カメラ機材の独り言

カメラ機材に関する独り言をだらだらと(笑) メインブログ Shou's portfolio  http://photoyard.exblog.jp/

データベース  チノン ジェネシス

チノン ジェネシス  1988年4月発売 59800円

形式        レンズ一体式フルオート35mm判レンズシャッター一眼カメラ
ボディ外装    プラスチック
レンズ       チノンズーム 35-80mmF4.1-6.4(7群8枚) マクロ(0.5m)付 
AF         近赤外線光使用サーボ式ステップレスAF(フォーカスロック可)
シャッター      レンズシャッター 1/4秒〜1/300秒
ファインダー      ペンタプリズム固定式、巻き上げ連動電動リターンミラー
視野率/倍率      85%、0.8倍 −1.0dp
露出モード   、プログラムオート 
露出補正     +1.5段のBLCボタン
測光素子     SPD
測光範囲     EV6〜18.3
フィルム感度   DX対応のみ、非対応フィルムは100固定

巻き上げ速度  1コマ/秒
サイズ       127×87×119mm、755g
電源        2CR5

その他      ストロボGN12( オフ、スロー、日中シンクロ可) AFモード切替可、多重露光可、
           3コマ連続撮影可
           オプションとして専用フード、専用テレコン、スレーブユニット、外付ストロボ有

チノン ジェネシスの話

DSCF0667




















珍しいものを見つけたので保護しました。
チノンのジェネシスと言うブリッジカメラです。完動美品で2000円ほどでした。
ブリッジカメラと言うのは一眼レフとコンパクトカメラの中間にあたるカメラの総称で
80年代後半にちよっとだけ流行りました。
ハーフ判の京セラサムライやオリンパスのイズム300なんかが有名ですね。
僕もサブカメラとして興味を持ったのを覚えています。

チノンジェネシスはこんな見た目ですが、実はペンタプリズムを搭載した一眼レフ方式のカメラだったりします。
視野率85%はちょっと狭目ですが倍率0.8倍はなかなか立派です。
ミラーは巻き上げモーターと連動した電動式になっていて、ちゃんとピント確認ができます。
でも赤外線AF+プログラム露出+オートストロボのコンパクトカメラ的なフルオートカメラでもあります。
ハンドストラップ付なのでビデオカメラのように構えて片手で撮影できます。


DSCF0670




















とにかく痺れるのはこのデザイン。
宇宙船のようなデザインは最高です。現代のデジカメと言っても通用しそうです。
ちなみにメインスイッチはこのリトラクタブルストロボをUPさせる事で入ります。
ここもRX7とかMR2とかの車のライトを連想させるデザインですね。
ロゴとかも80年代風で懐かしい&カッコいいです。


DSCF0671




















後継機のスーパージェネシスは曲線デザインで電動ズームですが、
ジェネシスは直線デザインで手動ズームです。
実は手動の方がスピーディで使い易かったりします。
レンズは35‐80mm/4.1-6.4のマクロ付。7群9枚の立派なズームレンズです。
マクロ時はAFが働かないので体の前後でピント合わせをします。

DSCF0669




















残念ながら露出モードはプログラムのみ。
レンズシャッターなので最高速も1/300まで。
露出補正もありませんが+1.5段のBLCボタンはあります。
AFはサーボ+シャッター優先とシングル+フォーカス優先が選択できます。
サーボ時は3コマの連続撮影も可能です。
ストロボはオフ、日中シンクロ、スローシンクロが可能です。GNは12と普通。
新品時は専用のフィルターアダプターが付属していたはずですが残念ながら欠品。
これがあれば62mm径のフィルターが使えるハズです。
専用のフードもあったようです。でもせっかくの一体感あるデザインが崩れるかも知れませんね。


DSCF0668




















このカメラは天才アラーキーが写真集「愛しのチロ」を撮ったカメラとして有名です。
プラプラ散歩しながらパチパチと猫撮りするにはいいカメラかも知れません。


データベース キヤノンT70

キヤノン T70  1984年4月発売 69000円

形式        ワインダー内蔵35mm判フォーカルプレーンAE一眼レフカメラ
ボディ構造    ダイキャスト+グレープラスチック
マウント       キヤノンFDマウント
シャッター     金属コーティングプラスチック羽縦走り、B・2秒〜1/2000秒
シンクロ速度   1/90秒
ファインダー      ペンタプリズム固定式、スクリーン(レーザーマット)交換不可
視野率/倍率      92%、0.85倍(50mmレンズ装着時)  −1.0dp
露出モード   、マルチプログラム(3ライン) シャッター優先、実絞り優先(FLレンズ)、マニュアル
測光モード    中央部重点平均測光、中央部部分測光(AEロック付き)
測光素子     複合型SPD素子
測光範囲     EV1〜19(ISO 100:F1.4)
フィルム感度   ISO 12〜1600(1/3ステップ)

巻き上げ速度  0.7コマ/秒
サイズ       151×89×48mm、580g(電池含む)
電源        単三電池2本(NiCd使用可能)

その他      コマンドバック70装着でセルフタイマーの時間、撮影回数、インターバルタイマー、
          バルブ撮影時間の設定が可能。

           

キヤノン T70の話

DSCF0653




















秘蔵銀塩カメラシリーズ、4台目はキヤノンT70です。
1984年4月発売のTシリーズの中級機。
キャッチコピーは「インテリジェントシューター」です(笑)
この個体はネット個人売買で入手。動作未確認の美品ジャンクでレンズ込み1700円でした。
テストした結果は全く問題なしの完動品だったので「大当たり」です。
しかもおまけのつもりだった35-70/3.5-4.5レンズもカビ曇り無しの美品。
さらにさらにコマンドバック70もついてました。これはインターバルタイマー内蔵の高機能データバックです。
さすがにデータバックの液晶は少し漏れがありましたが、いやーいい買い物でした♪
その後ハードオフのジャンク箱から美品のストロボ277Tもゲットし、「セット」が完成しました。


DSCF0655




















発売当時は賛否両論のあったデザインですが個人的には大好きでした。
ちなみにグッドデザイン賞とヨーロピアン・カメラオブイヤーを受賞しています。
この如何にも80年代なロゴとか、今見ると本当にカッコいいと思います。


DSCF0654




















特徴としてはオールプラスチック外装、ワインダー内蔵、マルチプログラム搭載、部分測光に切り替え可。
当時の流行のツボを上手く揃えた感じですね。
反面、メータードマニュアル不可、最高速1/1000秒、露出補正機能なし、スクリーン交換不可。
この辺りがマニア的にはちょっと残念な所。
電源が入手しやすく安い単三電池2本な所と、スクリーンが明るいレーザーマットなのは〇です。

当時の写真部員にはこのT70よりもA-1やAE-1Pの方が人気でした。
ダイヤル操作、金属外装、外付けのモードラなど、より重厚で「カメラらしい」感じがしたのでしょう。
ただメインでペンタックススーパーAを使っていた自分としては、
ワインダー内蔵でマルチプログラムで部分測光が使えるT70の方が、サブ機として魅力的に思えました。
購入までには至りませんでしたが、カタログはよく見ていました。


DSCF0652




















そしてこの専用ストロボがカッコいいのです。
発光部の下の部分からは距離測定用の赤色光が飛びます。その反射光を丸窓で受けている感じです。
その距離データに基づいて絞りが設定され調光されるのです。
性能的にはTTL調光の方が上なのですが、この工程がまるで戦車砲のレーザー測距の様で
ミリタリー好きにはたまらないのです(笑)

DSCF0660



























このカメラは電源やモルトの心配が無いので、いつかフィルムを通すこともあるような気がします。


EBC フジノン 55mmF1.8の話

DSCF0548sss



















EBC フジノン
 55mmF1.8  1974


4群6枚ダブルガウス
絞り羽6枚
EBCコーティング(11層マルチコート)
最短撮影距離45cm
絞り1.8-16
フィルター径49mm
重量203.5g 


ネットでEBCフジノン55mmF1.8をゲットしました。
X-E1と組み合わせてフジフィルム「純正コンビ」を組ませようという計画です。
購入価格はボディ(フジカST801)とセットで4000円でした。
ボディはかなりくたびれていましたが、レンズの程度はまぁまぁイイ感じ。
ごく僅かな使用感はあるものの、ラバーも光学系もピカピカです。



DSCF0549



















このレンズは解放測光のための連動用の突起があり、そのままではマウントアダプターに干渉します。
ST801での解放測光が使えなくなりますが、メインのデジタルでの使用を最優先する事にして、
突起はヤスリで削り落としました。柔らかいアルミ製なので削る作業自体は凄く簡単ですが、
削りカスがレンズ内に入らないように注意が必要です。

とりあえず室内であれこれ試写した感想は「発色が良いレンズ」
色に関してはオールドレンズという感じは一切なく、モダンな発色を楽しめそうです。
この辺はやはりフィルムメーカーの作ったレンズだと感心しました。
同じ富士製なのでX-E1のセンサーとの色的な相性も悪いはずがありません。
さすが「純正コンビ」です(笑)

解像は1.8解放から(ごく僅かにハロが出るものの)実用になります。F2.8なら安心。F4からはキレキレです。
ボケ味はSMCタクマー55mmF1.8と比べるとやや固いような気がしますが、悪くはありません。
この辺りはいずれ紅葉撮り等で詳しくテストしてみようと思います。

ちなみにEBCはエレクトロンビームコーティングの略との事。
ペンタのSMC(スーパーマルチコーティング)が7層なのに対し、11層ものコーティングが施されているそうです。
このコーティングに悪い噂は聞きません。
前玉が青緑主体のコーティングのものはレアもので「当たり」との噂もあります。ホントかな?
一応僕のレンズも前玉のコーティングは青緑でした。

唯一残念なのは、お気に入りのレンズターボ兇箸料蠕がイマイチな事。
ツァイスイエナのフレクトゴン2.4/35では全く気にならなかったのに、フジノン55/1.8での解放はやや甘い感じ。
このレンズは普通のマウントアダプターと組み合わせて、85mm中望遠の感覚で使うことにします。



データベース ミノルタα9xi

ミノルタ α9xi

形式        ハイアマチュア向き35mm判フォーカルプレーンAE/AF一眼レフカメラ
メインフレーム  亜鉛ダイキャスト+ステンレス(前枠、ミラーボックス、底蓋)
ボディ外装    グラスファイバー入ポリカーボネイト+金属コーティング
マウント      ミノルタα/ソニーαAマウント
シャッター     電子式炭素繊維/金属羽縦走り、B・30〜1/12000秒
シンクロ速度   1/300秒。シンクロターミナル有り
ファインダー      ペンタプリズム固定式、ハイアイポイント(23mm)、スクリーン交換不可
視野率/倍率     94×92%、0.75倍(50mmレンズ装着時)
露出モード    マニュアル、シャッター優先、絞り優先、プログラム(シフト可能)
測光モード    14分割ハニカムパターン(インジケーター有)、中央部重点平均測光、スポット測光
測光素子     SPD
AF方式      位相差方式、AF可能最低照度−1EV、ローカルフォーカスフレーム4点
メインCPU         16ビット、クロック周波数20メガヘルツ、ROM62キロバイト
巻き上げ速度  最高秒間4.5コマ(ボディ単体)
サイズ       163×98.5×64mm、755g
電源        2CR5リチウム(別売りグリップで単三電池使用可)

その他      アイスタート、ワイドビューファインダー、インテリジェントカードシステム

          
 


α9xiの話

DSCF0647s



















秘蔵銀塩カメラコレクション、3台目のご紹介はミノルタのα9xiです。
フラッグシップナンバーの9を冠しながら、不人気、不評価で終わった悲劇のカメラです。
個人的には6年近く主力機として使ったα9000に思い入れがあるのですが、
今ではコンディションが良好な個体はほとんど絶滅(ほとんどの固体が液晶漏れ)しており、
また、個性的なデザイン、とんがった性能、無駄な機能の数々に惹かれ、α9xiの保護に至りました。

ネットの個人売買で手に入れた個体は傷もなく程度もかなり良好。
ほんの少し白化していたゴム製のグリップ部分も、ミューズのウェットティッシュで拭くと綺麗になりました。
このウェットティッシュはゴム部分の清掃に効果絶大でおススメです。
何故かミノルタのこの当時のカメラは、ボディもレンズもゴム部分の劣化したものが多い気がします。
ちなみに購入価格は5000円。
フラッグシップ機としては安いような、不人気機種としては高いような、、、微妙な所です。
ただ絶対数は少ないと思われるカメラなので、コレクション的な価値はあると思われます。

個性的なデザインは実はハンスムートの作品。
僕らの年代ではスズキのカタナ(バイク)のデザイナーとして有名な方です。
ボディは基本的にプラ製ですが、底部を中心としてダイキャストも使用されており、
またボディ表面は金属コーティングがされているなど、それなりに凝った造りになっています。
ダイヤル、ボタン、裏蓋部は防滴防塵性も考慮されております。
デザイン的にはXiシリーズのレンズをセットしたい所ですが、性能的には最初期のレンズの方が遥かに上。
セットした写真のAF35-70/4も、コンパクトでとても良く写るレンズで個人的なお気に入りです。
実は朝日カメラのテストでも、全域で100本/mmの解像度を達成した優秀なレンズなんですよ。

性能的に自慢できる点はシャッターの最高速が1/12000秒な事。
実用性はともかくマニア的には嬉しいポイントですね(笑)
モーターの馬力で速度を稼いでる感じではありますが、AFはなかなか速く感じます。
少なくともα9000よりは3倍は速いと思います。
ただ測距点が4点ワイドなのはちょっと不思議。普通は中央+上下左右の5点じゃないのかなぁ、、



DSCF0648s



















このカメラで不評なのはまずファインダー。
液晶を挟んで多機能表示を実現したのは良いのですが、やはり多少モヤモヤ感があるようです。
視野率や倍率はごく普通な数値。
個人的にはあまり気になりませんが、やはりニコンのF4や、後継機のα-9と比べると見劣りします。
ただ評価測光と中央重点平均測光との露出値の差を表示するのは、ベテランには好評だったようです。
ハイテクで測光しつつ経験で確認できるわけですから、ポジ使用時には安心感がありますね。

そして一番不評なのが自動化や先進化を追求し過ぎて使い辛くなってしまった操作性。
アイセンサーとグリップセンサーが反応するとピントを合わせ続け、持っているだけで電池が無くなります。
パワーズームのXiレンズは性能的にもイマイチ使う気になりません。
ファンクションボタン+ダイヤル方式は、現状把握と切り替え操作、どちらにしても判りにくいです。
一応Q(クイック)ボタンがありますが、割り当て機能は1つだけなのであまり役に立ちません。
視野率を150%に広げるワイドビューボタンとかも要らない気がします。
撮影モード、ドライブモード、測光モードはやはりダイヤルや切り替えスイッチが良いですね。

結局このボディはアイセンサーを殺し(テープを貼る等)、撮影モード等は固定して使うのが一番のようです。
割り切って使えば動作精度や内面反射処理等は優秀なボディだと思います。



DSCF0649s



















ドライブモードボタンは側面のカバー内に隠されていてさらに使い難い(笑)
これをQボタンに割り当てる事も可能ですが、個人的にはスポット測光に使うのでドライブは1コマに固定です。
最高連写速度の秒間4.5コマはボディ単体としてはなかなかの数字で、1コマ撮影でも切れは良いです。

ミノルタ独自のカードシステムは後継のα-9では消えた機能です。
旅行用だのスポーツ撮影用だの、基本的にどうでもいいカードばかりなのですが、
ソフト効果の出るファンタジーカード、露出モードが増えるマルチスポットカードだけはちょっと欲しくなります。
今後ハードオフ等で探してみる事にしましょう。



DSCF0650s




























とりあえずストロボをセットして臨戦態勢のα9xi

僕はなるべくボディと専用ストロボをセットで揃えるようにしています。
やはり同時期に開発されたストロボが一番使い易いですし、飾る楽しみもあります。
それにアクセサリー類は後から探すとなかなか出てこなかったりもしますからね。
ちなみに写真の5400xiは新品同様で1000円でした。
後はバッテリーグリップが欲しい所ですね。

ところでこのカメラ、モノクロにすると意外とカッコイイ気もしませんか?
シボ皮の部分も意外と似合っている気がしてしまいます。
このボディは今後フイルムを通すかは微妙ですが、とりあえず末永く動態保存するつもりです。



データベース  リコーXR-X

リコーXR-X  1987

形式        ワインダー内蔵35mm判フォーカルプレーンAE一眼レフカメラ
ボディ外装    ダイキャスト+プラスチック
マウント      リコーPマウント(Kマウントべース、電気接点あり)
シャッター      電子式金属羽縦走り、B・30〜1/2000秒(Bは60分までタイマー設定可能)
シンクロ速度   1/100秒 
ファインダー      ペンタプリズム固定式、スクリーン交換可(3種類)、バーグラフ表示有
視野率/倍率      91%、0.8倍(50mmレンズ装着時)
露出モード    マニュアル、シャッターバイアス、絞り優先、プログラム(3ライン)、日中シンクロ、TV撮影
測光モード    中央部重点平均測光、自動逆光補正(2分割測光)、スポット測光(4%)
測光範囲     EV0-18、フィルム感度12-6400(1/3ステップ)
巻き上げ速度  最高秒間3コマ
サイズ       151×91×51mm、495g
電源        単4電池4本(別売りグリップで単三電池使用可)

その他      専用スピードライトPX(別売り)サイド装着可、時間設定式セルフタイマー、インターバルタイマー、        
           左手レリーズ、モニター撮影モード(PAL、CRT)、
スプロケットレス給装、30秒節電タイマー
                         リセットボタン(メモリー可)、ファインダー内フィルム残数表示

リコー XR-Xの話

DSCF0631



















秘蔵80年代銀塩カメラ紹介の第二弾。 リコーXR-Xです。
前回ご紹介したSFX-Nと同じく、レトロフューチャー感&玩具感満載のボディです。
グレーのボディ、スモークの樹脂でカバーされたペンタ部、滑り止めのスリットラインなど、
ジオン軍的なデザインのSFX-Nに対し、連邦軍的なデザインに感じます。
友人の一人は「宇宙刑事みたいだ」と言っていました(なんだそりゃ)
マルチモード多機能機でそこそこ人気だったXR-Pの後継機ですが、
αショックのAF黎明期と発売時期が重なるので、たぶんそんなに売れなかったレアモデルだと思います。
マルチプログラム、バーグラフ表示、スポット測光、3コマ/秒のワインダー内蔵、スクリーン交換可能など、
一応当時のリコーのフラッグシップモデルという位置づけでした。
前フラッグシップXR-Pの外付けモータードライブが3.5コマ/秒、後継機種のXR-10PFが2コマ/秒ですから、
内蔵で3コマ/秒のXR-Xは結構気合を入れて開発された機種と言えそうです。
そう言えばこの機種からダイキャストを含めて完全リコーオリジナル開発になったとも聞きます。
MF機なのでSFX-Nよりはだいぶ小型軽量です。

セットしたレンズはリケノンPズーム35-70/3.4-4.5。
解放F値が独特なのでOEMではなくリコーオリジナルと思われます。
ボディと同じグレー塗装なので同時発売の準専用レンズかも知れませんね。
購入先はネットでの個人売買。ボディとレンズ(どちらも美品)セットで5000円でした。
ただ非常に残念な事にボディサイドに付ける専用ストロボPXが付いていませんでした。
どなたかお持ちの方、ぜひ譲ってください(笑)


DSCF0632


















ボディ左のカバーを開けるとコマンドボタンが並びます。
あーこういうテイスト、なんとも80年代っぽいですね。
ボタン式の利点として露出補正は±4段もできるし、ISOも6400まで対応してます。
INTはインターバルタイマーで、セルフタイマーを1時間間隔まで設定可能。
高校生の時は合宿時や部室の様子を記録するのにとてもほしかった機能です。
ちなみに0秒に設定すると、セルフタイマーボタンが左手レリーズになります。
構え方によっては縦位置レリーズの替わりになるようなならないような、、、
リセットは各種設定がリセットされるボタンですが、長押しで現在の設定のメモリーも可能。
カスタムファンクションの走りとも言える機能です。
なお、写真のアイカップは非純正品で、おそらくミノルタのAF機用です(ピッタリはまります)


DSCF0633


















運よく説明書付きで入手できましたが、読めば読むほど笑ってしまうほど多機能です。
シャッター優先AEとプログラムAEを組み合わせたシャッターバイアスAEとか、
中央と背景の照度差を自動補正するオートバックライトコントロール測光(多分2分割測光)とか、
PAL、NTSC、CRTの3タイプに対応したテレビ画面撮影モードなどなど(笑)
個人的にはこういう無駄な多機能は大好きです。

ただ実際に使うとかなり使い難そうな感じがします。
ファインダーは倍率と視野率は悪くないのですが、ピントの山は掴みにくく、視度調節もありません。
撮影モード切替はアップダウンボタンを押し続けて、表示されるシャッター速度の中から
「オート」位置を探さなければならなかったりします。
そうかと思えばプログラムラインの切り替えは専用のスライドスイッチがあったりします。
撮影モードダイヤルを独立させて、プログラムラインの切り替えはアップダウンボタンでいいのに、、、
なぜこうなってるのか理解に苦しみます(笑)
そしてシャッターボタンが押しにくい、、、縦に並ぶアップダウンボタンもイマイチ指が馴染まない。
これは日本仕様が単四電池用のスリムグリップだからだと思います。
海外向けモデルは単三電池用でグリップが大きく、こちらが本来の設計だと思われます。
そう言えば説明書のイラストは全部この単三グリップ仕様で描かれていますね。

このカメラは青春&80年代の思い出として動態保存するつもりですが、
おそらく今後もフィルムを通すことはないと思います。
完全なコレクションモデルですね(笑)

タムロン 35-70/3.5 A17の話

DSCF0641



















  • モデル名:17A                  
  • 焦点距離:35-70mm
  • 開放F値:3.5
  • レンズ構成:7群7枚                  
  • 最短撮影距離:0.25(f=70mm)                  
  • 最大撮影倍率:1:2.8
  • フィルター径:58mm
  • フード:42FH
  • 重さ:330g
  • 最大径X全長:65.6mmx59.5mm
  • 価格39,000円
  • 発売時期:1982-1987年         

  • 17Aは評判が良いのでずっと気になっていたレンズです。
    ネットやリサイクルショップを利用して、3本のジャンクレンズから1本を組み上げました。
    手間はかかりましたが、外観ピカピカでレンズもクリアな新同品が手に入り満足です。
    M42アダプトール&レンズターボ兇帆箸濆腓錣擦襪函X-E1でもちゃんと35-70mmとして使えます。
    今の感覚だと35-70mmではレンジ(特に広角側)が足りないと感じる方も多いでしょうが、
    僕の高校生の頃は35-70mmの全盛期。サンゴーナナジュウは慣れ親しんだレンジなのです。

    僕の撮影スタイルだとレンズ1本だけ、という事はほとんど無く、広角、標準、望遠の最低3本は携行します。
    被写体によってこの3本を使い分けるので、どこかでレンズ交換を決断しなければなりません。
    広角側が35mmの標準ズームはこのレンズ交換のタイミングに迷わずに済むんです。
    「あ、この被写体は広角レンズの出番だな」と頭の切り替えがし易いのです(笑)
    ちなみに望遠側の「切り替え点」は100mm位なので、レンジ的には35-105mmや35-135mmのズームが
    良いのですが、それだと今度は大きく重くなりがちです。
    この35-70mmは大きさが程よく、それでいて明るさもありマクロも強い。
    自分的にはかなり高得点の標準ズームなんです。

    Continuation is read
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ