2007年01月09日

トピックス


●天皇賞春
   ダービー馬ソノベアルデバラン号が優勝
   ダービーに続いて2つ目のG1制覇。
   前人未踏の天皇賞春秋制覇へリーチ
   
   産駒も初年度からG1馬を輩出
   非常に優秀な成績を収めています。
   今期も更なる活躍が期待される種牡馬です。
   産駒数:42頭  

    3歳:30頭(桜花賞馬:フォッフォー号
    2歳:12頭
  
●安田記念
   ユメノフェニックス産駒のペコポンドリーマー号が優勝
   宝塚記念に次いで2つ目のG1制覇。
   産駒成績(G1勝利数)で見ると、リテイル産駒の12勝に並んでトップタイ

    <産駒別G1勝利数(市場馬除く)>
     リテイル産駒      12勝
     ユメノフェニックス産駒 12勝
     シーグライド産駒     8勝
     ランニングスタッグ産駒  8勝
     ベータプルメリア産駒   7勝

     ※詳しく調べていないので、間違っているかもしれません。

●2歳戦スタート
   ウミノリハク産駒が3勝と開幕ダッシュを決めてます
   産駒数:48頭

    4歳: 7頭
    3歳:10頭
    2歳:31頭

●本日(1/8)、勝利した良血馬

 ■ルールタビーユ号<福島2歳3 芝1000>
   父:クライベイビクライ(ファルコンS)
   母:モリノハートクライ(宝塚記念)

    ※同日の宝塚記念で母:モリノハートクライ号がG1初制覇
     まさに親子競演です

 ■タケシピンコ号<福島2歳6 芝1000>
   父:タケシノイルコイル   (七夕賞)
   母:モリノゴールデン    (日経賞)

    ※ちなみに父母ともにハンブルクC優勝しています
     子供にもハンブルクC頑張ってもらいましょう

 ■サイレントヘブン号<福島2歳8 芝1000>
   父:セイクリッドヘヴン   (全日本2歳優駿)
   母:プリクリチャン     (スイトピーS)

 ■メレンゲ号<阪神2歳5 芝1400>
   父:クラシックホース  (NHKマイルC)
   母:マドリディスタ    (CBC賞)

 ■キタノエレガンス号<阪神2歳7 芝1400>
   父:キタノテイオウ   (メトロポリタンS)
   母:タイガーキヨラ   (秋華賞)

 ■スコールヴォイス号<大井2歳1 ダ1200>
   父:ウミノリハク     (京王杯AH)
   母:スコールヴァレット(ゴールドウィング賞)

 ■スペアーボーン号<大井2歳2 ダ1200>
   父:スペアーリブ   (しらさぎ賞)
   母:ネリネ      (スパーキングレディC)


さて、明日は注目の新潟2歳(芝1600)
クラシック候補生が何頭かいるんでしょうね。
楽しみです。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ntctr286/51049953