なっくの食べたり飲んだり歩いたり・・・

神奈川在住・都内勤務の会社員。 ラーメン始め食べること(ただし小食)、 飲むこと、歩くこと始めカラダを動かすことが 好き。 食べたものや、出かけた先での出来事をゆるゆると 語っていきます・・・。

中華そば 龍の眼 Produced by 創作麺工房 鳴龍 @ 末広町 [ワンタンそば、角煮そば]

IMG_8377

6/26(火)オープン、あの「鳴龍」プロデュースの注目の新店を、ようやくの訪問。
店内はJの字を角ばらせたカウンター13席(9+3+1)。
土曜の昼時で、ほぼ満席。

券売機はなく、メニューでの後会計方式。
IMG_8384

IMG_8386

IMG_8385

メニュー裏には英中韓と、外国人観光客も多い土地柄、多言語対応っす。

ワンタンそば、角煮そばをシェアします。

IMG_8390

卓上調味料はミル入りの胡椒のみ。


■ワンタンそば(980円)
IMG_8395

具材はワンタン、メンマ、葱等と、チャーシューは乗らないのね。

IMG_8398

鶏をベースにした醤油清湯スープは、淡麗な見た目通りにあっさりした味わい。

IMG_8401

やや平たく、エッジのある麺は自家製。低加水でザクザクした食感が楽しい麺です。

IMG_8405

ワンタンは皮がトゥルンと好みなタイプ。


■角煮そば(1,200円)
IMG_8392

IMG_8407

角煮は別盛、ほぼかけラーメン状態なのね。

IMG_8413

腕肉を麺に乗っけたり

IMG_8409

ランチタイムはライス無料なので、

IMG_8417

半ライスを頂いてのセルフバラ角煮丼!

IMG_8422

ご馳走様でした。


【中華そば 龍の眼 Produced by 創作麺工房 鳴龍】
東京都千代田区外神田3-6-5 1F
TEL非公開
11:00~15:00、18:00~21:00
※スープ無くなり次第終了
月曜休






長尾中華そば 東京神田店 @ 小川町・淡路町・新御茶ノ水 [ごぐにぼ、あっさり]

IMG_8318

この暖簾を都内の路面店で拝める日が来るとは♪

IMG_8311

7/30(月)オープン、首都圏のニボラーが待ちに待った津軽煮干の雄が首都圏初出店。
デパート催事等、イベントでは何度か頂いていた、大好きなお店がリアル店舗として
進出してくれたのは、マジで嬉しい(涙)

祝い花は各方面から。
IMG_8315

IMG_8313

IMG_8316

IMG_8314

店内はカウンター6席にテーブル2×2卓。18時半過ぎに到着すると満席でしばし
待ちました。

券売機は店内に。
IMG_8320

ラインアップは、あっさり、こく煮干しに、裏メニューとしてのごぐにぼ。
友人と待ち合わせし、ごぐにぼとあっさり、両極端な2杯をシェアしました。

卓上の食べ方指南
IMG_8323

調味料はGSのブラックペッパー、七味に一味、カエシ。
IMG_8327

IMG_8331

並べてミタw。


■ごぐにぼ(900円)
IMG_8333

IMG_8336

セメント色のスープ、出来ることなら、この身を沈めたい(爆)
ニボエキスはバッチリながら、塩分は控えめ。レンゲが止まらん!

IMG_8342

チャーシュー上のニボパウダーにもドキドキしたりして(^^;

IMG_8338

柔々な太麺は、三河屋製麺製。
カンスイを使ってないので、食感的には、うどんに近いかな。

IMG_8351

薄くスライスされたチャーシューは、指南通りにスープに浸けてから頂きました。

その食べ方指南を正確にトレースするならば・・・

IMG_8341

半ライス(50円)+挽き割り納豆(50円)のオーダーは必定。

IMG_8358

ライス、どぼーん!からの・・・

IMG_8360

IMG_8366

納豆トッピングで仕上げました。


■あっさり(700円)
IMG_8328

友人は、こちらメインで。

IMG_8345

清湯でもこの身を沈めたいニボラー(爆×2)

IMG_8348

清湯な分、麺を啜ると、そのうどん感は、より増しますな。

IMG_8374

退店すると、外待ち10人(゜ロ゜;ノ)ノ
首都圏ラーメンフリークの期待の高さを、ひしひしと感じました。

IMG_8375

帰り、JR神田駅までの歩きがてら、ゲップが煮干&納豆テイストなのは、何とも贅沢な
真夏の夜の夢よ・・・。


【長尾中華そば 東京神田店】
東京都千代田区神田小川町1-7 神田小川町ハイツ108
TEL非公開
11:00~14:30、17:00~21:30(売切れ次第終了)
日祝、第1・第3土曜休






ねいろ屋 神保町店 @ 神保町[瀬戸内レモンラーメン]

IMG_8286

7/26(木)に荻窪の人気店の2号店がひっそり(?)とオープン。
店内は奥に厨房、右側に壁に沿ったカウンター6席、左側にテーブル2×3卓、4×1卓。

メニューでの後会計方式。
IMG_8288

IMG_8289

裏面は、かき氷メニュー・・・もしかしてこちらが表面?w

IMG_8291

卓上調味料はミル入りの胡椒、一味。


■瀬戸内レモンラーメン(900円)
IMG_8295

鶏チャーシューと穂先メンマが乗りますが・・・

IMG_8297

この器内の主役はレモン。ブラックペッパーでの引き締めも効果的。

IMG_8299

鶏主体の塩清湯スープに、瀬戸内産のレモンが爽やかに風味付けします。

IMG_8302

麺は中細色白、やや柔らかめな茹で上げで提供。

IMG_8306

鶏チャーシューはあっさりとした胸肉。

IMG_8308

穂先メンマは2本。

IMG_8309

ご馳走様でした。

ゴーラー(かき氷フリーク)ではないので、火照ったカラダをクールダウンすることなく
汗を拭きつつ退店しました・・・が、炎天下、近隣の讃岐うどんの「丸香」やラーメン「勝本
には行列が出来ているのを見ると、「ひっそり」は引っ込めて、もっと前に出てよい気が
しましたかね。。。


【ねいろ屋 神保町店】
東京都千代田区神田猿楽町1-3-6
080-6803-8267
11:30~14:30(暫定)
日祝休








麺宿 志いな @ 新宿御苑前 [潮そば+鶏ワンタン3個]

IMG_8284

7/24(火)オープン、水道橋にある「かぐら屋(未訪)」を立ち上げた方の独立とか。
店名は店主さんの名前(椎名さん)からみたいですね。

IMG_8258

ラインアップは潮そば、醤油そば、鶏白湯につけそば。
券売機上の潮そばにしてみました。ワンタン好きなので、オプションを見つけ、ついポチ。

店内は厨房に面したカウンター6席に、奥に壁に向かったカウンター3席。
最奥にテーブル席もあるようですが、祝い花置き場で使っていない模様。

店外からはわからなかったのですが、店内待ちの席も4つあり、先待ち7。
後客も続々で、オープン後、1週間ほどで、もう既に近隣社会人諸氏に認知されてますな。
オペレーションは男性2名で手際よく回しています。

IMG_8260

卓上調味料はミル入りの胡椒、フライドガーリック、酢、一味。


■潮そば(750円)+鶏ワンタン3個(150円)
IMG_8263

具材は鶏チャーシュー、穂先メンマ、水菜、葱、柚子片等+鶏ワンタン。

IMG_8265

スープは、鶏をベースにアサリが深みを与え、優しい塩清湯に仕上がってます。
酷暑で発汗の激しいこの時期、ごくごく飲める感じ。

IMG_8269

合わせる麺は大成食品の細麺。
滑らかな喉越しでスープの持ち上げもよく、楽しませてくれます。

IMG_8272

鶏チャーシューは焼き目をつけての提供。

IMG_8275

鶏ワンタンは大判かつ鶏臭さも一切なく、あっさり頂けます。
この手のワンタンだと、生姜の風味に支配されることが多いのですが、それがないのも
好印象。

IMG_8276

ご馳走様でした。
隣客の頼んでいた醤油がやたら旨そうに見えたので、再訪してみるかな。


【麺宿 志いな】
東京都新宿区四谷4-30-15
03-6875-5594
11:00~15:00、18:00~22:00
日曜休






らぁ麺 鳳仙花 @ 新宿 [らぁ麺]

IMG_8233

7/26オープン、「らぁ麺 はやし田」「煮干中華そば 鈴蘭(未訪)」等に連なる、
いわゆる鈴蘭系と呼ばれる系列店。

IMG_8236

ラインアップはらぁ麺、つけ麺。
茶漬け推しでしょうが、+250円には二の足を踏む小市民。

店内は奥が厨房で手前に変則にUの字(中はスタッフの動線)カウンター16席。
ランチタイムを思い切り外してきましたが、結構混んでますね。
スタッフは厨房に男性4、ホールに女性2。

IMG_8254

「はやし田」と同じく、お冷やはカウンターから飛び出した蛇口から注ぎます。
(※店内の撮影はお店の許可を得てから行っています)

IMG_8238

調味料はなく、蘊蓄のPOPのみ。


■らぁ麺(800円)
IMG_8239

具材はチャーシュー、穂先メンマ、魚のほぐし身、刻んだ紫玉葱、葱等。

IMG_8244

熱々の清湯スープは、キンメ鯛の独特のコクがしっかり味わえます。
鮮魚系、好きなので、鯛とはまた違ってて、これはよいなぁ。

IMG_8248

麺はフスマの散らばる中細。菅野製麺所の多加水麺です。

IMG_8249

チャーシューは激レアなので、早めのサルベージ必須。

IMG_8252

ご馳走様。

提供時、「紙エプロンお使いになりますか?」と必ず聞くのは丁寧でよいけれど、
タイミング的には食券提示時の方がいいように感じた1杯だった(しらけん風w)。


【らぁ麺 鳳仙花】
東京都新宿区歌舞伎町1-24-6
TEL非公開
11:30~23:00
無休






プロフィール

なっく

twitter
記事検索
最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
ポチッとお願いします。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ