<当ブログにおけるネトウヨの定義>
日本人ということが主なアイデンティティであり、国家の幸せと自分の幸せを過度に同一化する人をいう。

詳しくはコチラ↓
http://blog.livedoor.jp/ntuy_hyakka/archives/16784496.html

<募集>
「元ネトウヨの告白」「私の家族はネトウヨです」シリーズに投稿いただける方を随時募集しております。
http://blog.livedoor.jp/ntuy_hyakka/archives/11058884.html

<コメントをされる方へ>
・コメントされる際はハンドルネームを設定してください。
「名無し」「あ」「(空白)」などはご遠慮ください。

・攻撃的、侮辱的な内容、個人への誹謗中傷、記事に無関係な内容を含むコメントは禁止しております。見つけた場合は、削除の措置をとらせていただきます。

<ネトウヨ分裂!? 日本第一党支持者VS安倍支持者>

ここ最近ネトウヨアカウントが急激に増加している。

皆さんも何となく察しが付くだろうが、東京都知事選に日本第一党の桜井誠党首が立候補しているからだ。

前回の立候補時もネットでは相当盛り上がったらしいが、今回も相当盛り上がっている。

定期的に桜井誠応援デモが行われ「#桜井誠を東京都知事に」というハッシュタグがTwitterトレンドに上がる。

普段は安倍応援団ことアベシンジャーのほうが目立っているが、選挙期間中は日本第一党支持者をはじめとする元祖ネトウヨ(当ブログでは古典右翼と分類している)の動きが活発だ。

 

24日にネトウヨ界隈を騒がせる大きな出来事があった。

桜井誠氏による虎ノ門ニュース抗議デモである。

事の発端はビジネス右翼(ビジウヨ)である上念司氏が桜井誠氏に「ヘイトスピーチをする馬鹿右翼」と挑発したことから始まった。これに桜井誠氏が抗議をしに行ったというのが経緯になる。

 

24日の虎ノ門ニュースを見ると、上念司が桜井誠氏の公約を「うんこみたいな政策」と揶揄したり、虎ノ門ニュース側が朝日新聞や毎日新聞の記事を引用して桜井誠氏がいかに酷いヘイトスピーチをしてきたかを紹介している。

 

直接言論で勝負しない上念司氏や、普段は内容が偏向していると批判している朝日新聞や毎日新聞を引用して桜井誠氏を攻撃した虎ノ門ニュースに対して、日本第一党支持者であるネトウヨさんは幻滅し、大激怒。

「似非保守番組」「極左番組」と言いたい放題である。

虎ノ門ニュースと言えば、数少ない右系番組としてネトウヨさんから人気を誇っていたが、今回の件を機に、視聴者を辞めると宣言するネトウヨさんが大量に出てくるという結果になった。

しかし、アベシンジャーの皆さんは違うようだ。

元々桜井誠氏を嫌う人も多く、今回のことは「桜井誠氏が悪い」「擁護する支持者が気持ち悪い」と批判している。

これによりアベシンジャー系と古典右翼系の間に溝ができてしまっている。

 

ネトウヨ界隈をあまりよく知らないパヨク側はこれを内ゲバと揶揄しているが、これは内ゲバではない。彼らは元々そこまで仲が良いわけではない。

熱狂的な日本第一党支持者は反安倍であるし、熱狂的な安倍支持者は国政に出ていない日本第一党など相手にもしないという感じなのだ。

 

今回の都知事選、小池百合子氏が当選するのはほぼ間違いないだろう。

ほとんどの人がそれをわかっている中、最後まで桜井誠氏を必死で応援する古典右翼系のネトウヨさんたちと、「泡末候補は応援しない」と冷めた目で見ているアベシンジャー系のネトウヨさんたちの違いに注目するとネトウヨウォッチは面白い。





世間では吉村知事の人気急上昇!一方ネトウヨ界隈では!?

最近、日本維新の会(以下、「維新」と呼ぶ)の支持率が上昇傾向にある。中でも、吉村大阪府知事の評価が世間では爆上がり中だという。新型コロナウイルス感染症対策を先導切って行う頼りになる吉村知事、医療関係者に給付金を配布すると宣言した心優しく行動力のある吉村知事。

こんな風に支持者には見えるのだろう。

 

一部では次期総理大臣は吉村知事にという声も叫ばれているようだが、ネトウヨさんはこれに対して冷ややかである。

維新といえば、ネトウヨさんが自民党の次に支持する政党として人気は根強かったが、一体どうしたというのだろうか。

彼らの反応に答えがある。

反維新

一言でいうと、彼らはマスコミが持ち上げる政党や人物を信用していないのだ。

ましてや、自分たちが熱狂的に支持する安倍政権(自民党)の立場を脅かす存在は敵でしかない。

彼らにとって立憲民主党や共産党などの野党も敵ではあるが、こちらは明らかに支持率が下がっていて、今や脅威でもなくなったらしい。吉村知事のように一般ウケしやすいタイプ(無党派層を取り込めそうなタイプ)の方が要注意なのだ。

一時希望の党を設立した小池東京都知事がマスコミにもてはやされていた状況と酷似するとネトウヨさんは警戒している。

 

安倍一強という虎の威を借る狐であるネトウヨさんは今、維新という新たな敵に立ち向かっているのである。



元ネトウヨの告白 ~R氏(30代前半・女性)の場合~

久々の「元ネトウヨの告白」シリーズになります。

彼女がネトウヨになったキッカケ、そしてネトウヨを卒業したキッカケに注目です。


R氏(30代前半・女性)の場合
 

①ネトウヨ期間(年齢)

2433

 

タイプ(ネトウヨ(ネトウヨ分類についてはコチラ

アベシンジャー

 

ネトウヨになったきっかけ

私の場合は韓国ブームがきっかけでした。ちょうどその頃はテレビも韓国関連番組ばかりだったし、どの番組にも必ず韓国人が出ていました。日本で人気のある韓国人を調べると、必ず「反日」と書かれてあることについて、「何故?」と言う疑問が沸き上がったんです。それから韓国人関連のことを、ネットで夢中で調べるようになっていきました。在特会やチャンネル桜のことを知り、その頃から自分の中で朝鮮人=反日と思い込む下地のようなものが出来上がってきた頃でした。
丁度その時期は民主党政権の頃だったんですが、チャンネル桜に出ている人達が、民主党の議員は殆どが反日朝鮮人だから、韓国に甘いんだと言うことを言っていたので、そう言う論調にどんどん洗脳されていきました。

 

④具体的な行動

お気に入りのブログは保守速報。その他の所謂保守系と言われるまとめ系サイトや嫌韓系ブログへの書き込み。日本は本当は凄いとか凄かったと言う動画(今思えばJ-NSCが作成したものだと思います)、大東亜戦争はアジア解放の戦いだったと言う動画や、海外の反応(日本、日本人すごいと褒め称えられている内容のもの)そういうブログや動画を見ていました。そういうブログや動画を見ていると劣等感から解放されて、日本人に産まれてこられただけで凄く素晴らしいことなんだと思えてきて、ツイッターのプロフィールにもそう言うことを書いていました。
お気に入りの保守系論客は安倍さんヨイショの元某外交官。安倍さんを反グローバリストの真の保守派だと褒め称えていました。そう言う本も読んでいました。
民主党政権の末期になると、人権委員会設置法案と言う法案が閣議入りして、その法案が通ると在特会などのデモが出来なくなったり、韓国の悪口を言うと逮捕されたりすると聞いたので、頻繁にその法案に対する反対ファックスを送ったり、反対派の議員に阻止してくれるようメールを送るなどの活動や、反対の署名を拡めたりもしていました。
その後の活動はもっぱらツイッターでした。安倍政権に厳しい共産党も嫌っていましたし、J-NSCなどのフォロワーさんもいましたが、私はバイトではなく個人的にネトウヨ活動をしていました。よく見ていた保守系ブログにツイートが何回も取り上げられたりしたこともありました。

 

⑤ネトウヨを卒業したきっかけ

安倍政権が発足してから、とても嘘が多いことが段々気になってきました。一番やって欲しくなかった移民政策も始めるし、終戦記念日には侵略戦争のお詫びなど…裏切られたような気分になってきました。
当初は居心地の良かったネトウヨの世界にも違和感を感じるようになっていきました。頻繁に韓国と韓国人のことを悪く言ってますが、その悪く言っている韓国人とネトウヨがそっくりだと感じるようになっていったし、ネトウヨは保守を自称してますが、実はあまりはっきりとした思想は無くて、政治も歴史も無知で疎いのです。
ネトウヨ界では絶対的な安倍政権ですが、反対勢力と言われる左翼からは外交の安倍と言われているけど、何も成果は上げて無いと言われたときに、確かにそうだと思いました。
TPPに反対だったのに、いつの間にか真逆のことを言い始め、尖閣防衛のために先島諸島に自衛隊を配備する話しも、いつの間にか無くなっていて、段々安倍さんを信用出来なくなってきた頃に、ネトウヨにも不信感を抱くようになって行きました。
ネトウヨが安倍さんを庇うときに使うテンプレも、本当のことか疑わしく感じてきて、知識があれば安倍さんがどういうことをやってきたのか分かるようになるのではと考え、政治、経済、歴史を勉強し始めたのが1年前。勉強した結果、安倍政権がやっていることは自国民蔑ろの新自由主義政策と売国だと言うことに気づいたのです。その事に気づいたら韓国人のことは気にならなくなって行きましたし(今では申し訳無い気持ちでいっぱいです)何があっても安倍さんを褒め称えたり擁護したり、何も知らないで盲信しているネトウヨを気持ち悪く感じるようになっていきました。このままでは自分のためにも、周りのためにもよくないとネトウヨ垢を削除しました。こうして私は脱ネトウヨしました。

 

⑥現在の政治思想

反緊縮中道左

 

⑦現ネトウヨへメッセージ

早く目覚めましょう。売国政権を支持することは、売国の手伝いです。他の支持してない人達にも迷惑をかけています。

 

<管理人のコメント>

10年間ネトウヨだったという彼女。
キッカケは今やネットに溢れているネトウヨ系の情報を鵜呑みにしてしまったことでした。

本当は誤った情報なのに、「自分は一般人よりも真実を多く知っている」そう思ってしまうのが、ネトウヨ系情報の怖さです。

また、彼女は海外の反応をはじめ「日本すごい」ネタにハマり、劣等感から解放されていたとも告白しています。

別に自国をすごいと思うことはいけないことではありません。但し、それによって他国を差別するようなことがあってはいけないと思います。

彼女は政治、経済、歴史を勉強することによって、ネトウヨ系ブログでまとめられた情報ではなく、きちんと自分で考えるということができるようになったのだと思います。

あとはネトウヨを卒業した反動で過激な左翼(いわゆるパヨク)になる人もいるので、そこに注意いただければと思った次第です。





最新コメント
掲示板リアルタイム
掲示板
コチラでは、当ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。


プロフィール

ネトウヨ研究会名誉会長

心理学研究を趣味でやってます。
ネトウヨを様々な角度から考察しています。

お問い合わせ

名前
メール
本文