2009年12月30日

曹操の陵墓発見

西日本新聞より

「三国志」曹操の陵墓発見 中国河南省、遺骨も出土
 【北京共同】中国中央テレビによると、中国河南省文物局は27日、同省安陽市安陽県で、後漢末期の武将で三国時代(3世紀)の魏の基礎をつくり、「三国志の英雄」として知られる曹操(155〜220年)の陵墓を発見したと発表した。
 陵墓からは60歳前後とみられる男性の遺骨が見つかり、専門家による暫定的な鑑定結果によると、60代で死亡した曹操本人のものとみられるという。曹操の陵墓の所在地をめぐっては諸説あり、これまで特定されていなかった。今回の発見で、曹操に関する謎が解明されるのではと期待されている。
 陵墓は面積約740平方メートル。二つの墓室などがあり、鉄剣や水晶、石碑などの埋葬品が200点以上出土した。曹操を示す「魏武王」と刻まれた銘文も含まれ、曹操の陵墓だと示す根拠の一つになったという。
 曹操とみられる男性のほか、女性2人の頭蓋骨や足などの遺骨も見つかった。
 同陵墓は誰を埋葬したものか分かっていなかったが、盗掘などが相次いでいたため、文物局が昨年12月から、盗掘防止のための発掘作業を進めていた。

 誰もが知っている三国志の英雄曹操、特に私がいまさら解説するまでも無いんですが・・・。
 三国志演義で劉備に対する悪役として描かれ、長らくそのイメージが強かった曹操ですが、近年はちょっと変わってきているようです。身分に関係なく実力で評価する合理主義や、兵量を略奪ではなく自分で生産し確保した事、文武両面における実力などが再評価されているようです。映画「レッドクリフ」でも単なる悪役ではなく人間味あふれる人物(ちょっと溢れ過ぎかも)として描かれていました。漫画「龍狼伝」でも冷酷非常ながら正義を志す人物として描かれています。この辺は日本の織田信長と通じるところがありますね。信長も英雄とされる反面、悪役としても名高いところもそっくりです。
nsylvania at 12:01│Comments(0)TrackBack(0)コラム | 歴史

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.