ピアノ練習100日達成

風邪で高熱だった日と、どうしても忙しくて練習する時間が取れなかった2日以外連日ピアノの練習を頑張りついに100日達成しました。

それから夫ともよく話し合った結果、私のわがままを聞いてもらいアップライトピアノを買うことにしました。

ピアノを置く部屋

みんなが集まる2階のリビングとも悩みましたが、スペースもないし2階への運搬料も考えて、1階の子ども部屋にすることにしました。

ピアノ購入に伴い用意したもの
  • 防音対策:床、窓、通気口
  • 周辺小物:補助ペダル、メトロノーム、湿度計

防音対策

我が家は一戸建てで、設置場所も1階ですが、住宅が密集しているので、床の対策もすることにしました。

防振としてこちらのマット

その上にカーペットを置くことにしました。

どちらも簡単にカットすることができて、設置場所ぴったりに置けました。

自宅の窓ガラスはペアガラスになっています。

しかし夜になると隣家の音も聞こえるので、今後のために窓の対策にはこちらを用意しました。


グラスウールと迷ったのですが、加工もしやすいホワイトキューオンにしました。
以前こちらの10mmのものを使ったことがあり、それでも多少窓からの隣家の音が気にならなくなったことがあったので、今回は50mmにしました。

通気口

部屋の中で一番音の漏れる通気口はこちら。

とりあえず1個そのまま入れましたが、ピアノが来てから漏れ具合を確認して調整していこうと思います。


周辺小物

補助ペダル

足がブラブラすると集中できませんので、補助ペタルの購入を検討しました。

一番最初に検討したのはオーソドックスなこういうタイプ。
ピアノのレッスンでもこういう形状のものを使っています。


今はこういう持ち運びに便利なタイプも売っていました。

オーソドックスな上のタイプが7.6kg、コンパクトな下のタイプはスツールだけなら2.2kg、3点持ち歩いても3.1kgという軽さがいいなと思いこちらに決めました。

メトロノーム


今までiPhoneのアプリで対応していましたが、演奏し始めると聞こえにくく使い辛かったので、アナログのメトロノームを購入しました。

相変わらず弾きたいようにバラバラのリズムで弾くので、これで少しは一定のリズムで弾けるようになって欲しいです。

湿度計


1階は湿気が溜まりやすいので、湿度計でしっかりチェックします。

その他

バイエルが始まりました。

厚手の本で、楽譜が閉じやすくなったので、プラスチック製の大きなクリップも購入しました。
金属製よりはピアノを傷つけにくいでしょう。




にほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログへ