恒松祐里のヌード濡れ場画像


tsunematu_yuri_0.0

恒松 祐里(つねまつ ゆり、1998年(平成10年)10月9日[1] - )は、日本の女優、タレント。


tsunematu_yuri_0.1

tsunematu_yuri_0.2

tsunematu_yuri_0.3

tsunematu_yuri_0.4

tsunematu_yuri_0.5

tsunematu_yuri_0.6

tsunematu_yuri_0.7

tsunematu_yuri_0.8

tsunematu_yuri_0.9

tsunematu_yuri_0.10

tsunematu_yuri_0.11

tsunematu_yuri_0.12

tsunematu_yuri_0.13

tsunematu_yuri_0.14

tsunematu_yuri_0.15

tsunematu_yuri_0

tsunematu_yuri_1

tsunematu_yuri_2.1

tsunematu_yuri_2

tsunematu_yuri_3

tsunematu_yuri_4

tsunematu_yuri_5

恒松祐里 プロフィール


生年月日 1998年10月9日

現年齢 23歳

出身地 東京都

血液型 B型

身長 / 体重 158.5 cm / ― kg

スリーサイズ

来歴・人物


幼稚園児の頃、照れ屋な性格を心配した両親が、アミューズとパルコのオーディションを受けさせ合格。2005年のテレビドラマ『瑠璃の島』で子役としてデビュー。オーディションは7歳の頃から受け続けており、10年間で約240回受けたという。
目標とする女優は事務所の先輩にあたる上野樹里


2013年、『FNS27時間テレビ』内で明石家さんまが好きな女性を選ぶ企画「ラブメイト10」で当時14歳だった恒松を第6位に選んだことで話題となった。
篠山紀信からも高い評価を受けている。
『まれ』(NHK連続テレビ小説・2015年)第4週で、桶作元治(田中泯)、文(田中裕子)夫婦の孫・友美役を演じた(妹・麻美役は浜辺美波)。
『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年)では、元々は、“女装男子”里中由希役のオーディションに挑んだが、石原さとみが演じる主人公の妹・寧々役で合格。


2020年、『100文字アイデアをドラマにした!』(テレビ東京)で、地上波ドラマ初主演を果たす。


2021年、Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』シーズン2のヒロイン・乃木真梨子役で体当たりの演技を見せる。


2022年、『きさらぎ駅』で映画初主演。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>DUGAただいまリアルタイムで人気のある動画です

takeda (10)
熊切あさ美 麗しきひと細川かのん Iのはじまり。

ソミクルエロ動画はコチラ