2006年07月13日

おしまい

3月中旬から始まった新ぬかびらユースの建築工事も、今日の舗装工事でひとまずは終了です。



舗装は駐車場建物側の一部です。
バイクで来るお客様用の駐車場になる予定です。
見るからに暑そうな一日でしょ。




昼過ぎには工事が終わりましたが、暑さのためアスファルトが固まる明日まで立ち入り禁止です。




また、玄関前もこんな感じで舗装していただきました。
これで車椅子の方も直接館内まで入れるようになりました。

始めた頃は除雪をしていたのに、最後の日は30℃くらいの暑さの中での作業でした。
ご協力いただいた業者の皆様、どうもありがとうございます。

舗装以外の駐車スペースや、ユースを建てるために土地を削ってできた崖の法面など、
やりたいことはいろいろありますが、とりあえずはこの状態でのスタートです。
今までこのブログを読んでくださった皆様、どうもありがとう!
今回で『ぬかびらユース新築リポート』はおしまいです。
今度は新ユースで皆様とお会いできれば幸いです。
ご利用お待ちしていますね。

2006年07月09日

再開の日





3月から始まった工事もついに終わり(まだちょっと残っているけどね)
本日(8日)から新しい建物での営業が始まります。





糠平の人、お客様などからたくさんのお祝いをいただきました。
『本当にありがとう!』
この場を借りて、お礼申し上げます。
そして、





午後3時、最初のお客様がやってきました。
新しいYHの始まりです。
まだ我々が建物に慣れていなくて、今日の営業はガタガタでした。
明日は少しはまともに出来るかな?

2006年07月07日

再開前夜

いよいよ明日は、新ぬかびらユースホステルの営業開始日です。
飾り付けやお掃除、料理の仕込みとやることはたくさんありました。
午後には近所の人達からお祝いの品をいただいたり、建物を見くれたりと、
忙しくもにぎやかな一日でした。
明日はどんな一日が来るのでしょうか?
お客様を迎える喜びと、緊張感が増してきました。




2006年07月04日

解体終了

旧YHはついに壊され、この地上から姿を消してしまいました。
今日はショベルカーが基礎のコンクリートを掘り返した穴に土を入れ、整地作業をしています。
というわけで、新YHの全景見られるようになりました。

4/5のブログに載せた完成予想図(パース)は、こういう結果になりました。



ちょっと違うけど分かりますか?

保健所、消防署の検査も無事終え、今日はユース協会の検査でした。
あとは木曜日に建築工事の完了検査があって、この建物が晴れて私のものになります。
開業まであと数日、荷物の運び入れと、館内の備品チェックで大忙しです。
疲れ果てて、開業日に倒れたらゴメンね…

2006年07月01日

ご入浴

本日、ついにユースのお風呂(温泉)に入ってみました。
何の変哲もない四角い風呂ですが、『これが俺のものなんだ』と思うと最高の気分です。“この喜びを伝え、皆様と分かち合いたい”と思うのですが、伝えるために私のご入浴シーンなぞアップしたら、苦情の書き込みが殺到しそうなので今回は画像無しのレポートとなりました。
どんなお風呂か興味がある方は実際糠平へ来て、浴槽に入ってね。

2006年06月29日

壊れつつある情景

旧ぬかびらユースの解体作業はどんどん進んでいます。





上から見るとL字型だった建物の、短い辺に当たる食堂部分は既になく、
今日は玄関や階段などが壊されていきました。
土台から上の部分はすでに3分の1以上壊されました。
旧ユース(の残骸)が見られるのもあと4,5日でしょう。
この建物、今までどうもありがとう!
nukabirayh at 22:32|この記事のURLComments(5)

2006年06月28日

湛水試験




ついに、ついに、お風呂場まで温泉がやってきましたぁ!!
パチ、パチ、パチ(と拍手する私)
2006年6月27日午前9:00ごろ、
浴槽にお湯が流れ込んできました。




いろいろな苦労を思い出してか、流れ込むお湯をじっと見つめる職人さん。

『まずは満水までお湯を張ってみましょう』ということで2つの浴槽に溜めてみました。源泉のみでだいたい4時間でいっぱいになるようです。
まあ加水すればもっと早く溜まりますが、なるべく源泉掛け流しでいきたいものです。職人さんからは『温度管理大変だよ〜』とだいぶ脅かされました。というわけで、再開後しばらくはお湯の温度が熱かったりぬるかったりすると思いますが、ご利用の皆様は広い心で見守っていただきたい、です。

nukabirayh at 23:19|この記事のURLComments(5)

2006年06月26日

お別れの日

昨日は初代ぬかびらユースホステル最後の一日でした。
新しい建物でも使う調理器具の掃除などをしながら、何となく一日建物の前で過ごしていました。
近所の人が入れ替わり訪れて、いらなくなった畳や窓を取り外してゆきます。
『第2の人生、頑張るんだよ』という気持ちでした。





そして今日から解体工事が始まります。
業者さんの話では、家を壊すとき奥さんは『きゃっ、きゃっ』言いながら写真を撮るけど、だんなさんはほとんどの場合見に来ないそうです。
『あー、その気持ちよく分かります』などと話しているうちに、建物が壊されてゆきます。





これ、どこだか分かりますか?
階段のところから談話室、えぞしかの部屋を撮ったものです。
結構しっかりしているところ、ちょっと腐っているところいろいろありました。





そして今日壊した部分を分別した袋に入れ、解体屋さんが持って帰りました。

2006年06月25日

ついに現れた

ここしばらくは天気予報が悪いほうばかりに外れています。
今日も朝は晴れ間も見えましたが、昼前からは強い雨が断続的に降り続いていました。
そんな中、大型トレーラーに乗って、パワーショベルの登場です。




そう、ついに月曜日から元のユースホステルの解体作業が始まります。
建てられてから30年以上、私が買ってユースになってから10年、
その歴史が閉じられようとしています。(大袈裟!)
恐らく次回のブログはこの解体の様子を紹介することでしょう。
旧ユースに来た事ある方必見です。

2006年06月22日

大失態!!

ここ数日、ドアなどの建具や照明器具の取り付けが行なわれています。
毎日どんどん出来上がってくるので、現場に行くのが楽しいです。
というわけで今朝も“どれどれ”と行ってみると、
食堂の床を張っていました。
クッションフロアーというビニール素材の床ですが、
『あれっ?なんかグレーに見える』
頼んでいたはずの床と全然違うのでびっくりして確認すると、
がぁーーーー!
俺が発注の品番間違えて指示してしまった!!
というわけで、食堂の床はどうなるんだろうと心配していると、
工事を請け負ってくれたグッド住マイルさんが調整して、
なんとか正しい柄に取り代えてくれることになりました。
追加工事費がかかるけど、工期内に間に合ってよかったです。
この場を借りて、関係者皆様にお詫び申し上げます。

玄関入り口のスロープも今日仕上げが行なわれました。





こんな感じで、クリーム色の石をはめ込んであります。
そしていよいよ明日からは、布団など備品の搬入が始まります。