ウラン

日本政府と東電の「21世紀最初の真実」:日本がイランにプルトニウムを売っていた!?

井口氏のブログより転載

いやはや、海外のフリージャーナリストはなかなかすごい。日本国内は完全に電通/博報堂/創価/統一/CIAにマスゴミがコントロールされている。だから重要情報が何一つ報告されないのが現実なのである。

数ある原子炉の中で
「なぜ福島第一だったのか?」、
「どうして福島が選ばれたのか?」
こういった素朴で当然な疑問に答えるすべは無い。福島県民もこの理由が知りたかったに違いないが、まったく分からないはずである。日本の報道を見聞きする限りにおいては。

ところが、以下の記事を書いたアメリカのフリージャーナリストの報告では実に論点が明解で、なぜ福島でなくてはならなかったかという疑問点が氷解するのである。これは戦後最大、21世紀最大の「疑獄事件」ということになるだろう。「日本政府東電疑獄事件」とも呼ぶべき大事件だったのである。

結論から言えば、
今回の福島原発は、日本政府が余剰で捨て場所に困ったプルトニウムを密かに闇でイランに売りさばいていた。これを見つけて怒り心頭に発したイスラエルのシオニストが報復として原爆で東日本に津波地震(M6.8)を引き起し、福島原発にウィルスとミニ原爆を仕掛けて爆破したのだ。

ということらしい。

この大事件のカモフラージュにされたのが小沢一郎である。小沢一郎が政権を取ることをアメリカのNWOが恐れているというデマであった。実際には、イスラエルがイランの原子炉にウィルスを放り込んだり、爆撃して原子炉攻撃したこと同様に、その延長線上として日本の福島原発が攻撃されたということであるという。これをそのアメリカのフリージャーナリストは全世界に公表したというわけである。

それゆえ、いまや日本を除く世界中のインテリや情報通たちの世界では、「日本政府がイランにプルトニウムを売っていた報復行為として福島が犠牲になったのだ」という見解で一致しつつあるらしいというわけである。つまり、「日本はイスラエルの敵となった」ということである。

この事実を知られることをどうやらいまの政府官僚と東電や経団連は一番恐れているらしいですナ。

とはいうものの、陰謀渦巻くこの現世界で、相変わらずの「平和ボケ」で、「陰謀論」などといってお遊びしていると学会の連中のようなものがのさばっていられる甘っちょろい国なのだから、こういう現実的観点などみじんも想像できなかったに違いない。

シオニストの国のイスラエルではイランなどの中東国が原爆や核兵器を持つことを一番恐れるわけである。なぜならそれが出来れば連中はすぐに使うかもしれないからである。そういう心情を逆なでするようなことを東電日本政府がやっていたとすれば、それは確実に報復を食らうのは明白である。なにせ相手は「目には目を、歯には歯を」の国である。当然「プルトニウムにはプルトニウムを」となるはずである。

福島原発の3号機爆発は核兵器だった? 翻訳 by ようず 2011/06/07(Tue)11:53
http://bluestaryouzi.blog133.fc2.com/?mode=m&no=321

それから以下の文章はジムストーン氏が気が重いといいながらも書いている主張です。日本は核を人質いとられていたと思っています。そうすれば意味が通じます。

1. 日本はイスラエルの偉大なる悪魔のイランに向けてウランを豊富に提供した。

2. すぐにイスラエルはセキュリティ会社としてフロント会社を設置した。日本の核施設のセキュリティを獲得した。4ヵ月後にDimona Dozenが現れた。水面下で福島のハートにアクセスするセキュリティ契約を結んだ。彼らはウィルスを設置した。本物のカメラを施設の外に設置し、中にある核カメラを隠した。これに加えて、彼らは承認されていないデータコネクションをインストールし、ウィルスを通して全ての施設のコントロールを行った。(彼らはこのコネクションについて認めた。このページの後で説明する)

3. その後でStuxnetと核をインストールし、緊急停止を行った。

4. イスラエルは津波爆弾を隠すため「自然の地震」(「」は引用者)が日本に来るのを待った。すでに日本の地底に設置していた。VLFコミュニケーションが設定され、水を刺激する爆弾が設置された。DimonaのDavidが日本から6.67の地震のデータを読み取った。バーン! (新証拠により地震はほとんど自然でないことがわかります) 津波が到達し、発電所のstuxnetを浸水させた。合成カメラからの直接の撮影し、セキュリティ会社は承認されていないチャンネルを通してDavidをインストールした。Davidはいつジェネレーターを切断するかを知っていた。他のチームは福島の職員がとってくる測定を妨害した。作業員らは全てがおかしくなっていく理由を何も理解していなかった。

5. イスラエルの首相は日本に電話をし、イランに提供したお礼だと言った。あと5つの核が日本の海岸にある。私達は全部設置しており、あなたの海岸の都市を破壊する。もし6.67を9といわなければ。津波の効果を偽装しろ。そして私達は全ての原子力を取り去ることを要求する。そうすれば二度と私達に攻撃されないだろう。私達は福島第一を爆破する。あなたは言うとおりに何でもしろ!

6. デービッドと彼の仲間はリモートデータリンクを通じて施設の全てのバルブを閉じた。彼らはそれらをインストールしてフルスロットルにしたことを認めている。メルトダウンをするために。その間、ウィルスが部屋をコントロールし続け、誤った情報を表示し続けた。何も起こっていないかのようになっていた。充分に混乱をさせたあとで、彼らは核をオフにして、空の高くまで吹き飛ばした。

たとえ地震が本当だとしても、核が8.4に充分に近いところにあった。私は最期の詳細はまだやっていない。たぶん十分に彼らをつるしたと思う。その理由は;

1. 私は本当のseismic(引用者:地震の)データを得ている。地震が彼らが言うとおりのものではなく、実際に6.8だったという証拠を。それは日本にとっては脅威ではないものだ。

2. 多くのソースがStuxnetは本当にイスラエルで書かれていると証明している。

3. 日本は本当にウランをイランに提供している。イスラエルはイランの施設を破壊しようと試みていることを文書化している。たぶんそうした。日本はイランの核に貢献している。日本はイランと同様に将来イスラエルの敵となりうる。イスラエルはそれを取り除きたいと思っている。

4. イスラエルのチームの文書には、歴史を通して継続してイスラエル人の防衛のために働いていることと、日本の核施設に制限なくアクセスすることができるとある。それは増加している。

5. 4号機は燃料が抜かれていることが証明されている。そのため説明は不可能だ。4号機では一体に何が起こったのか? 燃料プールがメルトダウンし、火災が起きて、水が沸騰し、最悪にも循環できなくなった。ひどく汚染されている。何もない。爆発はなかった。4号機は建物7だ。終了。外の放射能壁がふきとばされ(4フィートの厚さ)内側の放射能壁画もっと厚かった? 4号機は今にも終わろうとしている。どうやって?(引用者:ここはかなり疑問です)

6. 日本の政府は科学的な9.0の証明の話につきあっている。それには理由がある。私の推測は、イスラエルは日本の海岸の都市を津波で吹っ飛ばすと脅しをかけた。日本には他の継続した脅しにつきあう理由はないはずだ。

情報ソースはこちらです
http://c.fc2.com/m.php?_mfc2u=http%3A%2F%2Fwww.jimstonefreelance.com%2Ffukushima.html---
    kakubakudan

これを見ると、すでに日本の原発のすべてはイスラエルの人質にとられているようなものだということですナ。連中によっていつでも爆破できるのである。同様に、海底掘削船「ちきゅう」が開けた穴にもしっかりと細長いカメラ装置のようなミニニューク(ミニ核爆弾)が仕込まれてしまったようである。彼らの脅しに従って、「原発全廃炉」以外に彼らからの攻撃を逃れる道はなさそうですナ。
=転載終了


小出裕章先生、講演『隠される原子力・核の真実』(動画)

京都大学原子炉実験所 小出裕章助教
 現在大変な事故が進行中です。その事故が本当の破局に至ってしまうのか。それとも、現在現場で被曝をしながら働いている人たちの努力によって、今の状態で抑え込める事が出来るのか。私はどちらなのかよくわかりません。私はこれまで40年間原子力に反対してきた人間ですので、東京電力は言ってみれば敵です。ケンカ相手でした。でも、今この時にはとにかく東京電力に踏ん張ってもらって何とかこの事故をこれ以上大きくならないように抑え込んで欲しい。彼らにエールを贈りたいと思っております。


原子力発電所ではお湯を沸かして、その蒸気でタービンを回して発電しています。では、なぜそれが危険なのか。
それは、ウランを燃やすことで、膨大な量の死の灰を生産しているからです。

一基の原発が、広島にまき散らされた死の灰の、1000倍以上の死の灰を、毎年のように生み出しながら、原発は運転されています。(YouTubeより)


「ただちに影響が出ない」ってどういう意味?

「ただちに影響が」なかったら大丈夫なの?

ただちに影響が出るというのは、急性で傷害が出るということです。
つまりは、死亡する、火傷をする、脱毛する、下痢になる、嘔吐する、というような急性傷害のこと。

では、急性傷害がでなかったら大丈夫なのでしょうか。

5年後、10年後、20年後に、癌になって、死んでいくことを、晩発生の傷害といいます。

放射線に被曝した場合には、後になって傷害が発生するということがあるのです。

放射線に被曝すると、私たちの身体をつくっているDNA、その分子結合のエネルギーの、何十万倍、何百万倍のエネルギーの固まり-が飛び込んできて、私たちの遺伝情報を、ズタズタにしてしまいます。

たくさんズタズタにされれば、死んでしまう。

でもちょっとだって傷がついたものは、細胞分裂をして、それをまた増やしていきます。まったく影響のない被曝なんてものは、存在-しないのです。(YouTubeより)


原発推進派の方たちだって、ちゃんと事故が起きたときの対策は考えていますよ。

まずは、電力会社を破局的事故から免責する法律をつくりました。

それから、原発が大事故を起こした場合の損害賠償限度額を定め、それ以上のお金は国が(国民の税金で)払うという法律もつくりました。(原子力損害賠償法)

さらに、異常に巨大な天災地変、または社会的動乱によって、原発事故が起きた場合は、はじめから電力会社の責任を問わないと定めました。

もしものことがあると困るので、原発は都会にはつくらないことにしました。

原子炉立地審査指針という法律をつくって、

・原子炉の周囲は、原子炉からある距離の範囲内は非居住区域であること
・原子炉からある距離の範囲内であって、非居住区域の外側の地帯は、低人口地帯であること。
・原子炉敷地は、人口密集地帯からある距離だけ離れていること。

そうして、原発を田舎にだけ建てることにしました。(YouTubeより)


Q:なぜ原子力発電をするの?
A:電力会社が儲かるからです。

Q:なぜ原子力発電は儲かるの?
A:法律でちゃんと守っているからです。

Q:私たちの買う電気の値段はどうやって決めてあるの?
A:法律で決めてあります。(YouTubeより)

福島第1、炉心溶融の可能性も 燃料露出、19人被ばく

 東京電力は13日、福島第1原発3号機で、原子炉の冷却機能が失われたとして、原子力災害対策特別措置法の第15条に基づく「緊急事態」の通報を国などに行った。枝野幸男官房長官は「炉心溶融の可能性もあるとの前提で対応している」と発言。東電は原子炉の排気を実施し圧力を下げ、真水の注水を開始するなど、炉心溶融や爆発回避に努めている。


 福島県は13日、福島第1原発の3キロ圏内から避難してきた19人が被ばくしていたと発表。枝野長官は記者会見で「健康に害を及ぼす被ばくが生じている可能性は低いと思う」と述べた。


 原子力安全・保安院によると、11日の東日本大震災で3号機は自動停止。給水装置で原子炉内を冷却していたが、炉内の圧力が低下して自動停止。別系統でも注水できない状態になった。


 東電によると、3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電を実施していた。地震で注水できなくなったため、MOX燃料の上部3メートル弱が水面の上に露出した。東電は「(通常の核燃料と異なる)MOX特有の現象は確認されていない」としている。


 枝野長官は記者会見で「(炉心の一部溶融や爆発が起こった)1号機とは異なり、早い段階で排気や注水が行われた」と評価した。


 福島第1原発の敷地境界では、環境中の放射線量が13日午前に基準値の1時間当たり500マイクロシーベルトを超え、一時1204マイクロシーベルトになった。


 福島県の被ばく発表とは別に、総務省消防庁は福島第1原発の10キロ圏内の病院で入院患者ら15人と救急車が放射性物質で汚染されたと発表した。重複の有無など詳細は不明。


 炉心溶融が起きた同1号機の格納容器に対する海水の注入は13日も続けられた。2011.3.13 東京新聞


福島第1原発3号も炉心一部溶融 水素発生、爆発の恐れ


MOX燃料とは
MOX燃料とは、Mixed Oxide Fuel(=混合酸化物燃料)の略で、ウランとプルトニウムを酸化物の形で混合した燃料のこと。従来のウラン燃料は、天然ウランの中の核分裂しやすいウラン235の割合を少し増やした濃縮ウランを使いますが、MOX燃料は、このウラン235を濃縮する代わりにプルトニウムをウランに混ぜて使います。

MOX燃料のメリット・デメリット

メリット
1)国内の原子力発電所で一度使った使用済燃料を再処理して取り出したプルトニウムを利用することによりエネルギー資源の海外依存度を小さくすることができる。

2)成功すれば、将来にわたりエネルギーを確保できる。


デメリット
1)工程が複雑になり、事故の危険性が増す(JCOの様な事故が起こる)。

2)MOX燃料の加工費が若干割高になる。

3)原発は、発電能力の2倍ものエネルギーを、膨大な量の温排水などの形で廃熱として捨てている。おまけに、巨大化しなければ採算がとれず、出力のきめ細かな調節もできず、消費地から離れた「僻地」につくられるため送電ロスが大きいなど、極めて効率の悪いシステム。この効率の悪さは結局電力の大量消費によってまかなうしかない。原発は省エネとは相容れないシステム。

4)ひとたび事故が起これば、大事故の危険性。


MOX燃料はウラン燃料より核分裂反応が弱く、制御棒の効きも悪くなる。プルサーマルに使用される使用済み核燃料は、放射能と発熱量はウラン燃料の二倍、中性子の放出量は十倍以上になる。もしプルサーマル計画が実施された原発で燃料が外部に飛び散る大事故が起きると、毒性の強いプルトニウムが多いために、放射能による汚染地域はウラン燃料だけの場合より2.2-2.3倍に拡大する。MOX燃料の保管と輸送には困難がつきまとっている。局所的なペレットの溶融や燃料棒の破損がおこる危険性もある。
すでに使ってしまった放射性廃棄物(「核のごみ」)は原子力発電やプルサーマルをやめてもこれから先何万年も管理しなければならなくなる。後の世代まで廃棄物を残すことになる。

http://www.k-tanaka.net/mox/参照


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ