ネトウヨ大百科

ネトウヨ研究の成果をまとめています。

■当ブログでは、ネトウヨの定義を「日本人ということが主なアイデンティティであり、国家の幸せと自分の幸せを同一化しすぎている人」としています。

(※当ブログ記事の内容はあくまでネトウヨの傾向を説明するもので、全てのネトウヨに当てはまるとは限りません。)

■ネトウヨだった方の体験談を随時募集しております。

<コメントをされる方へ>
攻撃的、侮辱的な内容、個人への誹謗中傷を含むコメントは禁止しております。
見つけた場合は、削除の措置をとらせていただきます。

独占インタビュー with アダルトマン将軍 Part1

私がアダルトマン将軍と出会ったのは「ネトウヨ春のBAN祭り」が全盛期だった頃である。

ネトウヨ春のBAN祭りとはYouTubeにあるヘイト動画を運営側に通報していく活動のことだが、保守系の動画のみを組織的に通報していくやり方に疑義を持った1人の男性がいた。
それが“アダルトマン将軍”である。
なぜ彼がアダルトマン将軍と呼ばれることになったのか。
それは話せば長くなるので、詳細は
コチラを読んでいただきたいが(※なんと将軍お墨付きである)、アメリカのYouTubeフォーラムにてこの件を抗議する際、自分のことを「I am a Japanese general adult man」と名乗ったのが発端である。彼としては「私は日本の一般的な成人男性です」と伝えたかったのだが、文法と単語の両方が微妙に誤っていたため、語感の面白さもあって「私はニッポンの、アダルトマン将軍だ。」と訳されてしまった(※本当は“adult man”ではなく”Adultman”とならなければ、このような翻訳にはならないが・・・)。
この話は瞬く間にネット上を駆け巡り、彼はアダルトマン将軍という称号を手にしたのだった。

 

私はアダルトマン将軍がどんな人物かを知りたかったため、さっそく彼との接触を試みた。

わざわざアメリカのYouTubeフォーラムに抗議をするくらいなので、アグレッシブな人物かと想像していたが、意外にも穏やかで話しやすいタイプだった。

メインで話したのは、なぜYouTubeに抗議したかということだった。

彼の意見をまとめると次のようになる。

 

■ヘイトスピーチに該当しないものまで削除されているのではないか(運営側が機械的に処理しているだけではないか)


■動画投稿者がせっかく作ったものをゲーム感覚で通報して削除させるというのは誤っている


■韓国人が日本で犯罪を起こしているから、これを叩くことはヘイトスピーチではなく正当防衛である

 

彼がかなりの嫌韓ということもあって話が平行線になることもあったが、理解してもらえる部分もあり、私達は政治を含め様々なトピックについて議論した。

ここ数ヶ月疎遠になっていたが、ふと彼がどうしているのか気になったので、連絡をした。

ネトウヨを題材としたブログをやっていること、そしてインタビューをしたい旨を告げると、快く引き受けてくれたのだ。

 

そこで今一度、アダルトマン将軍である彼に、誕生秘話から最近の時事問題に至るまでをインタビューし、その内容を全2回でお届けする。

 

 

 

 

 

  

<アダルトマン将軍とBAN祭りを振り返る>

管理人:それではよろしくお願いします!

 

将軍:よろしく~

 

管理人:ブログは読んでくれました?

 

将軍:「ネトウヨはなぜ仲間割れしないのか」って記事は読ませていただきました。

共感する部分もあればそうでない部分もありました。自分はサポート制度みたいな部分は、あんまり覚えがないですね。

 

管理人:感想ありがとうございます。ところで聞いてみたかったんですが、将軍は自分のことネトウヨだと思ってるんですか?

 

将軍:それは見る相手次第によっても変わるから。個体識別できていない相手にはネトウヨって呼ばれることが多いし、別に自分もそれで構わないので。私は自覚があってやっているので、何と呼ばれようが別に何にも困ることはありませんよ。

 

管理人:了解しました!“アダルトマン将軍”という言葉が誕生してから、すごく注目されるようになりましたよね。ご自身ではどう思ってるんですか?

 

将軍:最初、自分の動画に「アダルトマン将軍に挨拶する」みたいなコメントがついて、何のことかと思っていたんだけど、

あー、もしかしてあれか?あれなのか? 一般的な成人男性・・すなわち 「generaladult man」のあれか?と気が付いて。

まあ、笑いましたね。なんか自分の知らないところで、話が広まってることも分かって。

ツイッターにやってくる人もちらほら。それなりに面白いハプニングだったと思いますよ。

だけど無関係の人が、アダルトマン将軍を名乗っていたり、そういう部分では不服はありました。

お前偽物だろーって(笑)

 

管理人:確かにたくさんいましたね!とゆーか未だにいる(笑)

アダルトマン将軍誕生のキッカケは、アメリカのYouTubeフォーラムに抗議しに行ったことですよね。本当にあの行動力には驚きましたよ。

 

将軍:別にアメリカ本社に殴り込みをかけたわけでもないし大袈裟ですよ(笑)

 

管理人:でも日本人って事なかれ主義が多いじゃないですか?自分の動画が消されたわけでもないのに抗議するってなかなか行動力あるなと思ったんですよ。抗議しようと思った1番のキッカケは何だったんですか?

 

将軍:一度にたくさんの動画が削除されたことに、違和感を覚えたのが始まりです。

各動画を逐一チェックするには膨大な時間がかかるはずなのに、あまりにも削除されるスピードが速かったので、クレームをいれる人が何人かいれば、面倒なので一括で削除していっているのではないか?と疑念を抱きました。もしそういう方法をYouTubeで認めてしまっていたら、今後も偏った思想のクレームに配慮しすぎて、公平性を欠く内容の動画サイトになってしまうのではないかと思い、できない英語を使って書き込みをしました。

 

管理人:私が半年前に将軍と話した時には、「動画投稿者がせっかく作ったものをゲーム感覚で通報して削除させるというのは誤っている」とも言っていましたよね。

 

将軍:それもあります。でも一番大きなキッカケというと先程の話になりますね。

 

管理人:あと、ヘイトスピーチは正当防衛とも言っていましたよね。その辺をもう少し詳しく教えてもらえますか?

 

将軍:韓国や中国で愛国無罪だとか言って日本の社屋を襲って略奪したり、日本人相手だから理不尽なことしてもいいって本気で考えている人もいる。そういう人を相手に何も言い返さない、もしくは相手に弱腰だと思われる言動しか取れないと、相手をつけ上がらせるだけです。

だから仕方がなくヘイト(お前らのことは嫌いだ)というメッセージを使うんです。この権利を封印してはいけないと思います。

 

管理人:ネトウヨさんと話してて気付いたのが、ヘイトスピーチの定義を理解していない人が多いということです。

念のためですが、ヘイトスピーチは「人種、出身国、宗教、性別、容姿など、自分から主体的に変えることが困難な事柄について、差別的な意図をもって貶め,攻撃する言動」と定義されています。

個別の事案(例えば犯罪とか)について批判するのは問題ないですよ。問題となるのは韓国人という民族で一括りにして侮蔑発言をすることですね。

 

将軍:でも今でいうと徴用工の問題がアツいわけだけど、ニュースレベルの知識を持っていれば、韓国人ってよほど自縄自縛していることに気が付かない民族だなって思う人は多いと思います。

 

管理人:思うのは自由ですよ。しかし、差別的な意図をもって侮蔑発言をするのは法律で禁止されているわけです。

 

将軍:過激なサヨクは日本人が少数派に文句を言うのはアウトっていう具合の定義なんですよ。

相手が日本に言うのはいいヘイトなんてよく言われる話。

 

管理人:ヘイトスピーチの定義が人によって解釈が異なるのは問題かもしれないですね。法務省が具体例を提示してるので、参考にしてみると良いと思います。

究極をいえば、民族関係なく、自分が言われて嫌なことは言わないってことが基本だと思います。「キムチ臭い」とかダメですよね。

 

将軍:その通りだけど、使わざるを得ない相手や状況もあるから必要悪だと思っています。海外に行っても群れて騒いでキムチを食べまくっている韓国人は、そう言われてもしょうがないのかなと思う。

 

管理人:そんな人います?

 

将軍:中国人や韓国人は海外に出かけても群れて行動するパターンが多いみたい。移住にしても固まって住むし。

 

管理人:それってネットの情報ですよね?自分が何かそれで迷惑を掛けられたわけじゃないのに、なぜ叩くのかが分からない。韓国人が嫌いという結論ありきで、何か攻撃できる材料を探しているとしか思えないんですよね。

 

将軍:まあね、否定はしないけど。でもそれは安倍首相に関連するものにアレルギー反応を示して、なんでも安倍のせいにする人にも自覚してほしいです。

 

管理人:アベノセイダーズ?(笑)

 

将軍:晋三病とかもうまいと思った(笑)

 

<日韓関係(徴用工、BTSついて)>

管理人:さっき少し話に出てきていた「徴用工」についてはどう考えています?ネトウヨさんたちを観察していると、「断交」って叫んでいる人が多いですけど。

 

将軍:個人的には、「政府は断交も辞さない構え」的な報道があってほしいです。今の韓国は日本が何もしてこないと思って、なめ切っているので。

 

管理人:私は断交には反対ですけどね。結局あちらにも過激な右翼がいて、そこがクローズアップされているんだなーと考えれば少し冷静になれます。

 

管理人:BTSについてはどうでしょう?

 

将軍:BTSというか、韓国のアイドルグループは国政としての反日ステルスプロパガンダを内包しているように感じます。

「きのこ雲をPVに入れてやったのにあいつら気づきもしねえ・・全く笑えるぜ」なんて笑われているんじゃないかな。

 

管理人:あれネトウヨさん騒いでたけど、ホントにきのこ雲なんですかね?(苦笑)

 

将軍:いくつかの動画にありましたね、きのこ雲的なモノ。

 

<外国人労働者受け入れ拡大について>

管理人:外国人労働者受け入れ拡大についてはどうですか?ネトウヨさんの中でも意見が割れているようですけど。

 

将軍:人口ピラミッドの移行状況をみれば、どの政党だって日本の将来を考えたら外国人を受け入れしなきゃいけないっていう結論になると思うんですけどね。ただ、どんな国にだってあるようなスパイ防止法くらいは先に欲しかったなあ。

 

管理人:なるほど。入国管理”局”から”庁”に格上げになって、就労環境の改善、不法滞在の取り締まりがどの程度改善されるかを注視していく必要がありますね。

 

将軍:日本って一神教徒わずかだし、緩衝地帯として宗教の寛容さレベルをさらに上げられれば、有能な人材が得られやすくなる気がするなあ。

 

管理人:リベラルな考えですね(笑)





<続く・・・>


※アダルトマン将軍への根拠のない誹謗中傷は禁止します。ご理解のほどよろしくお願い致します。

海外経験があればネトウヨにならない!?

ネトウヨといえば、行ったことがない国でも、まるで行ったことがあるかの如く語る。

特に韓国についてはそれが顕著であるが、実際はまとめサイトから得た情報や韓国のネトウヨとレスバトルした体験をもとに「韓国は〇〇」「韓国人は〇〇」とレッテルを貼っていることが多い

(どこの国にもネトウヨは存在し、過激な人たちはネットでヘイトスピーチを撒き散らしているので、韓国のネトウヨと接すれば印象が悪くなるのは当然である。)

 

そんな偏見を持ったネトウヨについて「海外へ行ったり、海外の人と接した経験がないから排外主義になるのだ」と考える人もいる。

確かに海外経験は見識や視野を広げてくれると思うし、実際に嫌韓だったネトウヨさんが韓国へ行ったり、大学で韓国の友人ができたことがキッカケで、ネトウヨをやめたというケースはある

しかしその一方で、海外経験がありながらもネトウヨになる人も存在する

uyop
 


私は「海外経験があればネトウヨにならない」という考えには懐疑的で、むしろ海外経験がキッカケでネトウヨになる場合もあると考えている。

ほとんどの日本人は普段の生活で「自分は日本人だ」と意識することはほとんどない。なぜなら私達は、日本の文化や慣習の中で長年暮らしており、周りも日本人であることがほとんどのため、人種や国籍よりも自分がどういう人間かという内面を意識するからだ。

しかし海外に滞在している時は別だ。入国審査でパスポートを出す時、現地で過ごす時、現地の人と会話をする時など、様々な瞬間で、自分のアイデンティティの中にある「日本」を意識することになる

 

そして、私達は良くも悪くも「日本」がどう思われているかを感じる場面に出くわすことになるが、この時アイデンティティの中に存在する「日本」を攻撃されると、防衛機制が働くことになる

では、海外でアイデンティティが脅かされるケースにはどのようなものがあるのか。

ここからは当ブログの読者で、海外に滞在した経験がある人の体験談を紹介しよう。

 

『海外に滞在すると、韓国人に歴史問題を言われることがあります。正直、良い気分はしませんね。
留学経験のある日本人に聞くと、そういう韓国人は一定数はいるようです。
もちろん言わない韓国人の方が多いですし、他の韓国人が「もうやめなよ」と声を掛けているところを見たことがあります。

日本が韓国を支配して非道なことをしたのは事実なので、それを認めなければいけないのは分かっているのですが、日本人というだけで責められるのはとても辛いです』


『アメリカの学校の歴史授業では、湾岸戦争や原爆投下のことで嫌な思いをする日本人も多いです。
湾岸戦争については日本の非軍事参加を批難され、原爆投下については戦争を終えた正しい行為として教えられ、日本人の子供は辛い思いをします。
また、事あるごとに日本人代表として意見を求められ、まともに答えられない経験も苦い思い出になるようですね。

こういった苦い経験が恨みとなって、歴史修正主義に陥る人は多いと思います。』

 

この体験談にあるような歴史問題で嫌な体験をした場合、防衛機制が歴史修正という形で現れることがある。

防衛機制と一口でいっても様々な種類があり、例えば「知性化」で処理される場合は「国によって歴史認識が違うのだから仕方がない」と割り切る方向に考えるが、「否認」「合理化」で処理される場合は「本当の歴史は違う」と歴史修正主義になることがある。(ちなみに、「反動形成」で処理される場合は「日本は本当に悪い国だ」と過度に批判する行動に出ることになる)

 

また、歴史問題以外にも、日本人差別が引き金になる場合もある。残念ながら、欧米などでは未だ日本人差別(アジア人差別)が根強く残っている。この場合もケースバイケースで、「昇華」として処理される場合は「ビジネスで成功して見返してやろう」と世間的に評価されるように努力する方向に動くが、「置き換え」で処理される場合は違う人種(例えば韓国人)を差別する行動に出ることがある

 

どのような形で自己防衛するかは、その人の自己肯定感が影響してくる

自分の良い部分だけでなく悪い部分も肯定的に受け止められるかどうかは、アイデンティティの一部である「日本」に対しても通ずるものがある。そしてこれが盤石であれば、他人から否定されようとアイデンティティが大きく揺らぐこともないのである。

 

海外へ行き、アイデンティティの中にある「日本」を意識した私達は、自己肯定感の強さを試されることになるのだ。

 



ネトウヨはなぜ仲間割れしないのか

「ネット左翼は内ゲバが多い」というのは有名だが、これは本当だと思う。

私はネトウヨをテーマにしたブログをやっているせいか、ネトウヨさんから警戒(?)されており、メインのアカウントでは左界隈の人たち(いわゆるネット左翼)と交流することが多いのだが、確かに左界隈は内ゲバが多い。

内ゲバといっても、昔あったような暴力的な抗争ではもちろんなく(笑)、意見の食い違いで対立、仲間割れすることである。

左界隈は多様性を尊重するだけあって、イデオロギーも幅広いため、内ゲバが起こっても何ら不思議ではない。

 

むしろ政治のカテゴリーで活動するのであれば、様々な意見が飛び交う方が健全ではないかと思うのだが、驚くことに右界隈では内ゲバというものをほとんど見かけない。あるとしてもビジウヨ同士が小競り合いをしているくらいだ。

右界隈でも、日本第一党支持者は自民党に否定的だったりと、対立が起きてもおかしくない土壌はある。

ネトウヨはなぜ仲間割れしないのだろうか。

 

この疑問に対する答えは、実際に右界隈に属してみるとよく分かるが、一言でいうと、右界隈はムラ社会的なのだ

ムラ社会とは、有力者を中心とした序列構造が存在し、昔ながらの秩序を保った排他的な社会をいう。
右界隈は、フォロワー数や発言力などの観点から階層別になっている

上層は、フォロワーが1万を超えた影響力の大きいアカウントで、その界隈では誰もが知るような有名アカウントが君臨する。

アカウントによって思想は異なるので、比較的考えが近いアカウントをフォローしていくと、そこから交流が広がっていく。新入アカウントが上層アカウントと交流するチャンスはほとんどなく、中堅や若手と交流することが大半だが、この層が新入アカウントに懇切丁寧にネトウヨ界のイロハを教えてくれる。

 

これは私の実体験であるが、フォローすると何名かがDMをくれて、フォローのお礼と共に、保守系ブログの紹介や「一緒に日本を守っていきましょう」という共闘宣言、「パヨクに絡まれた時は助けに行きますので呼んでください」といったなんとも頼もしいメッセージをもらうことができる。

意外とこの面倒見の良さに懐柔されてしまう人は多い。

この面倒見の良さは彼らの長所だと私は常々思っているのだが、彼らは自分の仲間だと思った人に対しては本当に優しい。

何かと構ってくれる仲間の存在は居心地を良くしてくれ、気づいたらムラ社会の一員となっていて、仲間意識や帰属意識が生まれる。

 

ntuy11


それでは、右界隈の派閥同士はどうなのか。

日本第一党支持者が自民党や安倍政権を批判しても、彼らは「パヨク」「反日」と呼ばれることは基本的にない

これは支持政党や思想が違っても、概ね利害関係が一致しているからだ。

例えば、憲法改正は今彼らにとって1番大きな目標で、これを阻む勢力は共通の敵である

また、日本第一党支持者は国会議員を輩出していないので、憲法改正に関しては安倍政権に望みをかけるしかないし、自民党支持者にとっても敵対するメリットがない。

 

ヘイトスピーチに関してなかなか自浄作用が働かないのも、実は利害関係が一致しているからだ。

ネトウヨには極端な嫌韓中でヘイトスピーチをするタイプヘイトスピーチはしないが野党やマスコミを反日認定するタイプがいる。しかし後者が前者を諭すことはほとんどない。それは野党やマスコミが反日なのは、在日が多く存在していると考えているからで、彼らも内心は嫌韓中で利害関係が一致しているのだ。

 

ムラ社会的な構造はデメリットも多くあるが、これがネトウヨの仲間割れを防いでいるということもまた事実なのである。




 

最新コメント
プロフィール

ネトウヨ研究会名誉会長  名乃 未来

愛国心をわざわざ表に出さない日本人。
ネトウヨ研究会名誉会長。
ネトウヨを心理学の観点から分析しています。
@omoshiroE_Labo

メッセージ

ブログで取り上げてほしいことなどありましたらお気軽にどうぞ。

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード