クリック4649→IMAGE EYESの入口

渥美マリ 画像 (1)
渥美マリ 画像 (2)
渥美マリ 画像 (3)
渥美マリ 画像 (4)
渥美マリ 画像 (5)
渥美マリ 画像 (6)
渥美マリ 画像 (7)
渥美マリ 画像 (8)
渥美マリ 画像 (9)
渥美マリ 画像 (10)
渥美マリ 画像 (11)
渥美マリ 画像 (12)
渥美マリ 画像 (13)
渥美マリ 画像 (14)
渥美マリ 画像 (15)
渥美 マリ(あつみ まり、本名:渥美 真理、1950年11月20日 - )大東学園高等学校の2年生だった1967年に、大映東京撮影所演技研究所19期生に合格(同期は八代順子など)。高校を中退し、1968年に大映専属女優となった。 1969年、自身の代名詞ともなる、“軟体動物シリーズ”と呼ばれる映画シリーズの第一作『いそぎんちゃく』が公開される。“和製ブリジット・バルドー”と称賛されながら、元祖セクシー女優の一人として活躍を続け、妖艶な演技と魅惑的な肉体で一世を風靡した。 1971年に大映が倒産すると、「渥美マリ」、「津々見マリ」、「渥美まり恵」の3つの芸名を使い分けながら、東映や東宝が制作する不良物の映画・テレビドラマに出演するようになるが、それも1974年1月を最後に途絶えた。 1975年7月、「渥美まり恵」名義でレコード『愛のかわき』をリリースし、久々に芸能界に復帰したが、その後は、1976年にドラマ『江戸を斬るII』(TBS)へゲスト出演したのみで終わった。

↓↓↓人気のおすすめ動画↓↓↓


地球上で眼鏡女子が最もエロい説 西野瑞歩

ぽっちゃりだけどHなカップ 天草七美

JK好きな親父ナンパ師が人生で一番勃起した スレンダーで顔出しOKの神レベル美少女を3人で廻しました。


女優のお宝画像は→こちら
アイドルのお宝画像は→こちら 
総合お宝秘蔵画像動画は→こちら