たらなかったけど、男湯の内湯には湯の花がふわふわ浮いてみたいよ!

DSC_1542


DSC_1539


この日はランニングウェアだったのです!
花柄短パンは登山用。
DSC_1541



DSC_1547


DSC_1548



姥湯温泉も滑川温泉も素晴らしい温泉でした。
歩いて行くからこそ着いた時の感動はなん十倍!
疲れたけど、またトレッキングしながら温泉に行きたいと思ってしまいます。
きっと秋の紅葉時期は綺麗な景色になるでしょう。



これで、秘湯天下一武闘会に参加しても負けない!

・・・たぶん(笑)



峠駅〜姥湯温泉トレッキングの注意点!

・峠駅から姥湯温泉までお店はありません。
途中、滑川温泉があるから水分は買えますが、用意していったほうが良い。
・姥湯温泉と滑川温泉で予約すれば昼食を食べることも出来ます。
友達の話だと一ヶ月前〜半年前には予約しないとダメなんだって。
・熊鈴かラジオは必須!!


【姥湯温泉・枡形屋】
山形県米沢市大沢姥湯1
090-7797-5934
入浴料:500円
日帰り入浴:9:00~15:30
冬期休業:11月上旬~4月下旬


【滑川温泉・福島屋】
山形県米沢市大沢滑川1115
090-3022-1189
入浴料:500円
日帰り入浴:9:00~16:00
冬期休業:11月中旬~4月中旬



皆様もLet's秘湯!!

このページのトップヘ