1306


死別経験者同士の出会い…

嬉しいことなのだけれど、
葛藤もある。

相手の心の闇が見えた時には、
内臓を抉られるような痛みを伴うこともあるのです。

これは、
相手も同じこと。



入り口はすごく痛い。

だけど、
一旦咀嚼すると心にスーッと入ってくる。

環境や死別の仕方は違っても、
心のどこかに闇を抱えて生きているのですよね。



お互い、
それまでともに生きてきた家族や周りの理解が必要になる。

後押しも必要になる。

お互いの心の片隅には、
それぞれの亡き伴侶が存在するのも当然です。

これをお互いに解しながら、
解決しながら、
ふたりで新たな道を歩いて行くのですよね。



これからも、
涙することもあるでしょう。

だけど、
苦しくても 幸せ…
涙が出てきても 幸せなのです。





にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
最後までおつきあいくださりありがとうございます。
↑ ↑ をポチッとしたら、
ほかの方々のブログにアクセスできます。



コメントは、即時公開とします。
基本的に、公開されたコメントは削除しませんので、個人情報や法的に問題となるような表記はされませんようお願いいたします。
批判コメントについては真摯に受け止めさせていただきますが、ご返信を控えさせていただく場合もございます。
よろしくお願いいたします。