のぶちゃんねる

管理人の飛び飛び日記よ〜ん。気楽に足跡も残していって下さい。

魔法少女サイト。

このところずっと「ブレンドSロス」だとか「スロウスタートロス」だったけど、土曜日の夜に見ているアニメがある。

「魔法少女サイト」という作品だ。

この作品、原作も読んでないし、あくまでテレビで見ているだけだけど、「おどろおどろしい」シーンや「壮絶ないじめ」そんなシーンもあって「ほっこり」見る作品じゃない。

人が死んでいくし、悲しく切ない部分もあって「好き」という感じでは見ていないけど、最後はどうなってしまうんだろうと思ってつい見てしまう。

毎日放送テレビ、TBSテレビ、BS−TBS、SBSテレビなどで放送されているがBS−TBSの放送を見ている。

宇都宮や水戸に行った時も見ているが、TBSテレビは深夜26時ごろの放送で、ちょっと見づらい。

SBSテレビも26時過ぎで毎回放送時間が違ってしかも2週間遅れなので見る気はしない。

一番都合のいい土曜日の深夜24時30分からの放送で「スロウスタートロス」の枠を埋めている感じだ。

来週は最終回である、どんな結末を迎えるのか。?

朝霧彩にはこれ以上悲劇は起こって欲しくないな。

彩のキャラクターは好きだけど、あまりに健気で切ないな。

YBSテレビで見た「ゆるキャン▲」最終回。

昨夜、YBSテレビで「ゆるキャン▲」の最終回を見た。

やっぱり番組が終わってしまうのは寂しさを感じる。

みんなで行く「クリキャン」が最後の舞台になっている。

ソロキャン専門だったリンちゃんも満喫したようだし、斉藤さんもらしさを出してたな。

;朝霧高原で、「まかいの牧場」ならぬ「じゅかいの牧場」も登場していたな。

朝霧高原の現地集合なのでリンはビーノに乗ってやってきている。

正確には11話と12話の放送を見ているんで、本当の最後は「クリキャン」のあとのことも少し描かれているけど、終わり方としても「ゆるい」感じで終わっている。

;リンも好きだし、リンの乗るビーノも好きだし、リンのビーノキャンプの模様をもっと見たい気持ちがある。続編とかスピンオフ作品でやって欲しいくらい。

BS11の放送ではなでしこと行くキャンプが中止になって急遽リンは長野にキャンプに向かう話が放送された。

2話ずつ放送しているYBSテレビはBS11の放送より早く消化してしまっている。

YBSテレビの番組は25:57ごろ放送は終わった。

BS11の放送も残り少ない。また再放送いや再々放送しないかな。

リンちゃんに逢いたいよ。

レコードカフェ行きたいよな。

きのうは「山内よし枝」さんが担当だったかな。

昨日もお昼に「今頃やってるんだろうな。」なんて思っていた。

時間はあるけれどお金の問題でそうそう水戸には行けない現実がある。

この前も山内さんとお話したけど私個人としては今度は洋楽をリクエストしたい気持ちがあるんだ。

元々山内さんは洋楽が専門だからね。

美奈子さんの「IBS MUSIC STATE」も聴いている様子の山内さんにも私の投稿を突っ込まれてしまったけど、次回行く時は洋楽のリクエストを山内さんにお願いしようと思う。

水戸への旅も昔を思い出すように街を歩いてみたい。

今年はせめてもう一度レコードカフェに行きたいよな。

レコードカフェで飲むコーヒー。

SAZAコーヒー。レコードカフェで提供されるのは「SAZAコーヒー」である。

茨城ではポピュラーなコーヒー屋さんである。

 そして今回提供されたのは「ホンジュラス」というコーヒーだそうだ。 酸味の中にクリーミーさもあるという話をされていた。おいしかったな。

 コーヒーは飲み終わると担当のお姉さんが追加で注いでくれる。 だから飲み終わるとドンドン注ぎに来てしまうので、1杯目は普通に飲み干すけど2杯目は少しずつ飲んで飲み干さずに残しておくんだ

。 コーヒーの飲みすぎもトイレが近くなるからあんまりしたくないのが本音だ。 一応茨城放送に来る前には福祉会館とかスーパーでトイレに行ってから来るようにしてるけど、それでもイベント中に1度はトイレに行ってしまうんだよね。

 最初に来たときにはトイレを我慢してたな。(苦笑)

でも今回は飲みかけのコーヒーにまでお姉さんサービスで注いでくれたんで(涙)それも最後には飲み干すことになった。

駆けつけコーヒーも・・・。イベントでも約3杯のコーヒーを飲んでしまったが、実はイベント開始前にも男性スタッフが「駆けつけコーヒー」と紙コップのコーヒーを出してくれるので結局4杯のコーヒーを飲んでいる。

「わぁ〜こりゃ飲みすぎだしトイレも近くはなるわな。」

 ただね、スタッフさんもコーヒーとダンサーのお姉さんもサービスしてくれてるんだよね。 来てくれている人たちに対しても本当に優しいし気を遣ってくれてるんだ。それも嬉しいことなんだ。

悩んだリクエスト曲、「人生(たび)の空から/松山千春」。

実は「レコードカフェ」に行くにあたってリクエスト曲を何にしようかと考えてた。

でも結局のところ考えがまとまらなかった。

いつもみたいに昭和の女性アイドルというのも来ている人の年齢層を考えるとどうなのかなと思うところもあるし、亡くなったばかりの西城秀樹さんのリクエストにしても他の人がリクエストしていたらダブるしね。

で結局はスタジオでリクエストの用紙に書き込んでる時に決めた。

「人生(たび)の空から/松山千春」さんだ。

コメントにも書かせてもらったが、この歌を聴いていたのは高校生の頃。当時はこの歌の世界観に憧れていたんだ。一人旅もそうだし、歌に出てくる待っていてくれる女性に対しても憧れたね。

今もこの歌は好きなんだ。

同じ頃「夜よ泣かないで/松山千春」もよく聴いていたんだけど、今回は少しでも知られているほうの曲がいいかなって思った。

実際にレコードカフェに来ていた女性のひとが足でリズムを取っていたところを見て、「ああ、この歌でよかったかな・・・。」そんな風に思えたよ。自分だけじゃなく他の参加者の人にも楽しんでもらえる歌だったら、それが一番いい。


「人生(たび)の空から/松山千春」を歌ってた時期に松山千春さんは「NEWSレコード」を立ち上げていた。

フォーライフとかアルファとかアーティストさんが立ち上げたレコードやレーベルがあった時代で松山さんのそんな姿勢や生き様もカッコイイなと思っていた。

リクエストタイムでは「人生(たび)の空から/松山千春」を田辺さんにかけていただいた。

高校の頃に聴いていたということ、歌の世界観に強い憧れがあったこと、社会人になって中古でレコードを手に入れて聴いたこと。

そんなコメントも読んでいただいた。

田辺さんには別に手紙を渡していて、先ごろの出張レコードカフェのこと、昨日に水戸に来て大洗にも出かけてきたことを手紙で告げていた。

田辺さんは私に大洗で食べた「カジキカツカレー」を言わせなかったのか。?結構突っ込んできたな。(苦笑)

「人生(たび)の空から/松山千春」をレコードで聴いたんだけど思いのほかノイズが少なくていい音質だった。だから気持ち的にも聴き惚れてしまった3分25秒だった。アルバムからかけたので、あんまり再生されてなかったのかもね。

水戸からの帰りには、やっぱり「人生(たび)の空から/松山千春」をMP3プレーヤーで何度も聴いていた。この歌もまた思い出の一曲になりそうだ。

茨城放送レコードカフェ

山内さんへの手紙と意外な声。

実はきょうも山内さんに手紙を書いていった。

レコードカフェは毎回担当者が違うけど、飯田さん、田辺さん、山内さんはほぼ毎回会場には来てるみたいで、それを知っていたらやっぱり手紙を書いていこうという気持ちになったんだ。

きょうは簡単なもので便箋一枚だったけど、言葉で伝えるのが苦手な私としてはこれも気持ちや今の状況を伝える手段としては有効かなって思う。

まあこれは毎回やってることだけど、きょうは山内さんの担当じゃなかったんで、田辺さんにも手紙を書いて西城秀樹さんのことも少し綴った。他にも大洗町に行ったことなんかもね。

田辺さんにはリクエストタイムでその手紙のことを触れてくれていた。

「カジキカツカレー」を言わせたかったのか?田辺さんに突っ込まれちゃったな。(苦笑)

山内さんはイベントが終わった時に声をかけてくれた。最初は簡単な挨拶だけだったんだけど、帰ろうとして外に向かう時にもう一度声をかけられた。

なにやら渡辺美奈子さんの「IBS MUSIC STATE」を聴いていたらしくて私のリクエストのところも聴いていたみたいでそのことを指摘された。美奈子さんに年末に手紙をもらったりしたんで心配で最近はリクエストを送るようにしているんですと話したけど、思わず「バリー・マニロウ!」「コパカパーナ!」と言い合ってしまった。(苦笑)

山内さんも洋楽にも詳しいエキスパートなんで、リクエストがツボだったんだろうか。?でも俺のことそこでも思い出してくれてるなんて凄いよな。

こういう事があるとさ、やっぱり「ラジオまつり」よりも「レコードカフェ」の方が俺には合ってるってことなんだろな。

これで「レコードカフェ」に参加したのは4回目なのに温かく声もかけてくれる山内さん。昔のことも覚えていてくれたり本当に感謝してます。こうして再びやってくることが出来たのも山内さんのおかげです。

楽しい雑談。

「レコードカフェ」のイベントが終わったあと、ずっと雑談をしてしまった。挨拶して貰えるだけでも嬉しいんですが、特にAさんとはなんとなく話題も合って長い時間雑談してしまった。

ラジオの話や茨城放送のアナウンサーやレポーターのことやらラジオネットワークやテレビネットの話など多岐に渡ったけどね。

「ああこういうことに興味を持っている人がいるんだな。」って。

長く話してしまって申し訳なかったけど、何となく話し終えるタイミングを逸してしまってね。彼を引き止めるような結果になっていたとしたら申し訳なかったな、ごめんなさい。

気が付いたらスタッフの皆さんもみんなクルマで帰ってしまっていたよ。

実は私も早めに水戸駅に戻って大衆食堂で遅めの昼食でもとろうと思っていたけど雑談しすぎてしまって、予定よりも水戸駅に戻ってくる時間が1時間半も遅れてしまってホテルのチェックインの時間も過ぎてしまって18:00を過ぎてしまっていた。

「ミナミ食堂」あたりに行ってみようかなと思っていたけどもう無理で断念した。

まあ予定通りに行かない部分はあったけど、楽しい雑談も出来たからAさんにも感謝してる、ありがとうございます。

Uさんもいつもありがとう。

友の会会長も声をかけてくれてありがとうございました。

声をかけていただいてありがとうございます。

今回も声をかけていただいた方がいた。

意外だったのは年配の女性の方だった。

座っていたら「静岡の・・・」と言われてしまった。

「あっはい・・・。」と答えた。

「笠間市の・・・」

そしたら一枚の紙を手渡された。先日の笠間市での出張レコードカフェのセットリストというのかな、そんな内容が書き記してあった。

私のことを覚えてくれていただけでもありがたいことだが、放送が聴けていないと思われたのか、会場にこれなかったことを思われたのか、笠間市の出張イベントのこの一枚の紙はちょっと嬉しかったな。

実際にはこの時の模様は放送を聞いていたから、内容もある程度覚えてるんだけど、年配の女性がこうして放送の記録を残していること自体が驚きだった。

深い話をしたわけじゃないけど、私のことを覚えてくれていたことだけでも感謝したいし、気遣ってくれたのかなと思うとそのことも嬉しいんだ。

茨城放送レコードカフェに行って来たよ。

レコードカフェ。茨城放送レコードカフェに行って来た。

半年振りの参加だったけど、気持ち的には十分楽しめた。

きょうは、田辺さんの担当で「超絶技巧」だったかな、演奏が難しい曲の特集を予定してたんだけど、訃報が相次いであったので西城秀樹さん、木下忠司さん、東海林修さん、井上堯之さんの関連曲が流されていた。

私もリクエストを出したけど、西城秀樹さんの曲は多分誰かがリクエストするだろうと思っていたのでそこは遠慮して別の曲にした。

イベントでは田辺さんの選曲とリクエストで西城秀樹さんの歌が3曲流れた。

しかも「ヤングマン」はあえて流さずに、それ以外の「一万光年の愛」「勇気があれば」「恋する季節」というもの。

リクエストする皆さんもよくわかっていてと言うのか、ベタなヒット曲じゃないのが面白くもあり、ツボを突いている気がするんだよね。

ちなみに私がリクエストするなら「サンタマリアの祈り」「南十字星」のどちらかだった。

今回私がリクエストを出したのが「人生(たび)の空から/松山千春さん」だ。本番の収録が終わったあとのリクエストタイムでかけていただいた。私が書いたコメントもフルサイズで読んでもらえた。田辺さんとのトークも収録ではないのであんまり気にせずに長く話せたと思う。

「人生(たび)の空から/松山千春さん」をレコードでかけていただいたんだけど、思いのほかノイズもなくてきれいな音だったな。

「人生(たび)の空から/松山千春さん」が流れている間に、足でリズムをきざんでいた女性もいた。自分のリクエストを好意的に思ってくれていたらそれもうれしいことだね。

13:00に始まったレコードカフェは15:20ごろまでかかって終了した。

水戸に来たんだけど、ちょっと失敗したことが・・・。

きょうから水戸に来ている。

今この文章は水戸市内のホテルで書いてるんだけど、きょうは失敗しちゃってね。

午前中に大洗町に出向いて少し散策してきた。

「大洗まいわい市場」にも行った。

昨年も行った大洗マリンタワーの「パンツァー・フォー」という喫茶店で「カジキカツカレー」も食べてきたんだけど、そこでステッカーを購入したんだよね。

そのステッカーを実は歩いてる時に落としてしまったようで見当たらない。

あきらめるしかないけど2000円ほど損しちゃったよ。あ〜あ。(苦笑)

まあ、財布を落としたとかじゃないだけマシだと思うようにしてるけれど、若干悔しいな。

大洗町から水戸へ戻ってきて、県立図書館に行った。

今回は図書館に行く予定も立てていたんで、大洗町での滞在時間は短く、大洗鹿島線のダイヤの都合であわてて駅まで戻ってきて足も痛いし疲れてしまったな。

県立図書館に行って何をしたのかと言うと、実は「パンパラ」のことを少し調べていたんだ。

「想い出の東京12チャンネル」じゃないけれど、茨城新聞の縮刷版からラジオ欄を見てね、少しばかり調べ物をしてきた。

有沢さんの最後の放送は93年の1月下旬だった。時期までは俺正確には覚えてなかったけれど、確かに深夜に電話ボックスまで走った時は寒かった記憶がある。でもあの時「とにかく有沢さんに別れの言葉を伝えたい。」そんな気持ちでいたから身体は火照っていたと思う。気持ちが熱く燃え上がってたのかな。

94年の4月から放送時間が23:15からに変更になっていた。

2時間番組(正式には22:55にIBSニュースが入るので1時間55分だけどね。)が、この日から1時間15分枠に縮小されてしまったんだよね。

放送開始時刻が1時間15分遅れるようになったから仕方ないけどさ、でも45分も短くなるのは人気番組だったからもったいなかったよね。

あと調べたけどわからなかったのが、斉藤さおりさんの登場時期。よく判らないんだよね、俺も忘れちゃってるし、鹿原さんが火曜日にスライドしたりしてた時期だし、茨城新聞のラジオ欄の茨城放送の番組表にもパーソナリティーの名前が掲載されなくなったからね。

22:00時代だったら、それが運行番組としては最後の番組なので掲載にも余裕があってパーソナリティーの名前も出てたんだけど、23:15時代になって番組が詰まって来て番組タイトルしか新聞の番組表には載らなくなっちゃったんだよね。

茨城新聞自体にもそんなにラジオを重要視してIBSに配慮してるわけでもないので番組表もかなりアバウトな感じになってる。

調べないよりも調べた方がいいに決まってるんだけど、思いのほか情報が少ないし、縮刷版を見たけれど期待はずれな感じもしちゃったな。

きょうは購入したステッカーを落としてしまうし、県立図書館ではあんまり調べたかったことが満足に調べられなくて、急いで県立図書館に向かったからさ、足も疲れて痛いよ。

水戸の旅の1日目は少しブルーな感じで疲れもたまった感じ。

明日は「レコードカフェ」に行くよ。

多分「西城秀樹」さんのリクエストもあるんじゃないかな。いやもしかしたら急遽田辺さんが「追悼特集」として曲を流してくれるかもね。

楽しみにしながら行くことにするよ。

5/19のIBS茨城放送の「レコードカフェ」に行くよ。

5月19日の「レコードカフェ」に行くことにした。

前週の「IBSラジオ祭り」はパス。

ラジオ好きなら「ラジオ祭り」なんだろうけどさ、今の私としてはそれでも「レコードカフェ」の方がいいな。

当日の担当は田辺さんなのでまたあの明るい声がスタジオに響くのも楽しみだ。

「IBSラジオ祭り」ではたかとりじゅんさんが「レコードカフェ」をやるみたいで正直なところこっちも興味があるけれど、私の休みの都合もあって断念するしかないな。

もう19年ぐらい前にも「IBSラジオ祭り」には出かけているが、そのときもパーソナリティーさんもすっかり入れ替わっていて、私が青春を謳歌した時代のパーソナリティーさんもほとんどいなかった。だからパーソナリティーさんにも挨拶さえ出来ずに帰ってきた苦い思い出もある。

だから今のパーソナリティーさんが揃う所に行っても多分「浦島太郎」かも。いや聴いてる私は菊池さんや元田さんのことは認識してるし知ってるけれど彼女たちの番組には投稿したこともないんだよね。もちろん生で姿を見てみたいよなってのはあるけどね。

今でも私の存在を知ってくれてる人のイベントのほうがやっぱりいいかなって。

それで「レコードカフェ」になる。少人数でほのぼのと楽しむ時間のほうがいいもんね。

当日は何をリクエストしてみようか?ただいま思案中だ。

今回は5月18日から水戸入りして、大洗にも行きたいと思ってる。

「レコードカフェ」がメインだけど、他にも行きたいところ、調べたいこともある。

宇都宮から帰還したばかりで無駄遣いは避けたいけど仕方ないな。

時間があるときに休みが取れるときにしか出来ないことだからね。

無事帰還。

さっき、無事帰還した。

きょうは佐野に行っていた、「佐野厄除け大師」に行っていた。

姪のことも心配だし、両親や私自身の健康問題もある。

昨年も丁度GWの時に来ている。

宇都宮からは東北本線に乗って小山駅で両毛線に乗り換えて佐野に向かうんだけどさ、乗り換えに失敗して30分ほど次の電車を待つことになったんだ。でも小山駅のホームで座って待つことが出来て昨日まで歩き回っていた足の疲れや痛みを少しだけ休めることが出来た。

佐野では「いもフライ」と「佐野ラーメン」をいただいた。

昨年も来ているので別のお店のほうがいいかな?なんて考えながら歩いてたけど、「いもフライ」のお店は昨年と同じ店に行った。時間的な問題もあったんだけどね。

でも同じ店に行って良かったんだ。実はお店の人と話も出来て、昨年も同じ時期に来てるんですとか、静岡から来ましたとかね話も出来たんで結局は同じお店を訪ねて良かったんだよね。帰るときも「また来年来てください。」なんておっちゃんに言われちゃったしね。

一方「佐野ラーメン」は昨年と違うお店でいただいた。「秀吉」というお店で、佐野ラーメンを紹介するパンフレットにも載っていないお店だった。駅の方面に向かってあるいてるところにあった。

古い建物のお店で暖簾をくぐったら、なんと普通の古い民家をお店にしてしまったみたいだ。

知らなくてそのまま入っていったら、土足厳禁だった。(苦笑)

文字通り民家そのもの。

でね、「佐野ラーメン」をいただいた。

佐野ラーメンらしく、ひら打ちのちぢれ麺でスープも薄いしょうゆ味だった。

でも良かったのは入っていた「チャーシュー」。

少し厚めで大きいのが2枚入っていた。三枚肉をチャーシューにしたみたいだ。

食べ応えがあってチャーシューは良かった。

考えていた佐野での滞在時間は1時間オーバーしてしまった。

13:57佐野発の両毛線に乗って小山で乗り換えで上野東京ラインに乗った。小田原行きの電車だった。各駅停車で東京駅に着いたのは16:00頃。佐野でも歩き疲れたし、各駅停車の電車は時間もかかって疲れたな。

アキバにも立ち寄りたかったが疲れてしまって断念した。

東京駅で少しお土産の買い物をして16:55頃に「こだま」に乗って18:24に静岡着で帰ってきた。

宇都宮の旅、今回も面白かったし現地でお店の人と雑談したりいい感じだったな。

「とちてれ★アニメフェスタ」でも「まろに★えーる」のグッズも少し買えたしね。

ホテルにいる時間も長くて「とちぎテレビ」もじっくり見れたよ。

ローカルニュースもガルパンも良かった。いいな「とちテレ」は。

疲れたけど自分としては楽しめたな。

とちぎテレビで「ガルパン映画版」を見る。

ガルパン映画版。さっき「とちテレ」で「ガルパン映画版」を見た。

今回の旅の楽しみの一つがこの放送を見ることだった。

ゆったり、まったり見たいなって思ってた。

19:30まではテレビ東京の土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅10周年企画」を見ていた。

またまた大洗女子の廃校問題が出てそれを阻止するために大学選抜との対決に挑む大洗女子。

大洗女子にはタージリンやカチューシャ、まほ、アンチョビらも加勢。

大学選抜に勝利すれば大洗女子が存続すると言う念書も得て戦いに挑む。

そんな話なんだけど、8割ぐらいは戦闘シーン。

サラウンド音声で聴いてると砲撃の迫力が違うな。

映画の放送を見ていて気になったのが「CM」だ。

番組そのものはノンスポンサーだったけど、放送中に4回ぐらいかなCMが入ったんだ。そのCMが全部大洗町の関連のお店のCMだ。

多分実質的にスポットCMの枠を買い取ってたのかも。

映画の中にも実際に出てくるお店があるからさ、多分地元の人が見たらテンション上がると思うな。

俺でさえ「大洗まいわい市場」のCMを見てちょっと興奮気味だったもんな。

映画もCMも大洗町を堪能した感じだわ。

それにしても「とちてれ★アニメフェスタ」に合わせて「ガルパン」の映画を用意するって本当にとちぎテレビのアニメに対する情熱やアニメファンに期待にこたえる編成はすごいものがあるな。

いやぁ「とちテレスゲェ」って思うよ。

「とちてれ★アニメフェスタ」に行ってきた。

とちてれ★アニメフェスタ。きょうオリオンスクエアでやっていた「とちてれ★アニメフェスタ」に出かけて来た。

昨年は正直なところ予備知識もあまりなく見たので、今回は事前に「とちぎテレビ」にも問い合わせなんかもしていた。

でもさ自分で調べたら、ちゃんと専用サイトも立ち上がっていていろんな情報も出てた。

タイムテーブルにもさ、県外からも参加者が・・・って出てた。俺のことなんだろうか。?(苦笑)いや、コスプレの人たちもいるからさ、多分その人たちも指してるんだろうな。

会場には「メッセージボード」があるので、私も書いてきた。

メッセージボードに書いた文字。 何を書いてもいいのか。?って係りの人にも聞いたら「イベントに関係あることで・・・」と言われたんで、「とちテレは神」って書いてきた。

後はグッズを少し購入して、少しだけ遠くからステージの雰囲気を楽しんで会場を後にした。

荷物が増えて疲れちゃったな。でも来て良かったよ。

いよいよ明日帰郷だな。

宇都宮に来たよ。

とちてれ★アニメフェスタ。 宇都宮にやってきた。

今、宇都宮駅近くの東横インにいる。すごく疲れた。

今回の主な目的は「とちてれアニメフェスタ」に行くこと。

でもエセアニメファンの俺にしてみればどっぷりとアニオタになってるわけじゃないので、少しイベントを見てグッズを買えたらと思っているだけだ。

昨年、「とちてれアニメフェスタ」にはじめて来て「スゲェな。」って思ったよ。地方都市でこれだけの集客あるイベントをずっと続けている「とちぎテレビ」ってアニメに対する取り組みってハンパない情熱を感じるよ。

でね、イベントは明日からで俺は明日だけ少し覗いて来ようと思ってる。

きょうは昨年に引き続き「宇都宮タワー」に行っていた。

そして宇都宮タワー周辺でラジオの受信をしていた。

昨年も受信したけれど、茨城放送もFM放送で聴けた。

「ハッピーパンチ」にも投稿してみたけどボツだったかな。?最後まで聴けなかったからさ。

たかとりさんのトーク力はさすがだと思うし、菊地さんもよくしゃべるな。ちなみに元田さんがスクーピーレポートをやっていたな。

栃木放送も聴いたよ「まるきん大行進」だ。矢野健一さんと臼井佳子さんの担当だった。昭和歌謡がかかってたな。

FM放送も聴いていたけど、昨年同様「FMヨコハマ」「NACK5」「BAY−FM」「FM−FUJI」なんかが聴けた。

少し疲れて売店で「レモン牛乳アイス」を買って食べた。

お昼過ぎになって、餃子を食べたいなと思ったけどやっぱダメだった。どこも行列だもん。

仕方なく餃子を出さない、ラーメン屋でラーメンをいただいた。

オリオン通りを歩いてMEGAドンキホーテで夕食を買い込んで東横インにやって来たんだ。

でもさ、やっぱり東武宇都宮との距離があってオリオン通りからも結構歩くんで重いリュックを背負ってるとつらいな。

明日も結構歩くかもね。

昨年同様にテイクアウトで宇都宮餃子を買おうかと思ったけど、2人前を食べるのはちょっと厳しいので今回はパスしたよ。

お昼のラーメンも実は満腹になるぐらいのボリュームで夕食も少なめにしないとマズいなって思った。

これから風呂に入って少しレポートを書いて寝ようと思う。

今ロイさんの「心の演歌」を見てた。ゴールデンタイムになかなかすごい番組をやってますな。

面白いよな「とちテレ」は。

今日は朝早かったし、昨夜もほとんど寝てないし、3時間ぐらいは歩いたし、疲れたな。

50ccのつわもの。

きょう甲府から帰ってきて、清水の小島付近を走っていたら見慣れないナンバーのカブを見つけた。

クルマで近づいてみると「さいたま市桜区」の名前があった。

たまたま先の信号で止まったときにそのカブの丁度隣に止まったので思わず窓を開けて声をかけてしまった。

「さいたまからなんですか」「はい」
「すごいですね50ccでしょ」「はい」
「坂道登れました?」「30kmくらいですけど何とか」

ここで青信号になったので

「気をつけて!」

それで別れてきたけどR52を50ccで走りきるってかなり大変だ。

私もDTで何度も走ったけどさ、1速でないと登れない坂道もあったんだ。

勢いを付けても途中で失速しちゃうんだよね。

だからそこを走りきるってすごいなって思うんだ。

ホンダのカブのトルクもあるんだろうけど、近年は厳しい排ガス規制でパワーも落ちてるんだろうしね。

割と新しめのカブだから余計にすごいなって思ってしまうわけ。

でも私のオートバイ魂もちょっと触発された気分だよ。

小さなオートバイに大きな夢を乗せて旅するっていいんだよな。

ビタレモンC。

ビタレモンC。「クスリのサンロード」で「ビタレモンC」という栄養ドリンクを見つけた。ローカル感満載の栄養ドリンクだけどさ、造っているのは尼崎の奥田製薬というところらしい。

今まで見たことが無かったけど、昔飲んだ「ミンナミンC」を思い出すな。高田薬局で売ってたもんね。

「オロナミンC」のそっくりさんだろうけど、全国にはこの手のそっくりさん栄養ドリンクがあるんだろうな。

ビタレモンCは68円だったかな。そっくりさんも安くていいな。

浜松餃子を食べる、そして今週末は宇都宮餃子を食べる予定。

浜松餃子。日曜日の夕食は「カレーヌードル」と「浜松餃子」だった。

浜松餃子は浜松で作られている食材を使ったもので名乗れるらしい。

甲府のザ・ビッグ住吉店で買った「浜松餃子」。

美味しかったね、150円だし安くていいじゃん。

そして今週末には宇都宮に行くことにした。

昨年も同じ時期に行っているが、4月に「とちテレ」さんにも少し「アニメフェスタ」のことを教えてもらったので今回も行ってみることにした。

当日夜には「とちテレ」で「ガルパン劇場版」がオンエアされるそうだ。

テレビ東京の土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅10周年企画」と放送時間が被るけど、時間まではテレに東京を見て、そのあととちぎテレビに切り替えよう。

そして今回も「宇都宮餃子」を食べると思う。多分行列でまたテイクアウトになるかもしれないが、宿泊するホテルの朝食にも「宇都宮餃子」が出るみたい。いずれにしろ1度は確実に宇都宮餃子を食べられそうだ。

YBSテレビで見た「ゆるキャン▲」。

やっぱりカレーヌードル。土曜日深夜にYBSテレビを見ていたら「ゆるキャン▲」をやっていた。アニメそのもは今年の1月から3月までBS11などで放送されたものだ。

「ゆるキャン▲」は山梨県内を舞台にした女子高生たちのキャンプの話。

実際にある身延町の「セルバみのぶ店」が「ゼブラ」というお店で登場したり、本当に実際にあるお店や観光施設なんかも登場してくるので知ってるところが出てくるとテンションが上がるな。

ソロキャンパーので冬場のキャンプを楽しむ「志摩リン」はカレーヌードルが好きなのか第一話でも行き倒れてた?(笑)「各務原なでしこ」を助けて!?ふたりで「カレーヌードル」を食べている。

「カレーヌードル」は寒いときにいいだよな。俺もそうしてるんだよな。見ながら志摩リンには親近感を覚えるよ。

このあとYBSテレビではまだ未放送だけど、志摩リンは原付免許を取って「ビーノ」に乗って行動範囲が広がって長野県にまで足を伸ばすんだけど、原付で遠出するっていいよな。俺もその心境に激しく同意するよ。

そんなわけで、土曜深夜に見た「ゆるキャン▲」の影響で翌日は「カレーヌードル」が食べたくなってスーパーに買いに走ってしまった。

日曜日の夕食は「カレーヌードル」。うっうまいっ。!

ちなみに「ゆるキャン▲」はBS11でも再放送中。

密かに見るのが楽しみになっている。

憧れの「AWA世界ヘビー級チャンピオンベルト」を入手。

AWA世界ヘビー級チャンピオンベルト。つい先日、憧れていた「AWA世界ヘビー級王座」のチャンピオンベルトを入手した。

といってもオフィシャルのものでもないし、摸したレプリカのようなベルトだろう。

とはいえ憧れていたチャンピオンベルトが手に入る時代がやってきたなんて、今の時代を生きていて良かったなって思う。

ベルトはジャンボが取ったときのもので、バーン・ガニアやニック・ボックウィンクルも巻いているデザインのものだ。AWAの文字も入ってるのはこの時代だけなので個人的には「AWA」のベルトらしさを一番感じている。

何よりジャンボが獲って85日間も日本、アメリカ、カナダで守り抜いて所持した栄光のベルトなんだ。

馬場さんもNWA王者になったけど国内の短命王者だったし、本当は馬場さん自身が世界王者としてアメリカ国内をサーキットしたかったんだろうけど、国内の興行に穴をあけられなくてその夢を弟子のジャンボが果たしたようなものだった。

当時のAWAもまだ凋落する前で、ジャンボの防衛戦も客入りも悪くない。

AWAにとっても最後のいい頃だったかもな。馬場さんの力添えというのもあったんだろうけど、WWFの全米侵攻を日本人王者で食い止めようとしたのかな。

結局リック・マーテルに敗れて王座から転落してしまうジャンボだけど、世界王者としてアメリカ大陸をサーキットするなんてプロレスファンの夢を叶えてくれたよな。


今、リック・フレアーの「ビッグゴールデン」と言われているNWA世界王座のベルトのレプリカのようなベルトも所持しているけど、どちらも味わいがあっていい。

残るは馬場さんやハーリー・レイス、ジャック・ブリスコなどが巻いた、マヌエル・サバラのNWAのベルトが欲しい。でもなかなか買えないな。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

のぶちゃん

Profile
のぶちゃん
気ままなオトコです。趣味はLリーグ、プロレス観戦、ミニバイクツーリング、音楽、演劇鑑賞だス。体重はヘビー級。(涙)独身。(号泣)
Archives
訪問者数

みんなの足跡「あし@」
  • ライブドアブログ