今日は朝から中庄事務所に入り、販促コンサル、新規事業コンサル、
あとは基本的にはすべきことを粛々とこなした一日だった。



なかなか売上上がらない等の問題があるが、
その重圧に耐えながら、一つずつ人や事柄に向き合い続けた。



自分の心の中にもいろいろな悩みや迷いもある。
それもすべて受け入れながら前進する。



人にはそれぞれの思いがあるから難しいということもあるが、
逆にそれぞれ違い思いを持っているからこそ、喜びがある。



いつも全く同じ思いではなく、分かり合えなかったり、
それでも人を大切に思ったりしながら生きているからこそ心がつながる。



同感ではなく、共感をいかに作るかが重要である。
自分を受容し、相手を受容し、両方がOKの状態にする。



そこから何かが生まれ、互いの目的を達成することができるだろう。
コーチは相手の思いのすべてを受け止め、鏡のように反射する。



相手のためにどうあるかを追求する。
それがコーチ道であり、他のコンサルタントとの差別的優位性となるだろう。



どこまでも人のために生きる自分でこの世に存在したい。
それが行動と学習を生み出し、生きるという感動のドラマを提供することになる。



今日も自分を承認する。
お前のあり方はコーチそのものであり、人のためのコミュニケーションだね。
と言ってみた。



もっと人のためのスキルとマインドを磨くんだよ。
と返ってきた。



世のため人のためにこの世に存在していると信じられる自分で言います。
今日もありがとうございました。