石油ストーブ

石油ストーブについて紹介しています。

石油ストーブで部屋の空気が汚れると勘違いしているひとがいました。

石油の成分は炭化水素なので完全燃焼すると二酸化炭素と水蒸気が発生します。

なんだか理科の授業みたいですが

この場合、部屋の空気はよごれません・

不完全燃焼すると、汚れます。一酸化炭素とまっくろくろすけのせいですね。

特有のニオイもしますね。


北海道や東北地方のほとんどの家は煙突式かFF式の屋外に空気を排気するストーブを使用しているため、
お部屋の空気は汚れたりしません。安心ですね。

北海道では、ほとんどが煙突式(ドラフト排気)、あるいはFF式(強制吸排気)ですので、部屋は汚れません。

石油ファンヒーターと石油ストーブうぃ比べてみました。

どちらも灯油を燃やして部屋をあたたかくします。

両方とも完全燃焼すると、同じ灯油をもたして熱を発生させる仕組みなので

どちらも燃費には差はないように思います・

ただし温まり方の差があります

暖かい空気をうまくつかえばお部屋全体をいそいで温めることができます。

冬でも扇風機は必要かもしれませんね。上手に暖かい空気を部屋中に回して見て下さい。

あとは初期投資のストーブのお値段かなw?

石油ストーブと石油ヒーターではどちらがキケンなのでしょうか?

まず、石油ヒーターは喚起が面倒です。あと給油も面倒ですよね。

暖かくなるまで時間はかかりませんし、部屋の移動もらくらくできます。

ストーブはどうでしょうか?

温度が高くなりすぎたときの安全装置や耐震装置などがついています。

ただし、熱くなつので小さなお子さんがいるご家庭には不向きかもしれません。

不完全燃焼の事を気にするのであれば

どちらもキケンです。

ご家庭にあったタイプを選ぶ事をおすすめします。

このページのトップヘ