2014年3月に観た映画の感想です。

------

『ホビット 竜に奪われた王国』Dolby Atmos/HFR3D字幕 
The Hobbit: The Desolation of Smaug (2013)
@イオンシネマ幕張新都心シアター8
Score:★★★★★★★★
 Dolby Atmosを存分に活かしたとは言い難い音響設計ですが、川下りやスマウグはHigh Frame Rateと相性が良く、細かな部分まで観ることができます。

------

『ネブラスカ ふたつの心をつなく旅』2D字幕
Nebraska (2013)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター8
Score:★★★★★★★☆
 齢がいくつになろうとも、信頼できる人間を見極めるのは難しい。

------

『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』2D字幕
Kick Ass 2 (2013) 
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター2
Score:★☆
 なにがしたいの...。

------

『マチェーテ・キルズ』2D字幕
Machete Kills (2013)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター6
Score:★★★☆
 題名のとおり、マチェーテの殺人を楽しむ映画です。首がぽんぽん飛んだり、内臓が飛び出したりするのが好きな人におすすめです。
 アンバー・ハードのえっちなシーンはありますが、なにもみえませんし、ジェシカ・アルバやアレクサ・ヴェガはサービスしません。マイナスだ!

------

『それでも夜は明ける』 2D字幕
12 Years A Slave (2013)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター1
Score:★★★★★★★☆
 12年間の奴隷生活ですが、時間を感じさせる描写は極力省いています。季節の移り変わりは一瞬ですし、いまが何年めなのかもわかりません。それだけ異常な空間であり、倫理は通用しません。
 こんな日本題になってますが、夜が明けたとはいえないでしょう。

------

『リディック:ギャラクシー・バトル』2D字幕
Riddick (2013)
@シネプレックス幕張シアター8
Score:★★☆
 前半はリディックがペットと戯れ、後半はひたすらつまらない暗闇アクションが待っています。

------

『ダラス・バイヤーズクラブ』2D字幕
Dallas Buyers Club (2013)
@シネプレックス幕張シアター6
Score:★★★★★★★★★★
 マシュー・マコノヒーとジャレット・レトが体現する、人間の生に感動しました。

------

『アナと雪の女王』 
Frozen (2013)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター4 Dolby Atmos/3D字幕
@ユナイテッド・シネマ豊洲シアター10 2D吹替/3D字幕
Score:★★★★★★★★★☆

------

『ロボコップ』2D字幕
Robocop (2014)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター3
Score:★★★★

------
 
『オール・イズ・ロスト』2D字幕
All Is Lost (2013)
@TOHOシネマズららぽーと船橋シアター6
Score:★★★★★★★★
 
Raised on golden days
God love the USA
Fed on the purple haze
Young men today
He heard them say
Amen, Amen, Amen

I'll never say goodbye
I'll never tell you lies
I'm never gonna die
Amen, Amen, Amen
------

『LEGO®ムービー』3D字幕
The Lego® Movie (2014)
@新宿ピカデリーシアター6
Score:★★★★★★★★★★ 
 Everything is Awesome!!!の主題歌に乗せて、ひたすらに楽しく、創造的で、破茶滅茶な世界が待っている。

------

 今月の美人さんは、『アナと雪の女王』からアナ王女と、その声を担当したクリステン・ベルさん。愛らしい!
Frozen_Movie
Kristen Bell