最近、お四国より台湾に向かう回数が増している今日この頃です。
2018年は、四国入り1回、台湾入り3回と台湾勝ち越し状態。。。。

台湾のお大師信仰の痕跡を見に行ったりもあり、2018年12月に訪れた場所を綴ってみましょう。

台中。宝覚寺にある黄金色の弥勒大仏像。
1927年(昭和二年)まだ台湾が日本統治時代であった時に建立されたお寺だそうです。
ここに行ってみようと思ったのは、お大師さんではなく巨大な弥勒仏の参拝が目当てです。
お寺の由来などはほかのBLOGに譲るとして、
お仏像はこんな感じです。
1


ちと大きさが分かりづらいので、僕(矢印のところに立ってます)と比較すると
2

近くで見ると結構な迫力でした。

人里離れた場所でもなく、車、バイクがガンガン走る道路わきのお寺ってーのも、なんだか台湾っぽい感じがしてます。
下の写真、CGっぽいですが、お寺の外から眺めるとこんな感じです。
3


一度は訪れたかったので、実物を見れて満足でした。