東京で行なわれるはずだった、世界フィギュアがロシアで開幕されました。経緯を知らなかったんですが、プーチン元大統領が率先して場所を提供してくれたみたいです。

  • ロシアでの代替開催を自分から買って申し出てくれた
  • 期間中の日本選手の滞在費をを無料にしてくれた
  • 世界選手権終了後にチャリティーショーの企画をしてくれた
開会式にはプーチン大統領自ら出向き、今回の東日本大震災に哀悼の意を示してくれました。

そして 会場には日の丸がいっぱいです!

プーチン元大統領 ありがとう!

政治 外交などもありましょうが、素直に感謝したいです。

プーチン様 キムヨナが八百長しないようにしっかり監視してください!



イメージ103

イメージ105
イメージ104

織田が2位発進、高橋は3位につける 男子SP/フィギュア
サンケイスポーツ 4月27日(水)22時55分配信
 フィギュアスケートの世界選手権第3日は27日、ロシアのモスクワで男子ショートプログラム(SP)が行われ、最終滑走の織田信成(関大大学院)が81.81点の高得点を出して2位発進した。

 日本勢初の2連覇を狙う高橋大輔(関大大学院)は80.25点で3位。全日本選手権王者の小塚崇彦(トヨタ自動車)は77.62点で6位と出遅れた。

 2大会連続で2位のパトリック・チャン(カナダ)が世界歴代最高を更新する93.02点をたたき出して首位発進。悲願の初優勝に向けて最高のスタートを切った。


 バンクーバー五輪女子金メダルの金妍児(20=韓国)が、今大会を最後に第一線から退く可能性が高まった。前日26日の公式練習後、報道陣から「今大会だけ、なぜ出場したのか」と問われると「五輪の金メダルですべての目標を成し遂げた。今大会は、皆さんに感謝の意味も込めて、新しい私を見てほしかった」と説明した。感謝と惜別。2つのメッセージを送るために再び世界の舞台に立った。

 五輪後も一時は引退を考えたが関係者からの必死の説得で思いとどまった。1年間の沈黙を破る今大会。すべての思いはフリー曲の「アリラン」に込めた。正式名称は「韓国へのオマージュ」。アリランを基本として編曲され、荘厳な調べが心を揺さぶる。「支えてくれた母国・韓国の人々へのラブレターの意味もある」。最後だからこそ母国へ最大の思いを込めた曲を選んだ。

 公式練習では連続3回転ジャンプは2度とも完璧な着氷。25日の練習では同じグループの中国選手と接触しそうになったが、寸前でかわして事なきを得た。「調子は上がってきている。何の問題もない」。世界最高合計点228・56点など女子フィギュアの歴史を塗り替えた銀盤の女王。その幕を閉じる日が近づいている。

 [2011年4月28日8時0分 紙面から]


2011/04/28 05:13 【共同通信】


 【モスクワ共同】モスクワで行われているフィギュアスケートの世界選手権で27日、開会式が行われ、開催国ロシアのプーチン首相があいさつの中で東日本大震災に触れ「日本の政府と人々は必ず問題を解決して復興するだろう」と被災地へメッセージを送った。
 今大会は3月に東京で開催予定だったが、大震災の影響で中止となり、急きょモスクワ開催が決まった。式では、国際スケート連盟のチンクアンタ会長が日本への哀悼の意を表し、日本スケート連盟の橋本聖子会長に花束を渡した。氷上に日の丸が映し出されるなど日本を意識した演出で、大震災の犠牲者に黙とうがささげられた。
 橋本会長は同日、プーチン首相と会談し、2014年ソチ冬季五輪に向けて協力することで合意したことを明らかにした。

ISU world figure skating championships 2011 Opening Ceremony 1/3




ISU world figure skating championships 2011 Opening Ceremony 2/3



ISU world figure skating championships 2011 Opening Ceremony 3/3