nt_tabletennisclubのblog

(今週の曲)  

<試合結果>
平成29年度・秋季・関東学生卓球リーグ戦 決定戦・入替戦

<日刊スポーツニュース騒動その続報>
日刊スポーツの報道以後、他社が後追い記事をだしたために、日本ではちょっとした騒動になっています。
NHKまで取り上げました。やはり記事内容がしっかりしています。
卓球 中国スーパーリーグに日本選手参戦できない可能性
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171005/k10011168661000.html

中国紙の日本語版でも騒動を取り上げました。
「日本の選手をスーパーリーグから締め出し」=日本の報道に中国も注目

もしも、下記のこれが中国スーパーリーグの外国人受け入れ中止の原因だったら?
アメリカが北朝鮮を攻撃したら、不可侵条約を北朝鮮と締結している中国はアメリカと戦います。このような状況下で中国スーパーリーグは日本選手を含む外国選手の安全が守れるでしょうか?

前に噂として書いたのですが、首相が公の場で発言しました。
解散総選挙、理由は北朝鮮有事!?トランプ氏も意味深な発言!安倍首相「年末は選挙をする状況ではない」

そもそも、中国スーパーリーグの外国人受け入れ中止について、中国に対して日本選手の締め出しなどと日本側が文句を言う方がおかしい。
「日本選手排除」だと、日刊スポーツにたれこんだ人の品位、品格を疑いたくなります。ひがみ根性まるだしのように私には見えます。
日刊スポーツの記事は、「日本ナショナルチームの指導者は選手を強くできない。選手を送るから中国で強くしてくれ」と暗に言っているようなもの。
オリンピックで日本選手が中国選手の脅威?これも邪推でしょ?

日本選手の実力が上がっているのは事実ですけれどね!日本選手は中国の若手にも勝てない。中国選手に(まぐれで?)一度だけ勝った選手は、その後中国選手に勝ち続けていますか?
一度も勝っていないでしょ?一度勝ったぐらいで「日本が中国の脅威」とはちゃんちゃらおかしいと思いません?
マスコミも、マスコミです。マスコミの書いた記事は事実関係を確認しましょう。

参考までに、騒動の元となった日刊スポーツの記事はこちらです。NHKの記事と比較してくれますか?事実関係が見えてきます。
美宇、佳純アウト、中国卓球が日本選手排除する理由

<吹奏楽愛好家へ>
2017年度 全日本吹奏楽コンクール 
中学、高校の部 10月21日(土)、10月22日(日) 名古屋国際会議場
大学、職場・一般の部 10月28日(土)、10月29日(日) 倉敷市民会館

全日本マーチングコンテスト地方予選通過校
最近の演技
東関東代表
市立習志野高校、市立船橋高校、市立柏高校

西関東代表
伊奈学園
東京農大二

東京代表
東海大付属高輪台高校

<火山>
新燃岳で火山性微動が発生

============
当ブログは目黒区卓球連盟と相互リンクを張っています。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
日本ブログ村でのランキングを見るにはこのボタンをクリック

パソコンを覚えたい人、仕事に生かしたい人はこちらへ
目黒区シルバー人材センターのパソコン教室

NTクラブは目黒区を拠点とする卓球クラブです。卓球をやりたい人は大歓迎!練習は碑小学校と下目黒小学校の体育館の開放日、原則的には、碑小学校は第2土曜日午後2時~5時。下目黒小学校は毎週金曜日夜6時30分~9時
<体育館開放予定>
 
碑小 11月4日
下目黒小 毎月第1週はお休み

このページのトップヘ