のぶちゃんねる

管理人の飛び飛び日記よ〜ん。気楽に足跡も残していって下さい。

吉田山田のオンガク解放区(TVKテレビ 2016.5/28放送分)

このところ「吉田山田のオンガク解放区」を見ている。

きのうのゲストはなんと「山下久美子」さんだった。

私たち世代からしたら「どストライク」だからさ、今こうして音楽番組に出てくれることも少ないアーティストが突如プロモーションとは言え元気な姿を見せてくれるのは嬉しいものだ。

山下久美子さんはベストアルバムを出したらしくてそのプロモーションで登場したみたい。でもトークの前半は「落花生」の話で、山下久美子さんが山田さんに「殻つき落花生」のからの取り方を教えていて、上手く落花生が出てきて山田さんがテンション上がってたな。(笑)

番組では昔の山下久美子さんのライブ映像も登場、しかもあの「宇崎竜童のファイティング’80s」の映像が使われていた。

さすがTVKといったところ、本当によく残していてくれたものだ。

「♪赤道小町ドキッ」の歌唱シーンも登場していた。

「武井壮のこの一曲」は夢見るアドレセンスがゲスト。最後はノリノリで踊ってたのが楽しかったな。

全般的にゆるーい感じのトークが中心の番組だけどそこが魅力的でもあるんだろな。

TVKテレビ森田浩康アナウンサー6/3最後の実況に。

TVKテレビの森田浩康アナウンサーが6月に退社する。

このことは昨年には知っていたが、今年のお正月のラグビー中継を見ていて「ラグビーの中継担当はこれで最後になります・・・。」とラグビーファンに向けて挨拶をしていた森田さん。

ああ本当にいなくなってしまうんだ。

そんな気持ちにさせられた。

森田さんは長年TVKテレビでスポーツ実況中心に活躍されてきた。昭和の時代から様々なスポーツ実況をこなしてきた森田さんだけど、やっぱり「TVKハイアップナイター」などプロ野球中継の実況が思い出深い。

多くの大洋ホエールズのOBの解説者とコンビを組んでいた。

秋山登さん、長田幸雄さん、鈴木隆さん、松原誠さん、近年も遠藤一彦さん、平松政次さんなどそうそうたるメンバーとの実況というか話も楽しかった。

数年前にそのTVKテレビの中継を見ていたらゲストでトミタ栞ちゃんが出ていて森田さんやたらと「SAKUSAKU」について詳しく喋っていたのにはちょっとビックリ。「サクサカー」だわ。(笑)局の番組とは言え本当によく知ってるなと。

そんな森田さんの最後の実況が6月3日の「横浜DeNA×千葉ロッテ」の試合だ。

かつてTVKは大洋ホエールズ、ロッテオリオンズ、ヤクルトスワローズの中継を行ってきた。

そういう意味でもかつての横浜、川崎を本拠地にしたチームの試合が最後というのも運命みたいなものも感じずにはいられない。

6月3日の中継は私も見るつもりだ。仕事が休みになったので本当に助かった。

その日が来るのが楽しみでもあり、実際に見終わってしまうとさみしさも感じてしまうのかもしれないな。


それとこの最後の実況の日時を知ったのはTVKテレビのホームページだった。

実は「サタミンエイト」とかのホームページを見ていたら、アナウンサーブログのところに森田さんからの投稿が出ていた。いわば最後のメッセージを視聴者に向けて出したみたいだ。

そこを見るとTVK以前のからのアナウンサー生活を振り返ったものだった。

球界のレジェンドたちとの写真も素晴らしいし、福岡時代の逸話もプロ野球ファンからするとワクワクしながら読めるものだった。

ブログはほかにもラグビーのことやTVKアナウンスのことも綴っていた。

テレビ中継の中ではこうしたものを個人的なものを喋ることは難しいんだろうからこうして文章にして今の気持ちを綴ってくれたことは、視聴者としても良かったと思っている。何も挨拶のないままというのはあまりに淋しいからね。

で、最後まで森田さんのブログを見ていたら最後になぜか私の名前が出ていた。少々恥ずかしかったが、そういう律儀なところも自分の素直な気持ちを出してくれているんだと思う。

森田さんの最後の投稿は実は少し画像が入れ替わっている。

最後の投稿の中にTVKテレビとサンテレビのタイムテーブルが登場しているけど、それは私が森田さん宛に送ったもの。

実は当初タイムテーブルの画像は私が写真に撮影した不鮮明なものだったけど、ブログに載せるとは知らずに載ってしまったので慌ててちゃんと原本からコピーしたものを改めて送らせてもらった。

TVKさんも対応が早く、画像も入れ替えてくれたようである。

画像はあくまでTVKさんの判断で載せてくれているので私が何か要求したというわけではないのであしからず。

長年プロ野球中継やJリーグ中継、ラグビー中継など楽しませてもらってTVKそして森田さんにも感謝の気持ちがある。

プロ野球ファンの端くれでしかない私だけど、最後に少しだけ森田さんのお役に立てたとしたらそれだけでも嬉しい気分だ。


tvk森田さんの最後の投稿。

止まらない舛添の疑惑。

都知事の舛添の金銭疑惑が止まらない。

言い訳も破綻してるような感じもする。

言い訳を聞いても信じられる要素が全くない。

家族旅行なら認めてしまったほうがそれで終わるんだから無理してでっち上げなんかしないほうがいい。

今度は第三者に調べてもらうとか意味不明だ。

弁護士より舛添本人が一番知ってるわけでしょ。

正月やお盆に家族旅行に出かけたのを政治資金で払ってるなんて。

今度は「舛添まんじゅう」の購入費用まで政治資金でというのは呆れたな。

本当に過去にこんなにまでセコイ政治家も見たことがないな。

荒井広幸も問題なしということらしい。新党改革に一票を投じた人は何を思ってるんだろ。

いつまで都庁に居座るつもりなんだろ。

ベッキー騒動への違和感。

昨年から今年の初めにかけてベッキーさんの不倫騒動が持ち上がった。

私も信じられないような気にはなった。

YBSラジオの「ウイークエンドカフェテラス」で年明けにゲスのプローモーションがあって「両成敗」の宣伝をしていたのでタイミングが良すぎるから「プロモーションの一環か。?」とさえ思ってしまった。

1月下旬の会見以後ベッキーさんは姿を消してしまった。

その間も世間では様々な批判もあり、ゲスの川谷への批判も高まった。

ベッキーさんは会見を開いて謝罪のようなところを見せたけど、ゲスの川谷は逃げに入ったのかベッキーさんを守ろうとはしなかったようだ。

不倫とは言え愛しているならベッキーさんを守って欲しかったし、そうじゃない姿が見えてしまったところでゲスの川谷のクズっぷりに失望した人も多かったのでは。


今回またしても中居の番組で復帰みたいな形をとった。

あの中居の番組はスキャンダルで困った芸能人の駆け込み寺のようなものになっているが、ベッキさーんはレギュラーだった事もあって都合も良かったんだろう。


中居もある程度突っ込んで「いい評価」を得るという毎度の流れだったようだ。

話はそれるがあの番組は清原も出てたよな。金欠と言われていた清原を救うような体裁で「清原の潔白」をアピールしたかったのか。?

でもTBSも報道は清原がクロなのは分かっていたんだろうから、あんなのに出しちゃまずいよな。

中居の独断で決まっていたのなら彼も責任を取るべきじゃないかな。

友人というだけで出演の許すようなことをしたのならさ。



さてベッキーさんは一応世間に対しての謝罪みたいなことは済んだと思ってるのかも知れない。

だがあの番組を見てない人には何も伝わってはいないと思う。

ただTBSの視聴率と中居のイメージアップにはなっただろうけど。

一方でほかにレギュラー出演していた番組の関係者には面白くなかったと思う。


ベッキーさんの復帰に関しては私は特に思うことはない。


世間が受け入れるのであればそれでいいんじゃないか。


ただ迷惑をかけた人たち(スポンサー、出演番組関係者、共演者など)には謝罪に出向いておくべきだろう。

もちろんテレビ東京の人たちにもね。


あとやっぱり非常に矛盾を感じているのが、不倫をしても叩かれない人がいること。


不倫は許されないことでしょう、だから矢口は叩かれた。私も矢口が性懲りも無くテレビ復帰してテレビ東京の番組に出ていた時には不愉快な気分になったものだ。それは当然だと思うが。


しかし浜田雅功や石井竜也はひどい不倫をしていてもなに食わぬ顔で普通に仕事をしている。これが解せない。

浜田雅功の場合、逆に許した妻の小川菜摘の株が上がるというのか、そんな称賛記事がたくさん出ていたのが気持ち悪かった。吐き気が出ると言うのはこういうことだな。情報操作するのにも程があるよな。

石井竜也もファンを食物にして平気な奴ってことだ。彼は過去にもDVの話もあるしひどい人間だろうな。それでもなんとなく許されているのが解せないな。


ベッキーさんも仕事も失い男にも結局裏切られ、借金だけが残っただけになってしまった。そして必要以上に叩かれてしまって・・・。


ゲスの川谷に出会わなければこんなことにはなっていなかったんだろうな。

まあゲスの川谷と一緒になったとしても本当に幸せになれたかどうか・・・。?

そう思ったらこういう結末は本人にとっては良かったと捉えて再出発すればいいんじゃないか。

どういう倫理観持ってんだ舛添っ。!

♪ゆったり、たっぷり、のーんびりー

旅ゆけば三日月ぃ、ホテル三日月ぃ〜・・・・

キー局でもよく見かけるCMでもおなじみのホテル三日月。


舛添がホテル三日月への家族旅行で、宿泊した部屋で重要な会議をしたと言い張っているそうだ。

この会見を見て信用した人っているんだろうか。?

舛添のこのいい加減な釈明は単なる都合のいい「言い逃れ」にしか見えない。

それどころか、別荘近くの飲食店での飲食代も政治資金で支払っているという。

訂正や修正すれば許されるようだけどこの異常な感覚というか倫理観の欠如した人間を都知事にとどまらせておいていいのか。?

きょうになって個人的なオークションの支払い代金も政治資金から出していたという疑惑が出ている。


ひでえなと思う。こんなにも公私混同がひどい人間は即刻辞任してほしいな。

多くの人は厳しい生活を強いられている、そしてなんでも経費で落とせるような時代でもない。だから私も仕事に使うものなど必要なものは自腹で購入していることもある。

多くの労働者はそんな状況下で働いているんだろうと思う。

政治に関係ない宿泊代、飲食代、趣味の支払いまで政治資金でやっているなんて全く倫理観に欠けるし政治家として失格だ。

人間としてもダメだろう。文春は「タカリ」という表現をしているが正しい指摘だ。


こういう人間を税金泥棒と言うのだろう。

公務と称して海外旅行で豪華なスイートルームに宿泊して批判を浴びているけど、もうこの人の頭はおかしくなっているんだろう。


一刻も早く都議会も「辞職勧告」を突きつけたほうがいいと思うな。

私は一票を投じたわけじゃないが、有権者の中には怒り心頭という人も多いんじゃないか。今回明らかになったのは国会議員時代の話が中心らしいけど、新党改革ってどんな運営をしてたんだ。

荒井広幸も疑惑はないんだろうか。?


舛添はもう政界追放でいいんじゃないか。

税金の横領と言ってもおかしくないんだから、一般の会社なら横領容疑で告訴されて長期にわたること、その悪質性から懲役5年ぐらいでいいんじゃないかな。

まあ言いすぎかもしれないけど、それぐらい一般の人たちは怒っているということじゃないだろうか。


「血税」が舛添の個人の娯楽のために湯水のように使われているという現実を許せない思いだね。

Ride&Life(TVKテレビ)。

このところTVKテレビの「Ride&Life」という番組を見ている。

とてもクールなオートバイライフの番組だ。

でもクール過ぎちゃって期待したわりに面白みがない感じだ。

2週間前には東京モーターショーのことをやっていたが、国内の四大メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)の話題はなくなぜか「トライアンフ」のオートバイにまたがるゲストの南明奈さん。

スポンサーの問題もあって扱えないのかもしれないけど「そりゃねーだろ」って感じ。

大人の事情が出すぎだろ。

しかも後半のトークの収録ではアッキーナの自分の好きなアイドル話に終始。

Ride&Musicという部分ではあるんだろうけどオートバイの話が一切なしというのはねぇ・・・。

先週はLEONの編集長の前田さんがゲストでバイク遍歴など語っていたけど、大型バイクのしかもかなりコアなお金持ちでしか乗れないようなオートバイばかりでいかにも「成功者」的な人が話すバイクライフの話は少々鼻についたな。

番組に合間にライディング映像が入るのはいいけどさ、せっかく女性ライダーを起用してるなら女性ライダーの顔の映像をもっと見せて欲しいよな。

明日はまた前田さんの後編なのかな。?

個人的にはもっと庶民派のライダーのゲストを呼んで欲しいな。

てか変わった切り口で番組をやるよりもベタなツーリング特集とかもやってもらいたいわな。

また今後に期待。

CTCの「週刊バイクTV」とは全く違うオートバイ番組だけどさ、どういう視聴層に向けてアピールしてるんだろ。?謎が多い番組だ。

ダイソーで失敗。

信玄温泉に行く前に山梨県の富士川町のフォレストモールのダイソーに立ち寄った。

ダイソーでは「光沢紙ハガキ」をよく購入している。まあ写真をハガキに印刷して投稿したりお礼状にしたりして出すことがある。

近頃近所の100円ショップレモンでは扱わなくなっているみたいで、ダイソーに行った時には購入するのだ。

それと今回実は着替えの下着を忘れてしまったので、ダイソーで売っていた「ボクサーブリーフ」というのも一緒に購入したが・・・。

このボクサーブリーフは大失敗だった。

普段は「LL」サイズのものをはいているが、ダイソーのこの商品を身につけてみたら「小さい」のだ。明らかに生地の量も少なくサイズも「LL」とは思えないものだった。まともにはけないのでがっかりした。

ニオイが気になるが仕方なく前日に履いていた下着をもう一度はき直した。

100円だからこんなもんかなという思いと、100円でももう少ししっかりしたケチらない商品を作って欲しいという気持ちも駆け巡ったが、これでは使い物にならないと実は買った2枚そのままホテルのゴミ箱に直行になってしまった。

まさに「ドブに捨てた」感じだ。

ダイソーも一応品質のチェックをしてるとは思うけど、サイズの問題や生地の面積がが適正かをもう一度精査して欲しいものだ。まさに安物買いの銭失いになった。

ホテル1−2−3甲府信玄温泉の朝食。

ホテル1−2−3甲府信玄温泉の朝食は気に入っている。

ビュッフェ方式で好きなおかずをお皿に取れる。パン食もあるけれど近頃はもっぱらご飯を食べるな。

お米も美味しいのでご飯がすすむんだ。

ちなみに先日の日曜日は少し失敗した。

ホテル1−2−3甲府信玄温泉。画像のようにカレーを取ったのだけど、ご飯を入れすぎてしまった。戻すわけにも行かず全部食べたけどもう少しカレーは控えめにしておくべきだったと反省。
 
いつもはお茶碗にカレーをかける程度で量は圧倒的に少ないけど今回はお皿にとったのが失敗だったな。

だから今回は他のおかずなどは少し控えめだ。でもこれでも病気のことを考えるととても高カロリーだよな。また反省。

卵かけご飯。で、「卵かけご飯」もいただいた。

やっぱり味わい深い「卵かけご飯」だな。

卵も醤油も美味しい。「激ウマっ!」

味付け海苔で包んで食べると絶品な感じがする。

毎朝食べたい味だよなぁ〜。

食後に温泉に入ってまた気持ちもゆったりして満足感が高い宿泊だった。

ホテル1−2−3甲府信玄温泉のニチレイ自販機。

ホテル1−2−3甲府信玄温泉に行ってきた。

到着して15:00にチェックイン、ウエルカムコーヒーを飲んで部屋でひと休みしたが、疲れていたのでそのまま1時間あまり眠ってしまった。

テレビ東京の「超ポンコツさまーず」を見てからお風呂に入った。

温泉も混んでいないので超うれしい。

五右衛門風呂に入った。

20:00からTVKテレビの「サタミンエイト」を見た。アイスマン福留さんがゲストで当然アイスの話だけどとても楽しかった。いつもは冷めた感じの次長課長の井上聡さんも今回だけは異常にテンションが高かった。

赤城のBLACKをくわえ込む井上さんが微笑ましくも思えたな。

あとサリーちゃんはやっぱりお嬢様な家庭に育っていて高級アイスをたべていたんだなって。

そんなこんなでテレビを見ながら夕食を食べた。

ニチレイ自販機。ホテルの1階にある「ニチレイ自販機」で「チキン&ポテト」を購入した。

このメニューだとどうしてもチキン&ポテトが食べたくなる。ちなみに370円。

もっと食べたい欲求もあるんだけど、やっぱり1つだけにしておいた。

ほかにもTRIALで購入しておいた「おにぎり」と、持ち歩いている粉末のスープが今日の夕食だ。

夕食おにぎりも値引き価格で売れ残りを購入、34円というのが俺らしい。(苦笑)

最近おにぎりも「おかか」ばかり食べているな。

一番スタンダードで子供の頃から好きなんだよね。

鮭も好きだけど、具のフレークがぼろぼろ落ちたりするのが嫌だな。

ポテト&チキンチキン&ポテトはこんな感じ。

冷凍食品を自販機内のレンジで温めているんだろうから「モサッ」とした感じで「パリパリ感」はないけれど、チキンもジューシーで美味しいんだよね。

豪華じゃなくてもささやかな楽しみがニチレイ自販機にはあって、次は何を食べようかと考えている。

温泉に入ってニチレイ自販機の「チキン&ポテト」を食べてつかの間の至福の時だ。

原付が恋しい。

125ccクラスのスクーターが欲しくてGooBikeを物色していたが、やはり高価でなかなか手頃なものがない。

安いものはサビがひどく出ていたり、樹脂部分が劣化して粉を吹いていたり、やはり問題ありなのだ。

そんな中125ccじゃなく50ccのスクーターにも目が行ってしまった。

ホンダのジュリオなんかは昔の富士重工のラビットスクーターを思い起こさすデザイン。

まあラビットは亡くなったうちのおじいちゃんが乗っていて私も子供の頃後ろに乗せてもらったことがある。

今じゃ考えられないと思うけど、多分保険も入ってなかったと思うしノーヘルで乗ってたと思う。私ももちろんノーヘルで後ろに乗っていた。

ラビットは手に入らないけど似たデザインの「ジュリオ」なら今でも中古で入手できる。

あと私も乗っていたけどビーノ(2スト)に目が行ってしまうな。

ビーノは乗ってみて感じたけど、加速もいいしスタイルが好きだね。

丸目のヘッドライトもお気に入りだ。

いわゆる普通のデザインの先が尖ったようなスクーターは好きじゃない。

ただビーノを手放して今動きの悪いアドレス110を購入していることを思うと、また原付に逆戻りはどうなのかなって思う部分もあるのだ。

こんな事を考えているうちにまた買う時機を逸してしまうなんてことにもなってしまいそうだ。

125ccも案外デザイン展開的にはさみしい部分がある。

50ccの中古の方がデザイン的な選択肢は広いよな。

楽しみな「卵かけご飯」。

GWはダメだったけど土曜日に「ホテル1−2−3甲府信玄温泉」に行くことになった。

直前に誰かがキャンセルしたんだろうけど、いつも予約がとれない信玄温泉の予約が取れたのは嬉しい限りだ。

温泉も怖い人たちが来ないし安心してゆっくり入れるし、ウエルカムコーヒーもあったな。

あと楽しみにしているのは朝食だ。ビュッフェ方式で好きなものを選んで食べられる。その朝食の中でも「卵かけご飯」がお気に入りだ。

納豆もプラスするけどこれが美味しいんだよね。実は高級な「明野のたまご」を使用してるらしいとテレビ東京の番組でも説明していた。多分醤油もそれなりにいいものを使ってるのかも。

おそらく「朝カレー」も食べてしまいそうだけど、本当は「卵かけご飯」もおかわりしたい。だけど血糖値のこと考えると我慢しなくては・・・。

ホテルに宿泊することより「卵かけご飯」に気持ちが行ってしまうとは。

我ながら安い男だなと思いつつこの「ささやかな楽しみ」のためにも金曜日の仕事を頑張らなくてはね。

アドレス110限界かな。

先月アドレス110が動かなくなった。

4月の頭に新宿バルト9に映画を見に行ったが、その時も静岡駅にはアドレス110で出かけている。もちろん帰るときも問題なく乗って帰ってきたが、問題は翌日だった。

朝から雨の日だったのでST250に乗ることに躊躇してしまいアドレス110に乗って会社に出勤したのだが、調子が悪くないはずのアドレス110が2kmほど走ったところでエンジンが止まってしまったのだ。

会社までは4km以上あるし、家に引き返すことにした。とりあえず遅刻は間違いない状況なので会社に電話を入れておこうとしたのだが、運悪くケータイの電源もなくなってしまっていた。

大雨の降る中、汗をかきながらずぶ濡れになりながら安倍川(安西橋)も押して渡る羽目になった。そしてヘトヘトになりながら自宅に戻ってきた。

雨の日になると途端にエンジンの調子が悪くなる。実は以前に同じことがあったが、そのときは自宅から200mくらいのところで止まったので戻ってくるのにもそう苦労はしなかったのだ。以後アドレス110雨の日は乗らなくなったが、調子がいいのかなと思って油断して失敗したのだ。

そんなこんなで新しいというか中古のスクーターもいま物色中である。

その一方で先日アドレスの修理も試みている。多分エアクリーナーから水が浸入してる可能性が高く、とにかくエアクリーナーを分解してみた。エアクリーナーの内部に枯葉が1枚入っていた。どこから入ったのかは不明だがそれが直接の原因とは思えない。

とりあえずエアクリーナーのスポンジ部分が乾いた感じになっていたので、灯油がなかったのでオイルスプレーでオイルを大量に吸わせた。

一応処置的にはそれ以上できなかったが、そのあと走ってみたらエンジンは一発始動したしやっと50km/h出るぐらいの走りも60km/hぐらいまでは普通に出るようになった。

それでも雨の日に乗るのは不安だし厳しそうなのでやはりキッチリ走る中古の125ccクラスのスクーターが欲しいな。

充実しない休日。

このところ仕事の都合で土曜日の休日出勤もあって気が休まらない。

そんな感じで「次の休みも仕事かも知れない」と思うと予定が立てられない。

本来なら早くから予定を立ててチケットを購入したりホテルの予約をするもんだけど、それが出来ないままGWに突入してしまった。

それでも木曜日の夜に甲府のホテルに空きがあって、金曜日に出かけては来た。

しかし戻ってきてまた仕事でGWの後半はまた予定が立てられなかった。

一応都心に出て遊んでこようとも思ったりしたが、特に行きたい場所もなくそしてホテルの予約も取れない。行っても仕方ないよなと諦めた。

天気も必ずしも良くないみたいだったから行かなくて正解かもな。

池袋のデパートで「昭和」のイベントをやっているとテレビでやっていた。興味をそそられたけどさ、どうしても行きたいという感じでもないんだよな。

そしてテレビも特に見たいものがないから、家にいてスカパーでも見ていたほうがいいのかなって。

一応甲府に行ったのは買い物を兼ねていた。「コカコーラゼロフリー」がこっち静岡では入手が難しいのだ。いつも「トライアル甲府昭和店」で箱買いしているんだけど、4月は一度も行かなかったのでストックがなくなってしまった。トライアルだと500mlのペットが税込67円で激安なのだ。今回は2ケース購入した。多分5月中は持つな。それと「おーいお茶」も1ケース購入した。

それとケイヨーデイツー国母店にも行って長靴を購入した。雨の日に長靴でST250にも乗っているんだけど、左足のシフトペダルのあたる部分が裂けてしまったのだ。

本当はレインスーツも欲しかったが「3L」までしかサイズがなかった。

サイズ的には3Lでもいいんだけど、リュックを背負うと少し大きめのほうがいいんだよね。結局今持って「レインスーツ」は購入できていない。

梅雨の季節も迫っているし早めに購入しとかないとな。

GWはこのままゴロゴロして終わりそうだな。

そして血糖値のことが心配で思うように満足できる食事も取れないのがなんともストレスが溜まるな。

今できること。

地震のニュースも毎日見ているけれど、その放送量もだんだん減少傾向になっている。

だけど余震は相変わらず続いている。地元で暮らしている人からしたら常に不安が付きまとってしまってるんだろうと思う。

とにかく余震が収まって、次のステップへ被災された全ての人が不安が解消されて行くことを願わずにいられない。

今私ができることは募金ぐらいしかない。

先週もテレビ東京系列の募金に振り込ませてもらったし、今週も熊日系の募金に振込をした。

自分の出来る範囲でしかないので高額じゃない。

正直に言うと先日熊日系の募金には2000円を振り込んだ。

そしたらニュースサイトでマリナーズの岩隈投手が熊本地震に2000万円募金したという。

わーっ「2000円」と「2000万円」だもんなぁ差がありすぎだわなって・・・。

まあだけど時給680円みたいな感じでやってると仕方ないよなって。

生活に余裕がないし、親にも経済的に楽をさせてないからね。

今できることには限りがあるけれど少額だけど役立ててもらいたい。

これで終わりじゃない、東日本大震災の時も1年ぐらい少額の募金の振込を続けてきた。

自分の出来る範囲でこれからも募金の入金は続けていきたいと思う。

繰り返す天災、避けられない人間。

震度7の大地震の翌日、朝からニュースは地震一色だった。

ただし思うように情報が集まって来ないようであった。

被害の全体像なんてすぐにわかるものじゃないけど、モヤモヤした気持ちで出社した。

お昼にNHKラジオ第一放送のニュースで情報を得たが現地では余震が頻発しているという。

余震があるというのは予想されることではあったけど、それにしても多すぎるような気がした。

仕事を終えて帰宅したが夜のテレビも地震一色だったけど、なぜかNHK名古屋が「中日×阪神」の放送を行っていた。

避難した住民のみなさんも頻発する余震に建物の中に避難することに不安を感じて避難所の外で過ごしている人が多かったのもちょっとショックを受けた。

金曜日もずっとテレビで地震のニュースを見ていたけど、深夜にTBSニュースバードを見ていたら「緊急地震速報」が警報音ともに何度も出てきた。

その前に今回の地震の本震とも言われている25時25分の地震だ。

今度は震度6強ということ。これにも驚いていたがその後に「緊急地震速報」が立て続けに出てとても不安になった。

TBSニュースバードも途中からTBS地上波とサイマル放送になってRKKの中継映像が生で入ってくるようになったが、やはり暗闇ででわからない。夜に起こる災害は何も分からず被災された方も停電で何が起こっているのかも自分自身がどうなっているのかを把握できないようである。

そして巨大な余震が頻発してゆく。

もし自分が熊本で被災していたらとてもじゃないがパニックになってしまうだろうな。そこを耐えて過ごすしかない地元の人達の気持ちを思うと本当に切なくなってしまう。

この日も26時過ぎまで地震のニュースを見ていたが、収まらない余震の恐怖はいつまで続くんだろうな。

今日土曜日の朝やはり5時47分起床。ANNニュースを見ようと思ったがずっと報道特別番組で「週刊ニュースリーダー」も休止だった。

明るくなって被害の全体像が見えてきた、そして昨夜の巨大な地震によってさらに被害が広がって倒壊家屋や死亡者も増えていた。

行政の呼びかけや行動にも限界があるんだろうけど、もし震源に近い地域の人たちを強制的に「集団避難」させていたらと思う。

三原山の噴火の時も船で東京や伊豆に大島の住民の多くが避難してきた。

多くの人といっても今回の場合数万人規模になってしまうと行政も難しいのかもしれないが、もし東海大学の学生たちも集団で強制的に避難して別の場所にいたら犠牲者も出なかったかも。

東海大学の学生さんたちがいたアパートは今時の作りと外観のものだったが、案外もろく一階部分が押し潰れていた。

本当に恐ろしい。耐震対策が施されてはいるんだろうけど比較的新しい建物さえもあんなにもろいとは。その映像もまたショックだった。

これ以上犠牲者も増えて欲しくないし、余震も収まってほしい。

怪我をされた方、被災された方にはお見舞いを申し上げたいし、亡くなられた方のご冥福をお祈りしたい。

熊本地震を知ったとき。

木曜日の夜、私はスカイAで「阪神×横浜DeNA」を見ていた。

タイガースが勝利して、メッセンジャー、江越の両選手がヒーローインタビューを受けていた。

江越選手の活躍は嬉しい限りだ、何より大きいのが打てるのが頼もしい。

そんなインタビューを見ながら中継は21時20分頃に終わったと思う。

チャンネルを変えながら引き続きテレビを見ていたが、突然字幕スーパー速報で「地震情報」が流れた。しかも「震度7」ってウソだろ〜・・・。

とりあえずNHK・GTVにチャンネルを変えたら「ニュースウォッチ9」を放送中で即時対応の地震情報を放送していた。

BSフジも「プライムニュース」放送中で即時対応していた。

それ以外の局ではBS朝日の対応が早く富川悠太キャスターが登場していたが、地上波のテレビ朝日はドラマの放送中で番組中止の決定が遅れていて、しばらくはドラマが流れていた。

いつもそうだけど、第一報でビックリするけれど現地からの情報がなかなか伝わってこない。東京からのニュースは早いけれど地方で起こっていることってなかなか情報が上がってこない。

それは阪神大震災でもそうだったのを思い出す。

阪神大震災の時は私も朝の5時46分の揺れで目が覚めたが、朝の時点では何が起こっているのかほとんど分かっていなくて当時の会社に出社していた。お昼のニュースで大変なことになっていることを知ったけど、さらに夜になりもっと酷いことになっているのを知った。燃える街と倒壊した阪神高速道路の映像も忘れられない。

東日本大震災のときは、今の会社で仕事中で突然の激しい揺れで一瞬手が止まって固まってしまった。直後の休憩時間にNHKラジオ第一のニュースで、東北で巨大な地震があったことを知るとともに、巨大な津波がやってくる可能性があるからとアナウンサーが悲壮感漂う声で避難を訴えるのを何度も伝えていたのを思い出す。

さて、震度7ということで今回の地震も大変だという気持ちもありつつ静岡では揺れがなく今ひとつ実感がなかったのも確かだ。

22時以降多くの局で報道特別番組が組まれて私も見ていたけど夜に起こったことで被害の全体像もわからずテレビも暗闇の映像と地震の時のお天気カメラと現地のローカル局の報道部の室内カメラのリピートが多かった。

阪神大震災、東日本大震災と多くの犠牲者が出てしまったことを思うと深夜2時過ぎまで見守っていたけど、明るくならないと情報が出ないんだろうなと思って寝ることにした。犠牲者が出ていないことを祈りつつ。

しかし仕事のことや地震のことなど頭に巡ってしまって眠れなくなってしまった。

4時過ぎには眠れただろうか?でも5時47分には起床、浅い眠りで寝起きも悪かった。

さくら。

さくら。(旧・東京12チャンネル脇)桜の季節である。

が、ここ数年桜をじっくりとは見ていない。

ツーリングにも行かないし「さくら」を見ようという気持ちにもなっていなかった。


実は今回上野に宿泊していたので「上野公園」でも行こうかと考えたが人も多いし酔っぱらいを見るのも嫌だしね。


「花より団子」とはよく言ったものでどうして桜を見ながら騒いだり酒盛りしたくなるのか。?私には今ひとつ理解ができない。

「桜見物」にかこつけて酒を飲みたいだけという人も多いんじゃないかな。


酒も飲まない私からすると、やっぱりそういうのって嫌なんだよね。

旧・東京12チャンネル脇の桜。で、実は東京タワーにやってきて周辺の散策をしながら桜を眺めてきた。

あいにくの天候だったが桜は満開で見ごたえもあった。

人もいないし騒がしくもない。静寂の中で見る「桜」も悪くない。

年に一度は東京タワーに来るようにしているが、今年はたまたまこの季節になった。

都立芝公園には桜はなかったが、周辺の場所にはいくつかの桜の木がありそれなりに楽しめた。

閉鎖された東京タワースタジオも結局は別のテナントを入れて営業を続けているようだ。

旧・東京12チャンネルの建物が残っているのはある意味喜ばしいことだが、取り壊しが発表されていたと思うけどそれも取り消されたのかな。?

「さくら」を静寂の中で少しばかり楽しんできた日曜日の朝だった。

神保町「ライスカレーまんてん」に行く。

新宿バルト9で「仮面ライダー1号」を見るのが今回の一番の目的だったけど、もうひとつ行きたい場所があった。

ライスカレーまんてん。それが神保町の「ライスカレーまんてん」だった。

このお店はいろんなテレビ番組でも紹介されている。

特に興味をそそられたのがスカパーの「フーディーズTV」の制作(IMAGICA)でTOKYO MXなんかでも放送されている「彦摩呂のB級グルメ天国」で紹介された時だ。

注文するとコーヒーが出てきて、さらにカレールウも粘度の高いドロドロ感のあるものだったしボリューム感もあった。

彦摩呂さんと手島優ちゃんが美味しそうに食べていたし、カレー専門店ではあるけど、変に本場みたいなこだわりも感じられず「庶民派」のお店のように感じていた。

だからチャンスがあれば一度行ってみたいと思っていた。

だけど営業時間が限られていて、日曜日は休みだし、営業日も16:00で閉店してしまうみたい。

当初映画が終わるのは14:05なので14:30頃にはお店に行けるかなと思っていた。だけど諸事情で都営新宿線の「新宿三丁目駅」に入ったのは14:55過ぎで遅れてしまったのだ。

一応16:00までという事だけど人気店だからカレーやご飯がなくなれば閉店してしまうかもしれないとかなり焦って向かった。

神保町の駅で降りて歩くこと10分ほど、ようやく店を見つけることができた。

時計を見ると15:20頃だった。ただこの時間でも8人ほどの人が並んでいた。

私は行列店に行くことはないんだけど、やっぱりここまで来て食べられないなんてシャレにならないから行列に並んだ。

お客さんが一人食べ終わってお店を出ると1人入店できる。思った以上に回転も速いみたいで10分ぐらいしたら入店できた。

注文したかったのは「カツカレー」に「ウインナー」のトッピングのもの。ただ注文の仕方が分からず、お店の中から聞こえてきた「ウインナー・カツ」と言って注文したらそれで通った。

初めて行くお店は注文システムや料金の支払いもわからないのでいらぬ心配をしてしまうな。

ウインナーカツカレー。コーヒーとお水のコップにスプーンが入って出てきた。まつこと7〜8分ぐらいかな、待望の「ウインナーカツカレー」が・・・出てきた。

カレールウはひき肉が入っているものでかなりドロドロの粘度の高いものだ。

盛りつけはまずご飯をお皿全体に広げ、そこにカレールウを乗せるのだがその上にカツをのせてさらに上から少しのルウを乗せてくれる。ウインナーも「赤ウインナー」なのがいいじゃん。

味も美味しかった。まんてん独特の粘度の高いルウと、カリカリの衣のカツもたまらなかったな。赤ウインナーも隠し包丁を入れていて手間を惜しまずに見た目も食欲をそそらせるものになっていった。

本当は「全部のせ」にもチャレンジしたかったけど今の自分の体を考えたら「ウインナーカツカレー」でも高カロリーすぎるもんな、だから断念。

私が食べ始めてしばらくしたら、「あと2人くらいかな」とマスターが言っていた。閉店が近づいていることがわかった。

私は閉店前になんとか間に合って食べられて良かった。

カリカリの衣のカツと、独特のルウに行列ができるのも納得した。

マスターは常連さんには声をかけていて決して難しい人ではなかった。初めて行く店でいろいろと緊張気味だったけど、雰囲気も決して悪くない。

食後に小さなカップのコーヒーを飲む。

ブラックだがきつい苦味じゃなく意外とマイルドな喉の通りもいいコーヒーでスッキリした。

とても美味しい「ライスカレーまんてん」だった。

満足。

届いていたハガキ。

「新宿バルト9」へ「仮面ライダー1号」を見に行った土曜日。

新宿駅の南口のポストに3通のハガキを投函してきた。

さっきネットサーフィンをしていたらそのうちの1通が本人の所に届いていることがわかった。

ネットでハガキが届いていたことを知るなんて珍しいことだな。

まあ基本郵便だから本人には届くものだけどさ、一方的に送ってもちゃんと届いているかわからないもんな。

ちゃんと手にしてくれていたことは私としてもありがたいと思っている。

激励のつもりでもあったけど、それも汲み取ってくれていたら嬉しいな。

私が好きだった秋葉原の最後の良かった時代。

今日秋葉原にいた。

歩行者天国になっていて信号待ちがないのはストレスを感じずにいい。

メイドカフェのおねえさん達もチラシ配りしているのもいつも通りだし、
賑わいは昔と変わってはいないと思う。

だけど90年代後半あたりから「パソコンの街」になってしまって、
今は「オタク文化の象徴的な街」というイメージも定着してきている。

私が社会人になって秋葉原に通い始めた頃はまだ「電気街」という
感じがかなり強かった。

「ロケット」とか「マルゼン無線」「石丸電気」「ヤマギワソフト」あたりには
よく通っていたが、今や全部無くなってしまった。

あんまり行かなかった「サトームセン」や「シントク」だって消えてしまったんだから
古い電器店で生き残っているところも本当に少なくなった。

ラオックスも今は中国資本みたいだしね。

私が通い始めた80年代後半にはまだ単品オーディオも健在の頃で
ポータブルオーディオの中心はカセットプレーヤー。
VHSビデオも各社競ってラインナップを揃えていた。

私も購買意欲が掻き立てられて、CDダブルラジカセをグッドマンで購入して
静岡まで持ち帰ったのもいい思い出だ。

多くのテレビ、ビデオ、レーザーディスク、VHDやら映像関連商品だけでも
選ぶのに困るぐらいの商品群が揃っていた。

SONY、NATIONAL、SHARP、MITSUBISHI、VICTOR、
pioneer、FUNAI、TOSHIBA、HITACHI、富士通ゼネラル、
NEC、などなど多くのメーカーの商品があった。

音響メーカーもほかにONKYO、TRIO、YAMAHA、MARANTZ、
TEAC、AKAI、AIWA、SANSUI・・・などなど。

でも多くのメーカーが生産から撤退したり廃業を余儀なくされて
欲しかった商品が店頭に並ばなくなった。

いまラジカセのラインナップを持っているのはSONY、TOSHIBA、
PANASONIC、VICTORぐらいかもしれない。

一時期HITACHIが「日立リビングテック」の名前でCDラジカセを
販売した時期があったけど今は撤退してしまった。

パナソニックのラインナップも「風前の灯」という感じだ。

今秋葉原に行っても正直見所のあるお店も少なくなった。

単品オーディオに強いところとか、中古の名機も扱ってる
ようなお店もほとんど見なくなった。

何台も購入した「ヘッドフォンステレオ(カセットプレーヤー)」も
秋葉原で買うことが多かった。

経営危機が騒がれている東芝もオーディオ部門を復活させて
「キュートビート」というブランド展開していたけど今後は一体
どうなってしまうんだろ。

私は今もラジオやラジカセを見て歩くのが好きだけど、
今はそれがなかなか出来ないのだ。

ラインナップが少なすぎるのだ。

昔のヨドバシカメラのCMとかにも必ずラジカセが登場していたけどさ、
今やそんなもの出やしないもんね。

電気街として売っていた時代にタイムスリップできるのなら、
当時のラジオやヘッドホンステレオも買いだめしておきたいぐらいだ。

でも時代は変わって、音楽を聴くのはデジタル音楽プレーヤー。
ビデオもなく、HDDになり単なる箱の様相で、メカニックな機械も
見られなくなった。

ラジカセについていた「ステレオワイド」の再生ポジションスイッチに
最初は驚いたものだった。

音響映像商品は格段に進歩して小型化と静寂性もアップしているけど、
VHSとカセットテープの時代が自分としては一番好きだ。

もうそんな時代に戻れるわけじゃないけど、今の「ヲタ文化の象徴」から
今後また違った街に変貌するんだろうか。?

私の世代からすると「アニオタ」みたいなものにはついて行けないし、
地下アイドル的なものにも興味はわかない。
6〜7年前にはぱったりと秋葉原にも行かなくなった時期もあったが、
今は「C&Cカレー」があるのでそこに行くついでに立ち寄る街になってしまった。

もうラジオやラジカセの時代じゃないんだろうけど、最後のそういう時代を
知っているものからすると秋葉原の賑わいとは裏腹に私個人は
物足りなさを感じてしまうのだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
Profile
のぶちゃん
気ままなオトコです。趣味はLリーグ、プロレス観戦、ミニバイクツーリング、音楽、演劇鑑賞だス。体重はヘビー級。(涙)独身。(号泣)
Archives
訪問者数

みんなの足跡「あし@」
  • ライブドアブログ