コラム

2010年01月12日

国内最多の銅鏡の副葬品


国内最多、銅鏡81枚を副葬 奈良・桜井茶臼山古墳

 初期大和政権の大王墓とみられる奈良県桜井市の前方後円墳、桜井茶臼山古墳(3世紀末〜4世紀初め、全長200メートル)で、見つかった鏡片から少なくとも13種、81枚の銅鏡が副葬されていたことが分かり、県立橿原考古学研究所が7日、発表した。平原1号墓(福岡県)の40枚を大幅に上回り、国内最多。
 1枚は卑弥呼の使者が中国の魏から帰国した「正始元年」(240年)の年号が入った三角縁神獣鏡で、初期大和政権の中心部だった奈良県では初の出土。権威の象徴とされる銅鏡を大量に持っていたことから、大王の政治力の強大さや、邪馬台国と初期大和政権の関係などを考える一級の史料となりそうだ。
 同研究所は「大王墓の副葬品の実態が初めて明らかになり、画期的」としている。
 2009年に同研究所は、石室がある墳丘頂上部の土中から鏡片331点を発掘。大半が1〜2センチの細片で、度重なる盗掘で割られたらしい。
 破片のうち180点はまだ分類できておらず、鏡の総数はさらに増える可能性があるという。
遺物は13日から同研究所付属博物館(奈良県橿原市)で一般公開される。
 
 邪馬台国云々はおいておいて、この時代すでに強大な権力を持つ国があったことは事実のようです。こういう時ちょっと疑問に思うのは、古代ローマの建国は都市国家だった時代も含むのに、大和朝廷はなぜ都市国家であったろう時期を含まないんでしょうかね。古代ローマは日本より小さい地域を統一するのに500年ほどかかっています。大和朝廷も同じぐらいかかっていてもおかしくは無いと思うのですが、日本の歴史学的な成立起源というのはだいたい4世紀から5世紀なんですよね。理由はそのときぐらいから全国的な国家が出来たとかで・・・。まあ確かに日本書紀や古事記は怪しいとはは思いますが、紀元前600年ぐらいに成立した都市国家が、大和朝廷の元となったとしても全然おかしくは無いと思いますけどね。ローマも初期のころはエルトリア人の支配を受けていたことですし。

2009年12月30日

曹操の陵墓発見

西日本新聞より

「三国志」曹操の陵墓発見 中国河南省、遺骨も出土
 【北京共同】中国中央テレビによると、中国河南省文物局は27日、同省安陽市安陽県で、後漢末期の武将で三国時代(3世紀)の魏の基礎をつくり、「三国志の英雄」として知られる曹操(155〜220年)の陵墓を発見したと発表した。
 陵墓からは60歳前後とみられる男性の遺骨が見つかり、専門家による暫定的な鑑定結果によると、60代で死亡した曹操本人のものとみられるという。曹操の陵墓の所在地をめぐっては諸説あり、これまで特定されていなかった。今回の発見で、曹操に関する謎が解明されるのではと期待されている。
 陵墓は面積約740平方メートル。二つの墓室などがあり、鉄剣や水晶、石碑などの埋葬品が200点以上出土した。曹操を示す「魏武王」と刻まれた銘文も含まれ、曹操の陵墓だと示す根拠の一つになったという。
 曹操とみられる男性のほか、女性2人の頭蓋骨や足などの遺骨も見つかった。
 同陵墓は誰を埋葬したものか分かっていなかったが、盗掘などが相次いでいたため、文物局が昨年12月から、盗掘防止のための発掘作業を進めていた。

 誰もが知っている三国志の英雄曹操、特に私がいまさら解説するまでも無いんですが・・・。
 三国志演義で劉備に対する悪役として描かれ、長らくそのイメージが強かった曹操ですが、近年はちょっと変わってきているようです。身分に関係なく実力で評価する合理主義や、兵量を略奪ではなく自分で生産し確保した事、文武両面における実力などが再評価されているようです。映画「レッドクリフ」でも単なる悪役ではなく人間味あふれる人物(ちょっと溢れ過ぎかも)として描かれていました。漫画「龍狼伝」でも冷酷非常ながら正義を志す人物として描かれています。この辺は日本の織田信長と通じるところがありますね。信長も英雄とされる反面、悪役としても名高いところもそっくりです。

2009年12月06日

中国の人権活動家、成田に篭城

CNNより
中国の人権活動家、帰国拒否され成田空港に滞在1カ月余り
東京(CNN) 過去約1カ月の間に成田空港を利用した旅行客は、漢字や英文が書かれたTシャツ姿で歩き回る男性を見かけたかもしれない。中国の人権活動家、馮正虎氏(55)だ。東京を訪れた後、帰国しようとしたが中国当局に入国を拒否され続け、抗議のため空港内にとどまっている。
馮氏は先月初めから4回上海行きの便に乗ったものの、入国を認められず送り返された。さらに4回、帰国を試みようとしたが、中国側が拒否するだろうとの理由で日本の当局者に引き止められたという。入国拒否の理由を示されたことはないが、本人の推測によれば、人権活動家としての前歴が関係しているとみられる。
計8回の失敗を繰り返した末、同氏は成田空港の入国手続き前の制限エリアに滞在することを決めた。白いTシャツに手書きで事情を書き込み、通路を歩き回って理解を呼び掛ける。さらに携帯機器を通し、インターネットのブログなどに滞在記録を書き込んでいる。
エリア内に飲食店などはなく、食べ物を手に入れるには乗務員や旅行客らの善意が頼り。日本での滞在許可はあるが、入国する気はない、と強硬姿勢を貫いてきた。空港側も入国を強制することはできず、「数日間のことと思っていたが、もう2カ月目に入る。健康状態が心配だ」と、困惑の表情を示す。
中国外務省に問い合わせても、「出入国法や規則に基づき、関係機関が対処する」との回答が返ってくるばかり。馮氏は、空港内での生活にも慣れてきたと話し、「中国人の大半が私の事情を知るようになったら、その時には帰国しよう」と、強気の姿勢を見せている。


 皆さん国内で、しかも成田空港と言う著名な場所で、こういう行動が行われていることを知っていましたか?この報道は台湾はもとより、アメリカやイギリスでも頻繁に報道されているそうです。しかし、当事者である日本ではほとんど報道されていません。スーチー女史の扱いとは随分と違うものです。なぜでしょうね。日本人はテレビの報道がずべてではなく、報道されないこともあると言うのを知るべきだと思います。それと報道機関は単なる民間企業であり、正義の使途でもなんでもないことも。

2009年11月15日

意識の違い

 一月ぶりの更新です。最近テンションがあがりません。困ったものです。不況の影が深刻になってきて、いまいち明るくなれないんですよね。まあ、主な原因は民主党にあるんですが。民主党が選挙に勝ったときに書いた8月30日の記事ですが、一番良い未来が来るという希望は消え、現状は2番目と3番目の予想の中間位でしょうか。案の定、外交は大きく中韓に舵を切り、改革は頓挫、日本経済は一人負け状態に突入しようとしています。最悪なのはそれでも国民の支持がまだ高いことです。その主な原因は、民主党も馬鹿ではない、あまり変なことをしていたら、国民の支持が下がり、政策を修正するはず、と言う希望が影響していると言う気がしてなりません。はっきりいって甘いとしか言いようがありません。この意識を見る限り、少なくとも最近の自民党は良い政治をやってきたんだな、としか言いようがありません。
 民主党の議員は確かに馬鹿ではありません。ただ支持基盤は別に日本の一般国民ではなく、所謂左翼と呼ばれる人や在日韓国人などです。彼らにとっては一般国民など知ったことではありません。彼らは、自分たちの都合の良い政策を採るために、政権を取ろうとし、政権を取るために、一般国民を出来るはずも無い政策で騙したに過ぎません。ですから最初っから騙すためのえさにしか過ぎなかった政策を、まともにするはずがありません。どの道、長期政権にならないことはわかっているんですよ。支持率が落ちる前にさっさと自分たちの望む法案を通せば、後のことなど興味は無いでしょう。むしろ日本が落ち目になってくれたほうがいいと思うような人もいるのではないでしょうか。そういう人たちに、変なことをすると支持が落ちる、政権が維持きない、と言うのが歯止めになると思うのは、ぜんぜん的外れでしかありません。
 例えて言えば、お菓子に興味が無い子供に、良い子にしないとお菓子あげません、と言うのと同じようなものです。言うことは聞かないでしょう、興味が無いんですから。民主党支持者は、民主党政権は自分たちが支持しているから、政権が取れたと思っているでしょうが、民主党議員は、自分たちのほうが頭が良かったから、国民を騙して政権を取れた、ぐらいにしか思っていないでしょう。民主党幹部の誤算は、民主党右派と言われる人たちも受かってしまい、意外と抵抗していると言うことではないでしょうか。
 鳩山首相を馬鹿だ、このままでは国民はそっぽを向く、と言っている人に対して、鳩山首相は、何を言っているんだ?本当に国民は馬鹿だなぁ、と思っているのではないでしょうか。
 

2009年10月18日

2009年イグ・ノーベル賞

ナショナルジオグラフィックスより

 風変わりな研究に対して与えられるイグ・ノーベル賞の第19回受賞者を称える授賞式が10月1日、アメリカのハーバード大学で開催された。テロ発生時に人命を救うブラジャー、テキーラから作るダイヤモンド、パンダの排泄物を利用したゴミ削減策など、ユーモアあふれた研究内容は今年も多岐にわたっている。

◆ガスマスク・ブラ:公衆衛生賞
 公衆衛生賞を受賞したエレナ・N・ボドナー氏率いる研究チームは、緊急時にガスマスクとして使用できるファッショナブルなブラジャーを開発した。2つのカップがマスクに早変わりする方式で、粒子捕集効率の高いHEPAフィルターを採用している。

「ブラとしても25秒で着用できるが、緊急時にマスクとして使う場合は1つ5秒で装着できる。余ったもう片方は、たった20秒でラッキーな男性の命を救うことになる」とボドナー氏は話している。

 滑稽な発明だと思うかもしれないが、本人はいたってまじめである。ウクライナ人のボドナー氏が医学生だった1986年当時、ソ連のチェルノブイリ原子力発電所で大事故が発生した。そのときに被害者を助けた経験がこの発明の原点だという。

◆ウシに優しく:獣医学賞
 獣医学賞を受賞したのはイギリスにあるニューカッスル大学の研究チーム。名前を付けて育てた牛の方が、名無しの牛より乳の出が良くなることを証明した。

 研究に参加した家畜生産学者のピーター・ロウリンソン氏は次のように解説する。「名前を付ければ愛着が増し、手間を惜しまず世話をするようになる。ウシのストレスが軽減し、乳の出も良くなるというわけだ。実際、1頭に付き1日当たり1リットルほど増えることが確認されており、これだけ増えれば酪農家も助かるだろう」。

◆ビール瓶の乱闘:平和賞
 平和賞を受賞したスイスにあるベルン大学のステファン・ボーリガー氏らの研究チームは、ビール瓶で頭部を殴打した場合、実際にはどれほどのダメージがあるのか空き瓶と中身の詰まった瓶で比較調査した。

 法医学の専門家であるボーリガー氏は、酒場のケンカでビール瓶が与えるダメージの程度について、何度も法廷で意見を求められたという。調査の結果、ハリウッド映画の乱闘シーンよりはるかに深刻なダメージを与えることが明らかになった。空瓶かどうかに関係なく、ビール瓶で頭部を殴れば頭蓋骨が骨折する可能性があるという。

◆テキーラからダイヤモンド:化学賞
 メキシコ国立自治大学に在籍するミゲル・アパティガ氏らの研究チームは、テキーラからダイヤモンドを作ることに成功し、化学賞を受賞した。

 低コスト生産が可能で、原料のテキーラも安物で十分だという。ただし、テキーラが変身するのは光学機器や電子機器の生産などで使われる極小のダイヤモンド薄膜で、ダイヤモンドの指輪ができるわけではない。

◆銀行の膨張と関節鳴らし:経済学賞、医学賞
 経済学賞はアイスランドの4つの銀行の重役たちに贈られた。彼らは小さな国の小銀行が国際的なメガバンクへと急成長できること、そしてその逆もあり得ることを証明した。また、国家経済でも同じ理論が当てはまることを実証し、それも評価の対象となった。

 医学賞はアメリカ、カリフォルニア州在住のドナルド・L・アンガー氏に贈られた。関節を鳴らすことで関節炎が生じるのか、60年かけて究明した功績が高く評価された。アンガー氏は左手の指関節を60年間毎日鳴らし続けたが、右手の指関節は1度も鳴らさなかった。いまだどちらの手にも関節炎の症状は出ていないという。

◆妊婦のバランス感覚:物理学賞
 妊婦はなぜひっくり返らないのか。キャサリン・K・ウィットカム氏らの研究チームはこの昔からの疑問に答えを出し、物理学賞を受賞した。

 女性は3つの腰椎がくさび形に進化しているため、体重のかけ方を変えてバランスを維持できるのだという。一方、男性にはくさび形の腰椎は2つしかない。男性の体が出産に向いていない理由は多々あるが、これもその1つである。

◆違反切符、パンダの排泄物、etc.:文学賞、数学賞、生物学賞
 アイルランドの警察は“1人”のポーランド人“プラヴォ・ヤズディ(Prawo Jazdy)”に対し50回以上違反切符を書き続け、文学賞を受賞した。ポーランド発行の運転免許証には「運転免許証」を意味するポーランド語「PRAWO JAZDY」が冒頭に表記されているが、取り締まりに当たったアイルランドの警察官はこれを個人名と誤認し、ポーランド出身の人物が違反すれば誰でもプラヴォ・ヤズディ名で登録し続けたのである。アイルランド警察が真相に気付いたときには、この勘違いが50回を超えていた。

 数学賞は、独創的な通貨を採用したジンバブエ準備銀行(中央銀行)の頭取ギデオン・ゴノ氏に贈られた。同氏は1セント〜100兆ジンバブエドルという額面が非常に幅広い銀行券を発行して、国民の計算能力を世界トップレベル(推定)に押し上げた。

 最後の1つ生物学賞は、北里大学大学院医療系研究科の微生物学者、田口文章氏率いる研究チ―ムが受賞した。同氏らはジャイアントパンダの排泄物を利用して台所の生ゴミを削減する画期的な方法を編み出した。

 田口氏によると、パンダはその愛らしい見た目からは想像できないほど大量の糞(ふん)を排泄するが、その糞には生ゴミを分解する菌が豊富に含まれているという。しかも、排泄されるのはほとんどが未消化の笹であるため悪臭もない。

「悪臭で実験が難航せず良かった」と同氏は話している。


 日本人の受賞は3年連続だそうです。なかなか日本も世界レベルのユーモアを持ってきたといえるかもしれません。しかしまあこの場でいう事も無いんですけど、政治のユーモアは口だけで、実行はしないでほしいなー。

2009年09月27日

3連コンボ

 どうやら民主党は研究開発費や設備投資費に課税を強化するようです。正確に言えば麻生政権で不況下で研究開発費や設備投資費の低下を防ぐため、控除額を引き上げていたのですが、それが無くなりそうです。さらに平成の徳政令とも言うべき、金融モラトリアム法案が発行されようとしています。二酸化炭素25%削減も頭の痛い問題です。それぞれ一つでも困ったことなのに、3つ合わさると、削減義務→研究開発・設備投資が必要→控除額排除のため増税→銀行から資金調達が必要→モラトリアム法案のため新たなる資金調達困難→アポーン、と言う見事なコンボが発生します。
 研究開発や設備投資は将来の飯の種です。まあ、技術立国を捨てれば関係ないですけどね。銀行の貸し出す金額は有限です。お金をバンバン刷れば話は別ですけどね。25%削減(2005年比だと実に40%削減)なんて、それが出来る技術が開発されていません。単純に生活レベルを下げれば不可能ではないですが・・・。
 ああそうか!研究開発や設備投資を放棄して、お金をバンバン刷って、経済を崩壊させれば、すべて解決ですね。すごいや!
  ・・・死ねばいいのに。

2009年09月13日

日本酒のカクテル、天神で試飲会

地酒ベースのカクテル come米サワー 18、19日 福岡・天神で試飲会
 福岡県久留米市の第三セクターの観光物産館「地場産くるめ」は、地酒ベースの4種類のカクテルを考案した。18、19の両日午前10時から、福岡市・天神のエルガーラ・パサージュ広場で試飲会を開く。
 市内に蔵元が17ある酒所・久留米から、地酒の新しい飲み方を発信しようと企画。4種類の地酒を、トニックウオーターやサイダーで割ったりすることで完成させた。
 カクテルの総称は、酒の原料の米などを意識して命名。ローマ字で「コメ」と読み、「来る」の意の英単語「come」を使って、「come米サワー」とした。これで「くるめサワー」と読む。「多くの人が飲みに来るように、との願いをコメた」と同館スタッフ。 (久留米)

 京都の伏見、兵庫の灘、福岡の城島は日本三大酒どころです。ただ伏見、灘と違って、お酒の販売網の構築と、量産化に遅れ、他の地域にいつの間にか抜かれてしまい、今では地元ですら三大酒どころだということすら知らない人が多いです・・・。ただ、城島町がくるめと合併してからは、自治体ベースでは、蔵元の数が日本第3位となり、ちょっと勢いに乗っています。私は日本酒が好きなので、ぜひ応援したいと思います。皆さんも行かれたらどうでしょうか。ただくれぐれも飲酒運転はしないように!

2009年08月30日

未来予想

 民主党の圧勝です。ここまでの圧勝とは正直思いませんでした。これから日本はどうなってしまうのか不安でいっぱいです。少なくともここしばらく続けてきた公務員の改革と年金改革、及び金権政治の改革は大きく後退するでしょう。外交問題は大きく中韓に舵を取ることになるでしょう。
 最も良い未来は、勝ったものの利権の調整がうまくいかず、さらにスキャンダルが続出し、即効で民主党が瓦解し、民主党の右派と自民党の右派、民主党の左派と自民党の左派がくっつき政界が再編されることです。可能性としては決して低くはないのではないかと思っています。基本的に民主党は違う利権団体の集まりですから、意見の調整は難しいと思います。財源が無限にあるわけではなく、どこかに回すためにはどこかを削らなければならないからです。
 良くも無く悪くも無い未来としては、スキャンダルと意見の調整で国会がごたつき、何も決まらずじりじりと支持率を落としていき、ついには瓦解すると言うものです。この場合数年の停滞はありますが、幸い日本にはまだ国力がありますので、再び上昇することが出来るでしょう。
 悪い未来です。声の大きい団体(官僚や在日組織、マスコミ、プロ市民団体、日教組、中国韓国)に牛耳られ、その団体ばかりを優遇し日本国民のための政策をおざなりにすることです。在日参政権、東シナ海のガス田、領土問題、慰安婦、日本の国力をそぐための政策はたくさんあります。これは一度決まってしまえば、取り戻すのは5年や10年で済むものではありません。長い暗黒の時代が続くでしょう。
 最悪の未来です。戦争です。平和は2カ国が意見をそろえなければ出来ませんが、戦争は片方だけでも出来ます。そして戦争は、えてして片方が弱体化したときにおきるものです。
 民主党が悪かったら、自民党に戻せばいい。そう考えて投票した人は多いと思います。ただまあ人生だろうがなんだろうが、失敗したからと言って元に戻せるとは限りません。むしろ戻せないときのほうが多いです。今度のことが戻せるようだと良いんですけどね。
 民主がいい政策をする未来が無いと思われるかもしれません。しかし私はどこをどうひっくり返しても、民主党のままで日本にとって良い政治が行われる未来が想像出来ません。

2009年08月23日

民主党、300議席超の勢い

西日本新聞より
民主圧倒、300議席超の勢い 政権交代強まる、自民激減 
共同通信社は第45回衆院選について20〜22日の3日間、全国の有権者約15万5100人を対象に電話世論調査を実施、取材を加味した上で現時点での情勢を探った。全国300の小選挙区、11ブロックの比例代表(定数180)ともに民主党が圧倒し、単独過半数(241議席)を突破、300議席を超える勢いで、政権交代の可能性が強まっている。自民党は選挙前の300議席から100台前半に激減する公算が大きく、公明党も選挙前の31議席を大きく減らす可能性がある。共産、社民、国民新の野党3党は伸び悩んでおり、民主だけが強烈な追い風に乗っている形だ。みんなの党と改革クラブ、新党日本も選挙前勢力維持の見通しは立っていない。
 ただ「まだ決めていない」との回答が小選挙区で36・3%、比例代表で32・8%あり、30日の投票日に向けて情勢が変わる可能性もある。
 民主は4年前の前回衆院選で惨敗した首都圏など大都市圏をはじめ、東北、北関東、北陸信越、中国など地方圏でも先行。約190選挙区で当選圏内に入り、約20選挙区で当選圏に迫っている。さらに約30選挙区で当落線上の戦いを続けている。比例代表でも、自民が前回獲得した77議席を大きく上回る過去最高の90議席台に乗せる勢いで、衆院再可決が可能になる320議席に迫る情勢。
 自民は1996年衆院選以降、過去4回の小選挙区選挙で一度も負けていない「自民王国」でも軒並み苦戦を強いられており、当選圏に入っている選挙区は30余り。当選圏に迫っているのは約15。当落線上の約30ですべて勝利しても、小選挙区の獲得議席は80に届かない見込み。比例代表も過去最低の2000年衆院選の56を下回る可能性が大きい。
 自民が優位に立つ選挙区は、民主が公認候補擁立を見送り社民、国民新候補を推薦した選挙区が目立つ。
 公明は擁立した8小選挙区のうち当選圏入り、当落線上が各1、もう一息の選挙区が2にとどまる。比例も選挙前の23議席確保は厳しい情勢。共産、社民、国民新も比例で選挙前勢力を下回ると予想される。小選挙区では国民新が3議席、社民、みんなの党が各2議席獲得の可能性がある。

 民主党の勢いは圧倒的ですね。正直ここまで勢いがつくとは思っていませんでした。まだ1週間あるので、情勢が変わる可能性はありますが、大きく変わることはないでしょう。まあ、共同通信の記事なんで、少々民主党支持は差し引いとかなければなりませんが。実際は自民辛勝、若しくは民主党が若干半数を上回るぐらいだとは思いますが・・・。
 都議会戦から1月たっての、グダグダぶりを見れば、民主党の支持も落ちると思ったんですが・・・。そもそも、自民党にお灸をすえるとか言うことで、参院選は民主党が勝ったわけですが、その後はどうだったか、よく考えてみたほうがいいと思うんですけどねぇ。
 しかしそれにしても、前回参院選での敗北が残念でなりません。

2009年08月09日

選挙を考える

 久しぶりの更新です。ご無沙汰いたしました。
 さて、8月30日に衆議院選挙が行われます。民主党が優勢で、このままだと政権交代と言うことになりそうです。ただこれが、自民党の失政が続いたとか、民主党が良い政策を提案している、と言う結果なら納得がいくのですが、どうも私にはそう思えません。確かに私は麻生首相を前からひいきにしていましたから、そう思うと言うのはありますが、それを除いても、これだけ民主党を支持している人がいると言うのが信じられません。
 このコラムを見れる人はインターネットで検索が出来る環境があると思います。ちょっと民主党や鳩山さん、小沢さんのことを調べてみれば、どれだけ酷いか、というのがすぐにわかると思います。ブレる、漢字の読み間違い、差別的発言、的外れな発言などは、麻生首相や自民党の比ではありません。しかもよく、自民党のままでは駄目だ、チェンジしないと、と言う声が聞かれますが、民主党は以前の社会党と以前の自民党が集まったものですよ。所謂55年体制とかいわれていた時代の人の生き残りです。若い人もいることはいますが、テレビに顔見世に出ているだけで、発言権があるようには思えません。要するに昔が良かったと言うことなんですかね。そうならばちょっとはわかるのですが・・・。でもそうとは聞こえないんですよね。
 世の中に完璧な人などいません。そもそも議会制民主主義は、そういう人が政策を行うことを前提として作られていません。また、誰もが納得する政策などありません。何かを変えたら、不利益をこうむる人が必ず出てきます。それでもなるべく、みんなの中でなるべく優れた人に、なるべく多くの人が利益を受ける政策をやってもらう、と言うのが議会制民主主義です。
 今、民主党を支持している人の中で、ころこれこういう点で、総合的に見て鳩山代表のほうが優れている、若しくは民主党のほうが優れている、と言うことを説明できる人はどれだけいるでしょうか。ともかく政権交代すれば、今の問題が解決する。そう思っている人が大半ではないでしょうか。良いですか、そんなことは天地がひっくり返ってもありません。欠点があるからと言って、それよりも欠点が多い政党に変えたら、より酷くなるだけです。もちろん甘い汁を吸える人も出てくるでしょうが・・・。ともかく政権交代、この思想がいかに危険かは、15年ほど前の政権交代の時に思い知ったはずなんですけどね。もう忘れてしまったんでしょうか・・・。



観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.