2017年07月

第2546号:ビジョンの実現の技術を求める

今日は朝からテニスに行き、その後は睡眠と仕事だった。



ストレス発散と健康・体重維持のためにテニスを週1回続けている。
今週は仕事で時間がないし、タイミングが悪く、釣りに出かけられない。



というわけで、だらだらとした日曜日を過ごした。
家族カウンセリングという話を聞いたので調べてみた。



NPO法人日本家族カウンセリング協会のHPを要約すると、次のようになる。



・今から約40年前にアメリカで起った家族への心理的援助の理論と方法。

・家族関係のダイナミックスを通して、家族の個々の問題を改善する。

・個人の問題は家族関係の影響を受けており、その治療や改善のためには、
 本人へのアプローチだけでなく、家族全員の理解と協力が必要。

・家族を一つのシステムとして見ることにより、システムの歪みを発見し、
 そのバランスを回復するために、必要な介入をカウンセラーが行う。

・家族全体へのアプローチにより、健康な家族システムを作る。



というようなものである。
子どもに現れる行動は、家族のゆがみなどから発生する。



だから、家族に関り、ゆがみなどを改善することによって、
子どもたちに良い影響を与えていくのであろう。



NTCの職業訓練は、受講生が家族のような関係を作り、
また、講師やスタッフが家族のように関わることで、善い変化を生み出す。



それが、職業訓練日本一の一つのイメージである。
エンカウンターや交流分析についての学びもさらに深めていきたい。



また、企業ソリューションチームは目標達成にコミットすることが重要だ。
しっかりと、目標達成アドバイザーの仕組みを構築していきたい。



今日も自分を承認する。
お前はいつも理想の姿を思い続けているね。
と言ってみた。



妄想するのが楽しいね。
と返ってきた。



理想の姿を思い続け、その実現の技術を求め続ける自分で言います。
今日もありがとうございました。



第2545号:人生の成功を支援する

今日は朝から県北の街で職業訓練、その後、岡山での飲み会という一日だった。



職業訓練の中で、キャリアアンカーのアセスメントを行った。
キャリアアンカーというのはエドガーH・シャイン博士の理論である。



8つの分類に基づき、価値観や能力、生活での重視する点を束にしたものだ。
今の家族の状態などを反映させたもので、錨のようにそこに人は帰ってくる。



①専門・職能別コンピタンス Technical/Functional Competence

②全般管理コンピタンス General Managerial Competence

③自律・独立 Autonomy/Independence

④保障・安定 Security/Stability

⑤起業家的独創性 Entrepreneurial Creativity

⑥奉仕・社会貢献 Service/Dedication to a Cause

⑦純粋な挑戦 Pure Challenge

⑧生活様式 Lifestyle



私は自律・独立、そして、純粋な挑戦が非常に高い。
だからこそ、現在起業しているのだと思う。



惜しむらくは、起業家的独創性があまり高くないことだろうか。
ゼネラリストであり、さほどこれという強みがないということかもしれない。



しかし、人の感動のドラマを創りたいという気持ちは人一倍強い。
自分ができないと自覚していることがあるからだろう。



だからこそ、人の成功を支援したい。
その想いですごい技術を身に付けたり、経営者としての成功を手にしたい。



今日も受講生の皆と本当に楽しく過ごさせていただいた。
私に情味を示したり思いやりを持って接してくれて本当にうれしかった。



かれらがキャリアアンカーに沿って生きて、
本当に素晴らしい人生を歩んでほしいし、素晴らしい仕事人になってほしい。



それを願ってやまない。
卒業もだんだん近づいてくるが、いい就職が実現するのを願っている。



今日も自分を承認する。
お前はみんなに期待され、大切にしてもらえる存在だよ。
と言ってみた。



本当に感謝しているね。
と返ってきた。



皆に尊敬と祝福の気持ちを持ち、人生の成功を支援する自分で言います。
今日もありがとうございました。



第2544号:NTCならではのコンテンツを生み出す

今日は朝から職業訓練においてペルソナ手法に関する講義、
その後、内勤という一日だった。



ペルソナ手法は、NTCの人間中心アプローチの核となるツールである。
理念型経営コンサルティングナンバー1戦略に展開している。



ペルソナ手法というのは、ユングの心理学から生まれた言葉であるが、
マーケティング上は、消費者行動論の理論の実践方法である。



私は超CSマーケティングと読んだり、感情マーケティングと呼んでいる。
ペルソナというとわかりにくいからである。



しかし、受講生が本当に楽しみながら真剣に取り組んでくれて、
彼らの前向きさと共に、ペルソナ手法の素晴らしさが感じられた。



仮想のビジネスコンセプトを作ったグループワークを行ったが、
ペルソナ手法によってビジネスプランや製品に命が吹き込まれる。



今まで漠然としていたものが、鮮明になったり、色がついたり、
温度感や、表情までも表に現れる感じがした。



NTCのペルソナマーケティングは、相関ペルソナ等方法で、
理念型経営によりステークホルダーを喜ばせるツールとなっている。



ブランドマネジメントにも展開していきたい。



今日も自分を承認する。
お前の考えは本当に効果的だね。
と言ってみた。



もっともっと極めていくんだよ。
と返ってきた。



NTCならではのコンテンツを生み出し、感動のドラマを提供する自分で言います。
今日もありがとうございました。








第2543号:強い意志で想いを実現する

今日は朝から職業訓練講師として新結合のワークをし、
その後、顧問先に訪問、内勤という一日だった。



新規事業を新結合により、開発するワークを行った。
売れているもの、昔からあるものをスクラップし、組わせるというものだ。



スクラップの手法は、製品やマナーを一つ取り上げ、
それを様々な角度から分解していく。



その上で、お客様に受けている理由を端的に表現する言葉を作る。
これをシーズという。



そのシーズを組み合わせながら、新しい形に作りあげていく。
ビルドの手法である。



要するにスクラップ&ビルドである。
プロダクトサイクル上の成熟期~衰退期にある仕事は収益性が低い。



組み合わせることで、新規性の高い、高度で多様なニーズに応えることができる。
これも一つのNTCのノウハウと言えるだろう。



独自の経営ツールがどんどんできているため、
しっかりとレビューして磨き上げていきたい。



そして、人間中心アプローチや理念型経営コンサルティングナンバー1を実現したい。
それが私の生きる道であり、感動のドラマを生み出すための戦略である。



今日も自分を承認する。
お前の想いは力のあるツールをを開発していくね。
と言ってみた。



疲れていると言っている場合ではないね。
と返ってきた。



何が何でも目標を達成しようという強い意志で想いを実現する自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2542号:語らいながら一歩でも前進する

今日は朝から管理職研修、その後、改善ミーティング、
そして、夜はしょうちゃんと語らいながら内勤した。



利他の心を判断基準とすると言いながら、なかなか難しい。
微妙に私心が忍び込み、100%相手のためにとはいかない。



特に、経営者としてのバランス感覚を持とうとすると難しい。
自分が稼がなければ・・・、という責任とのトレードオフ現象である。



こう思わざるを得ない理由としては、自分が直接的に稼いでいるからだ。
それがなければ、稼ぐということを捨てることができる。



結論としては、経営者は完璧でなければならないということである。
足りないものや不十分なものがあってはならないと思う。



ちなみに、私にはとても問題があると考えている。
だからと言ってやめるわけにもいかないから、とにかく頑張るしかない。



懸命に働いてくれるスタッフのためにも私は負けてはならない。
期待してくれるお客様のためにも泣き言などは言っていられない。



必ず職業訓練日本一、理念型経営コンサルティングナンバー1を実現する。
ゆっくりではあるが、確実にそのための取組みが進んでいると思う。



今日も自分を承認する。
とにかく気合が入っているね。
と言ってみた。



行動し続けることができているね。
と返ってきた。



スタッフと語らいながら、ビジョンに向かい一歩でも前進する自分で言います。

第2541号:私が私の人生を生きる

今日は朝から経営改善コンサルティング、午後は管理職研修打ち合わせ、
夜はテキスト作成という一日だった。



真摯に向き合うことが大切だと思った。
経営者の方の想いを聴いていると気づくことがある。



それは、誠実さや覚悟である。
その心が伝わってくると、私の心が震え始める。



そして、言いづらいことも自然に口から出るようになる。
そういう時は、経営者の方も思いっきり答えてくれる。



そういう前向きな心でつながる縁をたくさん築いていきたい。
そこから、必ず素晴らしいドラマが始まると信じている。



私たちの仕事はドラマを生み出す仕事であると心から言える今日この頃である。
心がよろこぶ仕事をするというのは、愛とよろこびを提供することだ。



私が私の人生を生きるために。
クライアントがクライアントの人生を生きるために。



今日も自分を承認する。
関わる人の人生を素晴らしいものにしたいんだね。
と言ってみた。



意味のあるものにしたり、価値があるものにしたいんだよ。
と返ってきた。



私が私の人生を生きることが、感動のドラマを生むと信じて言います。
今日もありがとうございました。


第2540号:世のため人のために学び続ける

今日は朝から県北の街で職業訓練の講師、中庄で内勤という一日だった。



キャリアに関する授業を行った。
その中で自分のキャリアについて思いっきり語った。



そうすると、受講生が頑張って聞いてくれた。
キャリアとは自分が一生懸命に進んできたときに振り返ると残っているものだ。



ここに来るまで、本当にいろいろな学びをし、人に助けられきた。
しかし、そういえば、最近は新しいキャリアが積みあがっているように感じない。



今自分に何が起きているのだろうか。
年齢からすると、47歳ということで、維持期というライフステージに入った。



自分が何を意識するわけでもないが、心身の状態や、
年齢においての周りからの印象などが、変化を少なくしているのかもしれない。



同時にスタッフがたちが懸命に努力して前に立ってくれるので、
私がそんなに前に出なくても大丈夫になったのかもしれない。



それでも、常に新しいことにチャレンジして前進したい。
それが私の生き方であり、学び方、成長の仕方である。



今日も自分を承認する。
本当にお前は、常に前進し続け、学び続ける人だね。
と言ってみた。



そうやって多くのよろこびを作ってきたね。
と返ってきた。



世のため人のために学び続け、よろこびを生み出す自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2539号:自分の愛と他人の力を信じる

今日は朝からテニス、その後、若者の就職意識を高める会の打ち合わせ、
そして、夜は飲み会だった。



日野原重明さんの言葉をサンデーモーニングで聴いた。
103歳まで現役を通してきた言葉には重みがずっしりとある。



苦しくても自分で戦いを終わらせる。
それが許しの心です。



命とは私たちに与えられた時間である。



自分が見てきたことを伝える責任を持つ。



東京大空襲で悲惨な状況を経験したからこそ、
生きて伝えていきたいことがあるのだろう。




若者の就職意識を高める会についての打ち合わせをした。
思うように進んでいなかったが、加藤せい子さんが協力してくれた。



やっと進み始めたし、アイデアが膨らんでいく。
自分がやるからこそ、実現するのは愛と喜びを経験させることである。



乗り越える経験を生み出し、真の喜びを感じて、
働くことへの意味を感じたり、価値を向上させていきたい。



今日も自分を承認する。
お前には人に喜びを伝える力があるよ。
と言ってみた。



お前が愛をもって接し、信じ続ける力を持つことだよ。
と返ってきた。



自分の愛を信じ、他人の力を信じ、喜びを生み出す自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2538号:ママカリ釣りと天領祭り

今日は朝からママカリ釣り、その後、自宅で家族の手伝い、
そして、夕方から倉敷天領祭りにいった。



夏の風物詩でもある、ママカリ釣り。
新岡山港に行ったが、一番釣れる場所は人であふれていた。



そのため、初めて新岡山港に行きたくさん釣れた場所に行った。
ここにも人がたくさんいたので、一番広そうな間に入れてもらった。



隣には笑顔のとてもいい感じのおじさんがいて、
お互いにニコニコしながら釣りをした。



「ここだけつれませんな!」



両側はぽろぽろ釣れているのに、なぜかつれない二人。
それでも、釣り糸を垂らすのはいいもんですなと語りながら釣りをした。



それでも20匹以上釣れた。



そうしているところに、短い竹竿を持ったおじさんが来た。
話を聴くと、落とし込み釣りでチヌを芸術的に釣るのだそうだ。



昼くらいまでに40㎝くらいのチヌを20匹釣ったのだそうだ。
釣り方を教えてもらったので、龍之助と一緒にチャレンジしたい。



夜の天領祭りは、行けばたくさんの知り合いの顔を見ることができた。
マスカットフレンズとして、OH!代官ばやしに参加していた。



うちの喜子ちゃんも参加した。
可愛かったし、一所懸命なのが良かった。



今日も自分を承認する。
人と関わり、人の温かみを感じることができたね。
と言ってみた。



本当にありがたいことだね。
と返ってきた。



共に生きる人に心から感謝し、少しでも何かを与えられる人で言います。
今日もありがとうございました。


第2537号:想いを聴きドラマを生み出す

今日は朝から県北での職業訓練、そして、83プラザ例会だった。



宮下酒造の独歩館での83プラザ例会だった。
私にとっても、とても感慨深い会となった。



宮下さんとアメリカに行き、ビアフェスティバル、ベンチャーウイスキー、
ビアカフェ、そして、ナパバレーのワインのシャトーに行った。



それは、今日のこの施設を作るためである。
料理もビール、日本酒に合う料理であり、酒をおいしく楽しむ店になった。



開放感があって、明かりの濃淡もとても心地よい。
そして、ウイスキーの蒸留用のポットスチルが光に映し出される。



岡山の贅沢なひと時を味わうことができる。
社長と専務がとてもうれしそうだったのが、特に印象に残った。



計画が始まって何年たつだろうか。
飲食店をやらないと絶対に投資回収できないと言い張り続けた私。



この後、地元の人に愛されるかどうかが課題であるが、
そのクオリティーを早くも満たしていると感じ、安心した。



今日も自分を承認する。
お前のアドバイスは的確なんだよ。
と言ってみた。



いやいや、経営者の覚悟と実行力でしょう。
と返ってきた。



経営者の想いを聴き、その瞬間から感動のドラマを信じる自分で言います。
今日もありがとうございました。

第2536号:地味な努力を積み重ねる

今日は朝から職業訓練の講師、ビジネスプランの中間発表、
夕方からは経営相談という一日だった。



タイムマネジメントの重要性を感じた。
普通に過ごしていると、どうしてもルーティーンワークになってしまう。



慣性の法則である。
普段と同じ行動していたほうが楽だからそうなる。



タイムマネジメントして、自分の心をきちんと整えなければならない。
中長期の人生のプロジェクトをいかに、日常に忍び込ませるかということである。



地味な努力を積み重ねるというのは、目的・目標に向かうために、
タイムマネジメントをすることだと気が付いた一日だった。



日々、タイムマネジメントリストを作って、確実に実行していこう。
そうすれば、夢は必ずかなう。



今日も自分を承認する。
お前には夢を達成する力があるよ。
と言ってみた。



日々のコツコツとした積み重ねしかないからね。
と返ってきた。



自分の心の望む方向に、努力を積み重ねる自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2535号:命の喜ぶ仕事をする

今日は朝から職業訓練で就職活動の進め方に関する講義、
その後、インバスケット法なるものの研修企画という一日だった。



久々に再会した方といろいろな話ができた。
そうすると、私にできることで何がしてあげられることがないかと思った。



それが感動のドラマの始まりなのだと思う。
必ずドラマは始まり、必ず望ましい結果が生まれると信じている。



話をしている際に、命の喜ぶ仕事をする、という素晴らしい言葉をいただいた。
命、魂、心、生きているからこそ感じられるものである。



それが膨らんだり、震えたり、揺さぶられたりする。
そして、ドキドキ、ワクワク、愛情や思いやりなどがあふれる感じである。



そんな仕事をいつでもしていたい。
それが、私たちNTCの仕事から得られる報酬なのかもしれない。



今日も自分を承認する。
お前はいつでもドキドキ・ワクワクして生きているね。
と言ってみた。



それをさらに膨らませるためには、ABC活動しかないね。
と返ってきた。



愚直にABC活動を実践し、ドキドキ・ワクワクを感じる自分で言います。
今日もありがとうございました。

第2534号:縁尋機妙 多逢聖因

今日は朝から内勤し、その後、児島商工会議所何でも相談、
そして、ロボット補助金のサポート、内勤という一日だった。



体調があまり良くない。
お腹が弱っている感じもするし、ものもらいがもひどい。



なので、思い切って寝てしまうことにした。
寝る前にあるワークショップの概要を頭に入れてシナリオを考えた。



そうすると、アイデアが浮かんできたので書き留めた。
潜在意識に強く働きかけることが、良いアイデアを生むということを実感した。



そして、そのレクチャーの中で伝えたいことが出てきた。



縁尋機妙 多逢聖因 (えんじんきみょう たほうしょういん)
これは、盛和塾の先輩から教えてもらった言葉である。



縁尋機妙(えんじんきみょう)
良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展してゆく様は誠に妙(たえ)なるものがある

多逢聖因(たほうしょういん)
いい人に交わっていると良い結果に恵まれる

人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人、いい書物に
会うことを考えなければならない

安岡正篤



ということだが、この話は因果の法則が表現された言葉である。
因というのは想いであり、果というのはその想いの結果である。



想いがあるから縁がつながる。
その想いが善きものであれば、善き縁が結ばれ、善き結果が生まれる。



善きことを想い善きことをするということを実践していかなければならない。
それが、経営理念の実践であると信じてやまない。



必ずできる。



今日も自分を承認する。
思うことの大切さを実感することができたね。
と言ってみた。



お前の想いは本当に善き思いなんだよ。
と返ってきた。



善きことを想い我が身を振り返り、実践続ける自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2533号:素晴らしさを伝えもっと味わう

今日は朝から龍之助の試合、仕事の件での打ち合わせの後、
改善プロジェクトミーティングという一日だった。



とても勉強になった一日だった。



ある方に教えてもらい、特に印象に残った言葉がある。



『面白き事もなき世を面白く すみなすものは心なりけり』



『面白いと思えることのない世の中を面白く。それを決めるのは自分の心もち次第だ』



死の床にあった高杉晋作が上の句を詠み、
その看病に当たっていた野村望東尼(のむら もとに)が下の句を付けたとされたものだ。



大切なポイントは、自分の心の持ち方次第で楽しく生きることができる。
楽しい気持ちを持っていれば、楽しい人が集まる。



そう考えると、私は十分に楽しめていないのだと気づく。
脳みそを快適にして、とにかく、今この瞬間を100%で楽しみたい。



それが、私の生き方であると言えるようになりたい。
でも、親とのコミュニケーションもなく、心配してもらうために暗い気持ちを持っていた。



それが、未だに人とのコミュニケーションに出ているのではないかと思う。
それを踏まえて生きていきたい。



それが、私のルーツだから。



今日も自分を承認する。
人の素晴らしさを素直に感じられる人だね。
と言ってみた。



それがお前の最も得意なことかもしれないね。
と返ってきた。



素晴らしさを感じて、相手に伝えて、もっと互いに味わう力を持つ自分で言います。
今日もありがとうございました。



第2532号:能力アップで期待を高める

今日は朝から仕事をしてからテニス、そして、龍之助の試合、
その後、抜け出して釣りに行った。



最近一人で釣りに行くことが増えてきて寂しい。
誰か一緒に行ってくれる人がいるといいのだが、一人もまたいいものだ。



そろそろ、アジが回っているのでは・・・、という期待でサビキ釣りをした。
そうすると、・・・。



やっぱりいました!
約10匹程度釣って、日が暮れたのでメバルを狙った。



相変わらず小さいものばかりだったが、
やっと18㎝のものが1匹釣れた。



海を見る目が必要だし、潮、天候や気温も考慮してどこにどんな魚がいるか、
考える必要がある。



しかし、釣りは面白い。
釣りの中にあるワクワク感を仕事に持ち込む方法がないか考えてみたい。



期待感とその報酬、それが勝ちにあったものにすることが大切だと思った。
しかし、あのぶるぶるとくる感じがたまらない。



双想像しただけで胸の奥が熱くなり、うれしくなるのは私だけだろうか。
そのエネルギーを自分で感じ、活用できるように頑張りたい。



今日も自分を承認する。
期待感を持つ力がお前にはあるね。
と言ってみた。



それは、能力があるからではないのかな。
と返ってきた。



知識や能力を高め、自分の可能性を追求し、いつも期待している自分で言います。
今日もありがとうございました。



第2531号:エネルギーの全てをかける

今日は朝から県北の街で終日、職業訓練、
そして、家に帰って食事して眠ってしまった。



どうやら本当に疲れているようだ。
好きなこともしながら生きているので、それほど疲れは感じない。



でも、寝るとわかる。
起きられない。



趣味というのは本当に大切である。
心が疲れているときに効果的である。



ストレス解消方法は3つがあると言われている。


①休養する

②発散する

③吸収する



趣味は、発散するという効果について良く取り上げられるが、
私の場合は、吸収するという力あるように思う。



私の場合は、釣りをするとエネルギーがわくし、
釣りに行こうと思うとエネルギーが湧いてくる。



エネルギーのみなもののようなものである。
このエネルギーがあるのとないのとでは人生が全く異なる。



釣りというものは一生治らない病気である。
しかし、釣りというものは人生において最高の良薬でもある。



ねえさんが教えてくれた言葉であるが、いい得て妙である。
しかし、疲れすぎてはいけないのでしっかり自己管理していこう。



今日も自分を承認する。



仕事に誇りを持って進めているね。
と言ってみた。



もっともっと極めていくんだよ。
と返ってきた。



持っているエネルギーの全てで感動のドラマの技を磨き上げる自分で言います。
今日もありがとうございました。

第2530号:戦略より理念に真っ直ぐ向かう

今日は朝から管理職向けのコーチング研修、夕方、訓練生と話をし、
社内の中間ミーティング、夜は改善プロジェクト打ち合わせだった。



訓練生とのコミュニケーションは楽しい。
特に起業家は事業計画について語り合えるのがうれしい。



事業計画というのは外部からの資源調達に使われるが、
やはり最も効果的なのは、自分自身の棚卸と計画という面であろう。



これを面倒がる人も少なくない。
かくいう私も今までに次行計画らしいものはほとんど作っていない。



おそらくその結果が、付加価値の低い商売をしているという事だろう。
計画から実装に移ったものをいかに早く立ち上げるかが課題である。



3連休に突入し、大島に釣りに行きたいところであるが、
結局、3日とも仕事である。



楽しんでいこう。
それが自分の試みが気になっていると信じていこう。



今日も自分を承認する。
お前は世のため人のためにベストを尽くせる人だね。
と言ってみた。



もっと戦略を自分の人生に取り入れてみたら。
と返ってきた。



戦略など必要ないというくらい、理念に真っ直ぐ向かう自分で言います。
今日もありがとうございました。



第2529号:出会った人のドラマを心から願う

今日は朝から管理職研修の立ち合い、午後からは職業訓練講師、
夜は倉敷YEGの委員会に出席した。



皆の一生懸命な中にいることができた。
私にとってこれ以上の幸せなことはない。



互いの存在を認めあい、目的・目標に向かうひたむきな姿勢である。
人としての理想がそこにあると思った。



私がそういう人を作ったと言ってみたいが、そんなことはない。
一人ひとりが持っている素晴らしさであり、仲間がいるからこそ磨かれている。



微力ながら、磨かれる場を創ろう。
そして、皆が人格というものに気付き、素晴らしい人生を歩むことだろう。



私自身がもっと人格を磨き、人生を切り開かなければならない。
必ず運命は変えることができると信じたい。



今日も自分を承認する。
皆のドラマが始まるのを見届けていたね。
と言ってみた。




失敗してもいいから、ドラマを信じてごらん。
と返ってきた。



今日出会った全ての人のドラマが始まることを心から願って言います。
今日もありがとうございました。


第2528号:感動のドラマの中で自分らしく生きる

今日は自宅で静養、午後からは少しでも動こうと経営相談をした。



久々の体調不良で動けなくなってしまった。
体の異変もあるが、その理由は大きなプレッシャーではないかと思う。



ストレス回避、発散などを工夫しなければならない。
最近は甘いものをやたらと食べたくなったりしていたので間違いないと思う。



そういえば昔、メニエールにかかて倒れた時がある。
社員とのトラブル、売上の減少、営業の不調などが重なって発症した。



あまり思い込まないように、コツコツと努力を重ねたい。
そうすれば、必ず乗り越えられる。



今の自分に合った選択が大切だと思う。
自分のことは自分が良くわかるのだから、しっかり大切にしていこう。



今日も自分を承認する。
倒れていても、いつでも感動のドラマを思っているね。
と言ってみた。



それが、お前の人生の成功なのかもしれないね。
と返ってきた。



感動のドラマの中で自分らしく力いっぱいに生きる自分で言います。
今日もありがとうございました。


第2527号:私の努力と工夫が必要

今日は朝から柳川に入り、職業訓練の講師、理念型経営コンサルティング、
夜はしょうちゃんへの研修講師の指導をした。



最近ブログを書くのがおっくうになりつつある。
少しずつでも続けたい気持ちはあるが、思い切って内容を変えようと思う。



少しずつでもリッチなコンテンツを作るツールにしたい。
ちゃんとテーマを分けて書けば、テーマに沿った情報も提供できるだろう。



後は、感動のドラマを提供するための私の考え方を、
体系的に整理して伝えられるようにするということである。



感動のドラマのメカニズムを学び、その実現のためのスキルを身に付けたい。
それが、NTCの存在の価値だから。



今日も自分を承認する。
学んだことをすぎに生かしたいんだね。
と言ってみた。



それもあるけど、ゼンスタッフの物心両面の幸福を目指しているんだよ。
と返ってきた。



私の努力や工夫が、スタッフの幸福につながることを信じて言います。
今日もありがとうございました。



追伸



今日から少々文章が短くなります。
ビジネス系のコンテンツを上げられるように頑張ります。



記事検索
プロフィール

ntcreate

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ