とあるオタクの自宅警備(リタイアメント)

ぬるいヲタです。不摂生が災いして身体を壊してしまいました(>_<)。貯金が7000万ほどあるので、深夜にやってるようなアニメを見習って、しばらくはゆるゆると生きてみようと無職ぐらしをすることにしました

起きる。ジョギングする。シャワーを浴びる。
さっぱりして横になる。
網戸越しにそよいでくる風が気持ちいい。

お腹がすく。ごはん食べる。
満たされて横になる。
眠くなったらそのまま寝てしまう。

こういう時間の使い方が自分にとって一番の幸せです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

人生の残り時間について、考えています。

可処分所得は増えることもありますが、
可処分時間が増えることはありません。
というか、自分の残り時間が分かる時は、死の宣告がされた時です。

自分の場合、まだ可処分時間は平均余命でざっくりと考えられる状態にあるわけですが、
身体を壊してリタイアしたという経験から、
時間を大事に使うことを第一にして、残り人生を過ごしていきたいな、と思っています。

……と、理想論をぶっておいて、本題に入ります。

リタイヤしてみると、
毎日「お金」のことを考えてしまっている自分にびっくりしました。

これまでは労働をお金に変えられたので、
「労働」について考えることが、間接的に「お金」につながったのですが、
それがなくなる以上、
これまでよりも精神が守銭奴になってしまうのは、
自然の成り行きなんですよね(^_^;)

5億10億もってたらお金の心配なんかしない!

……とも言い切れません。

あればあったで、
「インフレの目減りを減らすにはどうしたらいいだろう……」
とか、悩んでるに違いないのですw

でも、リタイアして数ヶ月経つにつれて、こういった悩みのうちの多くは、
「暇だから悩んでいる」
「悩んでいると、人生を真面目に考えているような気分になれるから悩んでいる」
可能性を疑うべきだ、と思うようになりました。

お金のことで悩みだしたらキリがありません。

たとえば現状資産が(株式などの含み益も含めて)7000万ほどありますが、
今の生活水準で暮らしていければ、
あと40年ぐらい、つまり死ぬまで、お金で苦労することはないのです。

でも、そう考えようとすると、
「年金はもらえない」
「どこで不意の支出があるか分からない」
「インフレが進めば、生活費はもっとかかるようになる」
などと、必要なお金を積み上げを行って、
「まだ足りない」「まだ足りない」
と、不安の山積みを始めてしまうのです。

リスクを計上すると、いかにも将来を真剣に考えているような気分になれますが、
反対に考えてみます。

「そもそも、平均余命まで生きられるの? その自信はどこから来るの?」
「年金支給開始前に死ぬことになったら、年金がパーでもいいじゃん」
「お金がなくなったら、国の世話になったっていい」

最後のはアレですがw
未来を楽観的に考えることは、リタイアを有益に過ごすスキルであるように思うのです。

お金のことは「ほどほどに」心配する。

放射能を恐れるあまり、仕事をやめたり、日本を脱出するところまで行ってしまうのは極端ではないか、ということですね。


将来の不安はノートに書きだして、
何年か預かってもらって、
その間、やりたいことに身体も心も投入する。

可処分所得と可処分時間のバランスのとれた有効活用。

今年は去年以上に、そこを目標に毎日を過ごしていければいいな、と思っています。

(アベノミクスで財布が膨らんでいるうちに、調子のいいことを書いておきます(^_^;))
(株価暴落とか円高になって、ぎゃあああああああああああと悲鳴をあげるようになったら、笑ってやってください(^_^;))

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

http://blog.livedoor.jp/nullwota/archives/13840547.html

資産運用を積極的(?)に始めて、
予定の半年が経ったので、
ルールの見直しをしようと思ったのですが……。

猿でも儲かる相場じゃ、実力なんか分かんないのでは?(^_^;)

というのが正直な気持ちです。

銘柄選択や回転売買で、巧拙というのはもちろんあるのでしょうが、
それを言い出すと、
自分なんて、専業トレーダーさんの足元にも及ばないですし、
人生の大半をデフレで過ごしたせいか、
株価がこれからも止まることなく上昇していくとは、まだまだ信じられないんですね(^_^;)

恐るべし、デフレ脳。

なので、自分のトレード力は低く見積もって、
これまでどおり「短期売買は資産の1割まで」というルールを継続していくことにします。

そうです、
ビビリなんです(^_^;)

こんな相場を見ても、アベノミクスに身を委ねることのできないショボ男なんですよ(^_^;)

それとは別に、
インフレ対策として、
資産の10%程度の株式を長期保有し、
円安対策として、
資産の25%程度額を外貨でヘッジしています。
(FXなので、証券会社に預け入れている証拠金額はそれよりも低いです)
最初はもっとあったのですが、資産が増えたことでヘッジ率が下がりました。
通貨は先進国を中心に分散させています。
円高時にはダメージを喰らいますが、
長期的な円高=日本経済が安泰なら、どうにでもなるだろうという判断です。
これらは当面、売却しません。
円現金100%リスクからの分散という意味合いです。

資産比率については、
相場が逆行した時に「許容できそうな損失額」から算定しました。

科学的ではありません(^_^;)
メンタル的です。

今のテーマは「心身の自由」にあるので、
毎日毎日、お金が増えた減ったに一喜一憂することも避けたいんですね。
なので、精神的に許容できそうなダメージ額から、
それぞれのジャンルへの投入額を決めました。

こんな感じのルールで、また半年ほど様子を見ていきます。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ