クリック4649→IMAGE EYESの入口

谷ナオミ 画像 (23)
谷ナオミ 画像 (22)
谷ナオミ 画像 (21)
谷ナオミ 画像 (20)
谷ナオミ 画像 (19)
谷ナオミ 画像 (17)
谷ナオミ 画像 (16)
谷ナオミ 画像 (15)
谷ナオミ 画像 (14)
谷ナオミ 画像 (13)
谷ナオミ 画像 (12)
谷ナオミ 画像 (11)
谷ナオミ 画像 (10)
谷ナオミ 画像 (9)
谷ナオミ 画像 (8)
谷ナオミ 画像 (7)
谷ナオミ 画像 (6)
谷ナオミ 画像 (5)
谷ナオミ 画像 (4)
谷ナオミ 画像 (3)
谷ナオミ 画像 (2)
谷ナオミ 画像 (1)
hitomi谷 ナオミ(たに なおみ、1948年10月20日 - )18歳で上京し、翌1967年(19歳)、関孝二監督のピンク映画『スペシャル』でポルノ女優デビュー。同年・SM映画に出演。7年後の1974年(26歳)日活へ移動し、官能小説作家でのち”SM専門雑誌”『SMキング』も創刊する団鬼六(関西学院大学卒業、妻は英語教師)原作の”伝説的SM映画”『花と蛇』に主演(以後『花と蛇』はシリーズ化されて40年間続き、女優・杉本彩や元グラビアアイドル・小向美奈子らが主演を務めた)。その後も団鬼六原作のSM映画に数多く出演し、"日活ロマンポルノを代表するポルノ女優"となった。「初代SMの女王」と称され、谷ナオミの活躍によって、団鬼六のSM映画シリーズは日活映画の稼ぎ頭、”日活のドル箱”となった。谷ナオミは団鬼六と、プライベートでも”裸のつき合い”をする関係にあった。1978年(30歳)の『薔薇の肉体』での演技で、第2回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。 1979年(31歳)、一般男性と結婚してピンク映画を引退。引退発表直後、深夜番組『11PM』に出演。当時はSM映画とプライベートでのSMプレイの影響で、緊縛等をされ続けた両乳房に多数のシコリができていて、「私の体の限界だった」という。引退後は熊本で喫茶店経営などの事業を展開。1984年(36歳)から熊本市内でスナック「大谷」を経営していたが、2013年(65歳)店をチーママに譲り引退した。 プライベートでも生粋のマゾで、素人のSMマニア達がSMプレイを楽しむSMサークルを主宰し、テレビの深夜番組に出演してサークルが紹介されたこともある。 2011年5月16日(63歳)、港区増上寺で行われた団鬼六の告別式で弔辞を読んだ。 2013年8月30日(65歳)放送のTBS『爆報! THE フライデー』「アノ女優は今…壮絶人生初激白SP!」に出演した。

↓↓↓人気のおすすめ動画↓↓↓


クロロホルム ナイト Vol.5 捕われの夜

清純クロニクル 西永はるか

男女の友達・同僚同士はSEXまで出来るか?20人8時間総集編SP


女優のお宝画像は→こちら
アイドルのお宝画像は→こちら 
総合お宝秘蔵画像動画は→こちら