当ブログはネトウヨを研究対象としているが、ネトウヨを語る上でネット左翼(以下、ネトサヨという)との関係は切っても切り離せないものである。ネトウヨとネトサヨは互いのカウンターとして存在しているともいえるからだ。

 

今後ネトサヨについても語る上で、理解していただきやすいように簡単な勢力図を作成した。ネトウヨとネトサヨの分け方は、他者からどう見えるかを基準にしており、実際に右派か左派かは考慮していない。実はネトウヨと言われる人の中にも左派はいて、その逆も然りである。判断の基準は主に“安倍政権を支持しているかどうか”、“排外主義かどうか”で、勢力図についてもこれを軸に作成している。

 
ウヨサヨ勢力図


それでは図の解説をしていく。

当ブログではネトウヨを4つに分類(アベシンジャー系古典右翼系ミソジニスト系自称リベラル系)しているが、対立構造が分かりやすいようネトサヨについても反安倍系、アベノセイダーズ系、反差別系、フェミニスト系の4つに分類した。ネトサヨはネトウヨよりもいろんな思想が混在しているため、実際はもっと細かいのだが当ブログはネトサヨがメインではないのでご理解いただきたい。

 

【反安倍系】

共産主義者が多いが右派も存在しており、支持政党も立憲民主党、共産党、無党派など様々である。基本的に自民党の政策や安倍総理の言動を全否定するのが特徴である。中にはアベシンジャーのように支持政党の党首を妄信的に支持する者もいる。

 

【アベノセイダーズ系】

反安倍系が過激化したもので、北朝鮮のミサイルから自然災害(人工地震説、気象兵器説)まで安倍総理の意向で行われたという陰謀論を展開するのが特徴である。あまりの過激さにネトウヨやノンポリからは嘲笑の対象で、さらには反安倍系からもドン引きされていることがある。

 

【反差別系】

主に民族差別に対するカウンター活動を行っており、デモに参加するタイプやネットのヘイトスピーチを取り締まるタイプなど幅広く存在する。LGBTや障がい者支援などにも関心を持つ人権派。イデオロギー的には極左~左翼が多く、嫌日思想が強い。

 

【フェミニスト系】

政治クラスタ内で女性差別の撤廃を目指す活動しており、ネトウヨのミソジニスト系と激しく対立している。また、範囲がイラストなどにも及ぶ表現規制派が多いため、表現の自由推進派とも対立をしている。イデオロギー的にはリベラルが多いが右派も存在する。

 

 

今後はネトサヨとの関係性にも触れながら、ネトウヨ研究の成果をまとめていきたいと思う。