2019年9月10日(火)

5時半起床、昨日までの疲れが大分残っている状態ですが、
今日は徳島駅前から高速バスに乗りJRなんば駅で下車、南海電車へ乗り継ぎ、高野山へ向かう予定です。

徳島駅前から6時半発の高速バス、阿波エクスプレス大阪号に乗り込み、まずは難波へ向かいます。

到着した難波から南海電鉄へ移動、窓口で「高野山・世界遺産きっぷ」を購入。
今日は、宿坊に泊まるので、難波ー高野山駅往復、高野山バス2日間有効の、この切符がリーズナブルでしょう。

11時過ぎに高野山ケーブルへ乗車しました。
ケーブルカーには外人さんが一杯。DSCN5347

11時15分、バスで奥の院へ移動。バスも超満員の状態。高野山、人気ありますね。
DSCN5350

20分ほどで、奥の院入り口に到着。
DSCN5352

DSCN5354

奥の院でお参りを済ませ御朱印もいただきました。これで満願成就です。(^^)。
さて金剛杖をお納めしようと思い、申し出ると、功徳がつまっているものだし、できれば持ち帰って、自宅に飾っていたほうが良い等々、いろいろ説明を受けて、結局持ち帰ることにしました。(持ってると、4巡目を回りそうですが(^^;))
ちなみに2巡目のころは収めるのは無料でしたが、現在は¥1.000円の奉納料がかかるということのようです。

この後は金剛峯寺に出向き、そこでも御朱印をGET、せっかくなので高野山 霊宝館も見学。
たまたまですが、第40回高野山大宝蔵展が開催されており、普段は拝めない仏像やお大師像を見させていただきました。
他にも見どころはいろいろあるのですが、何回か見学したことがあるし、疲れもたまっているのでパス。
3時過ぎに、予約していた持明院へチェックイン(じゃらんで予約)。
DSCN5358

お風呂は4時からということだったので、とりえあず横になってしばし休息。
4時にお風呂へ、外人さんの先客がおり、ハローと一声かけてまったり湯につかりました。
お風呂上がりに部屋の様子撮影。一人で泊まるには広すぎですが。
DSCN5359

部屋から眺めるきれいな中庭です。
DSCN5360

夕食は6時でしたが、ちょっと早めに配膳されました。部屋に学僧さん(だと思う)が運ぶ形式です。
DSCN5361

2の膳の夕食
DSCN5362

「長寿箸」、割りばしで使うのは勿体ないような立派なお箸です。
DSCN5363

夕食は2の膳で、1泊2食付きで税込み¥10,800円也でしたので、高野山の宿坊では安価なほうかもしれません。なお、食事は精進料理です。ちなみに、あと2,000〜3,000円ほどプラスで夕食が3の膳付きになるみたいです。
食事の後片付け、布団の準備もやっていただきました。
9時には就寝。明日は、特に予定はなくそのまま帰宅です。

2019年9月11日(水)
いよいよ今日が最終日です。
6時起床。6時半から本堂で朝の御勤めに参加しました。
20名ほど参加者がいらして、7〜8名は外人さん。
30分ほどの読経で終了、法話は特にありませんでした。

部屋に戻ると朝食の準備が整えられています。
DSCN5365


食事を済ませ、しばしの休息後チェックアウト、玄関わきに立てかけておいた金剛杖を見ると。。。。
DSCN5367

きちんと、足元が洗われ、しかも布巾を敷いていただいてました。これには感激です。
玄関わきに置いておくのは少し気になっていたのですが、ここまで配慮していただき感謝です。

帰りの飛行機まで少し時間に余裕はあるのですが、疲れもたまっているので、そのまま関西国際空港へ向かいます。

関西国際空港で。
大阪ならやっぱたこ焼きですよね。マイルールで、お遍路中はお酒を飲んでいないので、久しぶりのビールもめっちゃうましっ!!。
DSCN5371


自宅でブログを更新していると、これまで取った写真を再確認したりで、いろんな経験が思い出されます。
正直、3巡目が少し残ってるってのが気になりつつも、なにがなんでも終わる気合もなく月日が過ぎ、行こうと思うと腰を痛めたりで、ズルズル先延ばしになってましたが、体調も良くなり休みもとれたので結願しようといった状況でした。
ですが、結願しようと思ったこと自体がお大師さんに呼ばれたのかな?とも感じますね。
今のところ今後のことは未定ですが、とりあえず、10年以上も健康に続けてこれたことに感謝。

南大師遍照金剛。