ファシリテータ

第579号:最大の尊敬と敬意

今日は、ほぼ一日コーチングの研修だった。
ちょっと寝不足が続いているのと、提出物やトラブルなど、
仕事上の気がかりなことがあり、難しい朝の立ち上がりであった。

コーチングやコミュニケーションの研修では、
ちょっとした心の揺れが相手に伝わり、よくない影響を与える時がある。
今回の研修では、スペースチェックでスタートしたが、
わくわくする気持ちを語った。

でも、正直を言うと、イライラ、イガイガする気がかりなことや、
ソワソワ、ムカムカといった微妙な動きがあった。
本当はそれを伝えると学びになったのだろうが、
なぜか、それを口にする気にならず、伏せたままスタートした。

その時の気持ちを味わってみる。

 ・みんなに前向きな気持ちを伝えていきたい
 ・ネガティブな気持ちを無意識に抑えているかも
 ・受講生の消極的な気持ちや姿勢に批判的な感情がある

というように、いろいろと出てきた。
この文脈の中にも、私の心から実現したいことが見え隠れする。

 ・コミュニケーションの大切さや素晴らしさを伝えたい
 ・そして、ともに学び、成長する
 ・生きているからこそ感じられる喜びを作りたい

ということだろう。
介護の業界でも、面と向かってコミュニケーションできない。
その代わりに、メールやインターネットに向かってはできる。
相手がどう思おうが、組織にとってどうであろうが関係ない。
自分さえよければいいことを表現するのだそうだ。

それが、面と向かってということなるといえない。
もし自分なら、ぶん殴ってでも分かり合うまで話をすればいいが、
怖くて言えないのである。
いっても、向かってくるのではなく、下を向いてぼそぼそ、
淡々というのが精いっぱいである。

そういえば、社内のトラブルも同じようなことがいえる。
要はディスカウントであり、その結果、変なゲームが起ったりもする。
自分自身がディスカウントしないように、

中身がぎっしりした自分でありたいと心から思った。

そして、研修の中でも、パートナーにも良かったといってもらった。
褒められるというのは本当にうれしいことである。
経営者になってから褒められるということはあまりないので、
非常にうれしかった。

褒めてもらえない時に、人は自慢話をするのかもしれないと思った。
なんか、自分の存在を大きくとらえたり、力を感じたいのだろう。
スタッフも同じだろうから、しっかりと承認していきたい。

今日も自分を承認する。
相手を承認し、尊重することの大切さを改めて感じられたね。
と言ってみた。

そうすれば、もっともっといろいろなアイデアや前向きさが生まれるね。
と返ってきた。

目の前にいる人に最大の敬意と尊敬をもって言いたいです。
今日もありがとうございました。

第576号:自然体による直感

今日は、問屋町、経営相談、営業2件と専門家との打ち合わせ、
そして、高校時代の友人との再会だった。

今一日を振り返って、不思議な感覚が残っている。
実に不思議だ。
何かきつねにつままれたようだ。

そして、具体的なものが残っていなくて、なんか楽しかったり、
うれしかったり、その印象みたいなものが残っている。

というのが、営業に行った企業の製品である瞑想を体験したからだ。
音によるリラクゼーションであり、結果瞑想状態となる。

最初は、身体の違和感を感じながら始まるが、
進むにつれて、そのイガイガやトゲトゲがなくなり瞑想状態となる。
α波とθ波が出るそうである。

営業というか、ネットワーク作りに行ったものの、
その体験により、身体は疲れているの頭が冴えわたり、
とても心地の良い状態で、残りの半日を過ごした。
今、ブログをかきながら思うのは、寝て起きて体の疲れもとれたようだ。

普段、色々なストレスやネガティブな想いを抱えて生きていて、
それが取り払われることで、心も体もこんなに楽になるのだと
言うことが分かった。
その後も、ちょっと不思議なことが起こったり、自分から起こしたりした。

今日も自分を承認する。
自分が想ったり、考えたりしたことを直ぐに行動することができたね。
と言ってみた。

結果は分からないけど、楽しいね。
と返ってきた。

直感、そして、自分の自然体を信じて言いたいです。
今日もありがとうございました。

第555号:自分の意思を感じる

今日は朝早く、広島の中小企業大学校を抜け出し、岡山に帰った。
5時くらいだったし、結構、しこたま酒を飲んでいたせいもあって、
体調は思わしくなかった。

ともかく、今日は倉敷市のがんばる中小企業の助成金の締切日とあって、
関係している企業の提出を促したり、たまった仕事の片づけや、
営業活動をした。

朝から首の付け根から、肩の途中のあたりまでの筋肉がずっしりと重く、
時折、痛みも強く感じる。
この痛みを味わってみる。

 ・結構、疲れが残った
 ・少しゆっくりしたい
 ・今年が正念場だ

こう書いてみて思ったことだが、なんとか現状を守るということに、
すごく縛られていて、そこに苦しさを感じているようだった。

 ・売り上げが下がることは後退だ
 ・自分の給料を減らすことは、負けたということだ
 ・従業員のリストラはしたくない(今のスタッフで頑張りたい)

などなど、様々な葛藤がある。

現場のほう、特に、多目的ホールの貸し出しについては、
利用いただく団体の審査についていろいろな問題が発生している。
経営の視点で見るとリスクマネジメントの分野であるが、
大局的に見たとき、そんなに大きな問題ではない。
でも放っておくわけにもいかない。

こんな葛藤の中で、様々な経営者たちが生きているのだろう。
そこで、つまらない自分の欲に振り回された人が退場することになる。

自分を愛すというのは、そんな弱い自分も受け入れてOKを出す。
でも、その上で最高の意思決定をするということだろう。
意思決定のポイントは、情報は正確で十分か、
思考に論理性があるか、それを実施することにエネルギーがあるか、
最後は覚悟を決めるということだろう。

普段は、意思決定のプロセスの品質を感じて行うことは少ないが、
無意識のうちにそれが行われているのかもしれない。
でも、小さなことでも意識的に行うことが大切だと思った。

今日も自分を承認する。
自分の欲だけでなく、スタッフを大切にしたいと思っているね。
と言ってみた。

まだまだ、不満はいっぱいありそうだね。
と返ってきた。

この組織のリーダーとして、自分自身が責任を持つという
意思を感じて言いたいです。
今日もありがとうございました。

第554号:自分を思いきり愛す

今日はサポートアドバイザーの着任講習会だった。
早朝に家を出て、広島に向かい、なんとか中小企業大学校に着いた。
昼は講習を受け、夜は夕方の懇親会に出て、さらにある素晴らしき、
友人!?と一緒に流川で一杯やって、夜は大学校に宿泊した。

朝、スタッフへのメールを書いていて、一人でも多くの人と仲良くなる
という目標をもった。
その気分を持って高速道路に乗った時、なんか胸が躍るような気がした。
それと同時に、少しの不安が立ち込めてきた。

 ・自分で大丈夫だろうか
 ・相手にしてもらえるだろうか
 ・今までの自分が許されるだろうか

などなどである。
今までの自分の不徳の致すところというか、
その結果に対して自信のない自分がいた。

でも、わくわくという気分を信じて、自分の想いを口にしてみる。
左手で、右の首筋をつかみ、自分の熱い思いやあるがままの姿を思う。
自分の熱い芯の部分を感じてみる。

「自分を思い切愛す」という言葉が浮かんだ。

「お前は素晴らしい人だ。」
「お前はいつでも100%で生きているよ。」
「お前なら絶対にできる。」

と言い聞かせているうちに、ふと体が軽くなり、
穏やかな胸になり、得も言われない陶酔したような気分になった。
この気持ちでいつもいられたら、どんなに素晴らしいのだろうか。

よし、絶対に目標を達成し、快活に人を承認できる自分でいよう。
なんとなく、覚悟が決まって現場に臨んだ。

そうしたところ、本当に会う方会う方素晴らしい方ばかりで、
隣に座った、ITコーディネータの友人!?と結局飲みに行くことになった。

うれしい、うれしい、一日だった。
その他にも、なんらかのご縁でつながっている方と、
とてもよい時間を過ごすことができた。
ほんとに感謝である。
今度、大山と島根の魚が食べられる回転ずしにいこう!

今日も自分を承認する。
心から自分も他人も愛することができたね。
と言ってみた。

その感覚を覚えていて!
そして、自己矛盾を起こさないように、しっかり働き方を整えて!
と返ってきた。

出会いと縁の温かさを胸に感じていいたいです。
今日もありがとうございました。
また会いたいですね。

第551号:許してください

今日は押し迫った仕事をなんとかする日である。
何が何でもなんとかする日である。
できないと自分自身に駄目だというレッテルを張るくらい、
今日はやらなければならない日だった。

といいつつ、昨日は早く事務所を出た。
少しご飯を食べて、横になった瞬間に今日になっていて、
時間は早くも午前4時だった。

それから戦いが始まった。
家で少しやって、きりの良いところで事務所に行った。
事務所でやるとこれが大変だった。

ずっと電話がかかってきたり、スタッフの問題を解決したり、
来客があったり、何かと進まない一日だった。
こんな時を狙ったように、雑務の嵐となり、
首が回らないというのを絵にかいたような状態だった。

そして、結局、皆さんの協力のおかげで締切2分前に収めた。
ほっとした瞬間だった。
あまりにほっとして、事務所に帰ったのだが、
心がフワフワしていたせいか、スタッフとの呼吸も合わず、
早く退散することにした。

こんな自分を味わってみる。

経営者というより、自己中なフリーの仕事人という感じである。
時間がないというのをいいことに、ほかの人を振り回していたり、
終わって気が緩んでしまっている。

そんな自分を味わってみる。

 ・やりきったんだから、いいじゃないか
 
 ・もっといい進め方があるはずだ

大きく2通りの言葉が出てきた。
片方は、終わったという余韻と、自分を肯定的にとらえたい、
という気持である。
もう片方は、こんな時こそ、自分のやり方を見直して、
成長しようという考え方である。

やっぱり、後者を選択するべきだと私は思う。
大病を患ってしまったが、それより、スケジュール表を作って、
貼り出して確実に進めるようにしよう。
そうすれば、もう少しスムースに進められるだろう。

そして、夜のミーティングではインターン生のⅠ君が、
上司に怒られていた。
依頼されたことが全くできていないという内容だった。
ふとしたことから手帳を見ると、全く予定の消込ができていなかった。
手帳で一つずつ消し込んでいくように指導した。

「でも、難しーよなー」と思った。

今日も自分を承認する。
終わった解放感の中、冷静に自分を振り返ることができたね。
といってみた。

最近、自己観察が甘くなってきたね。
と返ってきた。

冷静に自己観察した上で、共に生きている人に言いたいです。
今日もありがとうございました。
いろいろ許してください。

第550号:必ずやりきるという約束

先日寝込んでしまったから!?
期限付きの仕事が溜まってしまった。
たぶん、完成はヘッドスライディングでぎりぎりセーフだろう。

今日は全く余裕がないので、このくらいにします。
体調もまだすぐれず、もう一息ですが、
鞭を入れて、共同の喜びを作りたいと思います。

今日も自分を承認する。
なんとかブログを書くことができたね。
といってみた。

そう、今日当社のⅠ君は、原付で雨の中、
ほかの仕事で時間もなっかったのに、
1日1営業、いや、3営業してくれた。
しかも、業種別に仮説を持ったり、
ミーティングでの意見を参考にしてである。
心から承認すると同時に、祝福したい気持ちがあった。

やりきる力が大切だと心から思った。

必ずやりますと、自分に約束しながら言います。
今日もありがとうございました。

第549号:マイマイでお仕事

今日は早朝ミーティングでスタートし、柳川教室、
そして、今月最後の保育園でのグループコーチングだった。
体調がすぐれないのと、仕事がはかどらないことのイライラが募る。

そこに持ってきて、決算整理中であり、
昨年度の不摂生が、解らないことを生みだし、
自分のボディにジャブのように効いてくる。

仕事中に、電話が入ったり、連絡を取る必要が発生したり、
進みたいのに進めないという、欲求不満感。
断続的に発生し、常に付きまとわれているようでもある。

実は、問屋町に引っ越してきて、初めて仕事場をマイマイにしてみた。
今は毎々の一番奥のコーナーの薄暗いテーブルに腰を掛けて、
隣に主婦グループと、背面のカップルの会話を聞きながら作業している。

パソコンに集中していると、意外に気にならない。
というか、このくらい音があったほうがどうやら集中できるようだ。
会社で飲むインスタントコーヒーよりも、のどにやさしい紅茶、
今日はアップルティーだが、リラックス感も高まる。

500円の贅沢であるが、気持ちを入れ替えて、仕事をするためには、
安い投資かもしれないと思った。

あっそれから、今日も保育園でのグループコーチングをした。
素直に受け入れられる人でいたいというある先生のコメントを思い出した。
私もそうありたいと思う。

今日も自分を承認する。
あまり変えることのない働く場所を変える工夫ができたね。
といってみた。

そのくらい、体調的にも精神的にもまいっているのかもね。
と返ってきた。

素直な自分の心の叫びを聞きながら言いたいです。
今日もありがとうございました。
今度は一緒に行きましょうね。



第547号:なんとか乗り切ったが・・・

今日は「病み上がり!?」の中、経営相談2件に取り組んだ。
なんとなく、のどに痛みを感じながらの仕事であったが、
自分なりに、顧客の声をしっかりと聴きながら対応できた。

それでも、時折、気が遠くなったり、耳が痛くなったりして、
大切なクライアントが不安になったり、不審に思ったりしないか、
とても心配になった。
ふとした拍子に、額に汗が出ているのに気が付いたりもする。

そんなこともあって、自分の状態が悪いことを伝えながら、
コンサルテーションを続けた。
そんな私を見て、「薬はどうですか?」とか、
「大変だったですね」などと優しい声をかけてくれると、
心の底から温かくなるような感じがして、うれしかった。

逆に、昨日の大変だった話をしているのに、
相手の方の大変だった話が出てくると、
聴いてもらっていない感じがして、なんとなく胸が苦しくなった。
(ごく普通のことで、別にそれが悪いということではありません!)

その感情を味わってみる。

 ・すごく大変だったし、今もこんなに頑張っているのに・・・
 ・なんか悲しく、脱力感を感じる
 ・解ってもらえない
 ・まあ、いいか
 ・この人の大切な話なんだな
 ・よし! 聴こう!

こんな感じで、心が動いていた。

今日の夕方は、スタッフの誕生会であり、ケーキを買って帰った。
帰りに薬が切れてしまうので病院によって診察してもらった。
事務所の近くの病院である。
夕方の時点で、またも37.1℃の微熱があった。

それまで、クラビットという抗生剤を飲んでいたのだが、
どうやら、クラビットに対する耐性を持った菌も生まれつつあり、
特に、一度クラビットを飲むと、体にいる菌を完全にやっつけないと、
この耐性菌は生まれてくるらしい。

新たにオーグメンチンという抗生剤を投薬してもらった。
アスピリン系の新しい薬で、まだ耐性菌は生まれていない
ということで、期待が大きく膨らんだ。
これで少しでも早く治るよう体調管理をしたいと思った。

今日も自分を承認する。
体調が悪い中でも、なんとか任務を果たすことができたね。
といってみた。

それも大切だけど、体のことを本気で考えたほうがいいんじゃない?
と返ってきた。

心と体が完全に整った状態で、気持ちを伝えたいです。
今日もありがとうございました。
体力作りもコツコツ始めますね。


第542号:魔法をかける

今日は早朝ミーティングで幕開けし、
保育園のグループコーチング、そして、経済リポート社の取材、
そして、夜は社員勉強会だった。

今自分に必要な力は、なんなのか・・・。
もっともっと問いかけたくなる。
本当に目の前の人が、一瞬でその人らしく、喜びを感じて生きている。
そんな魔法のような力がほしい。

もしそんな魔法がかけられたら何がしたいか・・・。

 ・喜びや感動を分かち合っている
 ・前向きな姿勢や、やる気と行動を引き出している
 ・あきらめることなく、勇気をもって前進している

このように書いてみると、自分の至らなさが身に染みてくる。

 ・相手の望みを十分に聞けていない
 ・自分の意見を押し付けている
 ・一緒に取り組む時間を取っていない
 ・魅力的なビジョンを描き伝えられていない
 ・明るく楽しい場づくりができていない

喜びの魔法は、自分が相手を信じ、
その気持ちや価値観を大切にすることから始まる。

そうだ、あの儀式をやろう。
それは、自分の感情と相手の感情を感じる宣言となる。
そして、それはすべてを感じるとることができると信じよう。

今日も自分を承認する。
心から喜びを共有したいと願っているね。
といってみた。

必ずやって見せる。
と返ってきた。

お互いに喜びの渦の中で叫びながら言いたいです。
今日もありがとうございました。



第541号:喜びあいたい

今日は、朝から顧問先での目標設定面談と、
午後からは、保育園でのグループコーチングだった。
そのあとの予定は中止となったため、
支援してきたブランドの売り場を視察に行った。

今日は特にグループコーチングが印象的だった。
最初はとても緊張した面持ちでスタートし、
一人ひとりが、なかなか自分を語りたがらない感じだった。

そんな中、その場への貢献を覚悟して、
自らクライアントを買って出てくれた方がいた。
最初は迷いながらいろいろな悩みを語っていく。
さらに、悩みの中から本当の想いを語り、
生き生きとしたエネルギーが動き始める。

みているだけで、とても愛しく応援したくなる。
そんな気持ちでセッションを終えたが、
そのほかのメンバーも、等身大の自分を語るその姿勢に、
非常に好感をもっているように感じた。

さらに若い先生のセッションを行ったが、
そこにいろいろなアイデアや経験が惜しみなく伝えられ、
素直にそれを受け入れる姿勢を見ていると、
ノウハウの伝承が進んでいるように感じた。

一人の前向きで積極的な姿勢が、グループ全体の前向きさを引出し、
それは、一人一人のエネルギーになっていく。
そんなリーダーシップを自分自身も発揮したいと思った。

今日も自分を承認する。
メンバーの想いをしっかりと聴ききることができたね。
といってみた。

もっともっと、聴ききって、もっともっと、素晴らしい時間を!
と返ってきた。

もうこれ以上ないくらい、自分のいる場を最高にして言いたいです。
今日もありがとうございました。
一緒にもっと喜びあいたいですね。
記事検索
プロフィール

ntcreate

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ