今日は朝からグループ復興計画の策定、若き社長のサポート、
中期経営計画の策定支援、日本版TAFEの企業集め、倉敷YEGだった。



一日働くと本当に多くのことが起こる。
今日も本当にいろいろとあった。



しかし、法則が一つ見えてきた。
自分の心の甘さから問題が起こる。



自分が直接やっているかいないかは関係ない。
気を込めていると問題は比較的少ないが、気を抜くと問題が発生する。



人がやったことでも、そのリカバリーとなると本当につらい。
すぐに発見して対処すればいいが、放っておくとますます深刻になる。



だからこそいつでも気を込めて生きなければならない。
それが心を磨くということなのだと思う。



仕事のほうは、また素晴らしい縁を結ぶことができたと思う。
十分な準備をしたり、懸命にかかわることが奏功した。



とても素晴らしい人と良い縁を結ぶことができるのは、
自分が気を込めて向き合うからだと思う。



相手のすばらしさを認知し、そして共に生きることに感謝し、
丁寧にそして力強く相手と向き合いたい。



今日も自分を承認する。
お前は相手の存在を力いっぱいに承認できる人だよ。
と言ってみた。



もっと気を込めて、全身で力を感じるんだよ。
と返ってきた。



今の自分があることはかかわる人のおかげであると感謝し、人に尽くす自分で言います。