今日は、早朝ミーティングでスタートし、
その後、顧問先、就職セミナー、岡山市、金融機関、
そして、社内勉強会だった。

何が理由かは不明であるが、就職セミナーの時間を間違えてしまい、
午後からなのに、午前中に訪問してしまった。
ムダが発生したことに若干のいらだちがあった。

一日活動して、本当に疲れた。
目が痛くなって、開け続けるのが辛い。
社内勉強会が始まる前に、思いっきり教室で寝てしまった。
どうやら、迷惑なくらいいびきをかいていたらしい。

おまけに、そんな状況の中、インターン少年がとんでもないミスをし、
社内を騒然とさせた。
正直、大変だと思った。

そんな、自分の気持ちを味わってみる。

 ・いつまで、教えたらできるようになるんだろう
 ・休みをやっても意味が無い
 ・その上司は何をやってるんだ
 ・そいういうお前も管理できていないじゃないか

というような感じで、気分としては、
「もう面倒くさい!」というような言葉が出てくる。
さらに、次のような言葉が出てくる

 ・もう教えても無駄じゃないか
 ・他の人の方がもっとできる
 ・どうせやめてしまうだろう

などと、とてもネガティブで、その存在を否定する言葉が出てくる。
(隠しても仕方が無いので、経営者の心の動きだと思ってください)

そう思うと、体中がだるくなり、ますます仕事をするのが嫌になる。
少しでも時間を作って、将来への投資をしたり、
効率を良くするために日々頑張っているのに、
こういったことが起こると、あっという間に時間がとられ、
いままの努力が水の泡になってしまう。

このインターン少年を、この視点のまま見ていると、
最悪な気分になるし、互いの将来が無いので視点を変える。

 ・新入社員なのである程度は仕方が無い
 ・いつも前向きに取り組んでいるから、まだ可能性がある
 ・たくさんの仕事があるから、仕方が無い

前向きにとらえようとしても、気分が良くないので、
このあたりにしたい。

自分を承認する。
相手の状況を踏まえて、適切に対応することができているね。
と言ってみた。

それでも、本気でかかわり続けることがお前にできるかな?
と返ってきた。

自分の強さと大きさ、この熱い想いがあることを信じて言いたいです。
今日もありがとうございました。
自分が成長しないとダメですね。