今日は朝から中庄での仕事、その後、テニス、読書、仕事、
夜は魚を家族に振る舞い、早々に眠ってしまった。



燃え尽き感が強く、気力にかける日だった。
とにかく動くのが億劫で何もできない感じだった。



それでも、読書と仕事に取り組もうとしたが、
あっという間に心のエネルギーが切れてしまい動けなくなる。



何が枯渇しているのだろうか。
今回の燃え尽き感は、いつもと違って根源的な感じがする。



自分に対するものだが、その周りにもあきらめ感があるかもしれない。
裏腹に、人間の無限の可能性を追求するフィロソフィに取り組んでいる。



余計に苦しみが強くなる。
人から反発を受けるのは、理想とギャップの大きさが原因かもしれない。



出来ない自分への腹立たしさや、それを見たくないという感覚である。
私も今そういう状況だと思う。



しかし、この問題を直視しない限りはいつまでも問題がのこる。
すべきことをする自分こそが問題を解決し力を感じることができるだろう。



人がどうであれ、自分の問題を自分で解決しよう。
そうすれば、もっとエネルギーを高めることができるだろう。



今日も自分を承認する。
お前は自分も組織も心を配り、指導・教育をしているね。
と言ってみた。



それができる自分が大切なんだね。
と返ってきた。



自分が決めたことをただただ粛々と実行する自分で言います。
今日もありがとうございました。