b715947e.JPG やって来ましたテアトロン。今年は平井堅さんやドリカムもライブを開くという、いつの間にやらビッグなイベント地に成長してしまったテアトロンですが、やっぱり一番歴史と愛着があるのはスタレビでしょう。11回目の聖地はどんな夢を見せてくれるのかと、私たちお客さんも期待に胸をワクワクさせながら暑い空の下に駆け付けました。

 空は雲一つない快晴。ついでに言えば風もない海は凪の状態で、例年になく暑かった!
 そんな炎天下、ステージには後方の見慣れた楽器群とは別にもう一組のバンドセットが並び、今回のオープニングアクトその1「ねぐりぢぇ」というガールズバンドの演奏が始まりました。見た目も曲調もイマドキの5人組のお姉ちゃん達は若さピチピチ、元気に跳ね回ってました。大阪から来たとか?きっと勢いがつけば売れるね、彼女たち。
 そしてオープニングアクトその2、シガキマサキさんというアコギの弾き語りをするお兄さん。要さんより小柄だそうですが、二人並んでみないと真相は闇の中ですね(笑)。曲は爽やかな感じで、スタレビファンには耳馴染みが良かったのでは。彼は九州から来たそうです。きっとジワジワ火が付いて売れるタイプでしょうね。
 どちらにしても、二組ともメジャーになったら「スタレビ兄さんのお陰です」と吹聴してね。


 さて本編。
 夕方5時過ぎ、メンバーが舞台後方からゆっくり登場。各々楽器を手に、まずインストでゆる〜い始まり方でした。そのまま一曲目『STAY MY BLUE』へ繋がる。「さいたま大感謝祭」以来、私の中でこの曲のサブタイトルは「百万円」になりました(^^ゞ今回も歌詞間違いはなく、つつがない演奏だと思っていたら、なんと要さんのギターの音色が出ない。機材があまりの暑さに動かなくなるトラブルでした。要さんもミキサーブースで指示に当たり、お客さんも心配そうに見守る中、どこからか話し声が。声の主はなんと柿沼さん!さすが影のリーダー、いざという時は動きますねぇ。グッジョブ、大活躍ですよ。
 なんとか態勢を立て直しつつ二曲目『BE MY LADY』。しかしこれまた歌詞間違いで中断、機材も不調らしく改めてやり直し。お客さんが母心を刺激されて一抹の心配を覚えるのをよそに、再びゆるいインスト。そういえば要さん、『要のある音楽』でもインスト特集してたけど、いまハマッてます?ゆる〜い感じのままで久しぶりに聴く『MY PRIDE & YOUR PRIDE』。続いて準新曲の『WAKE UP MY HEART』。
 先に開催された河口湖ステラシアターの公演についてのネタバレを読んだところ、このコーナーは実は「題名に"MY"の付く曲特集」だったとのこと。言われてみればナルホドねえ!テアトロンでは機材トラブルでその説明どころじゃなかったのですね〜(^^;)

 ここでメンバー一同ステージに並んで改めてご挨拶。要さん、「ただいま〜」って言い方素敵^^
 今回はテアトロンでしかやらないアカペラで挨拶しようという趣向で、ここで寺田さん一人がアコギを抱える。一部ファンは大ウケだったことでしょう(説明しよう。寺田さんは今年3月のFCイベントでギターの弾き語りに挑戦したのだ)。とは言ってもアカペラの音程を取る時にポロロンと鳴らすだけ。そこで要さんが名付けた曲名が『テアトロンでテラポロン』。ちなみにコーラスも「テっアっトロンテアトロン♪」という歌詞でした。
 デビュー25周年を丸2年間やって、いつの間にか27年目に突入していたスタレビ。後で26年目がなかったことに気付いたらしい(^_^;)

 ところで今回のライブには「スタレビのルーツに迫る」という壮大なテーマがあるそうで、それに則ってメンバーのルーツを聞いてみることに(事前にアンケート済…最近その設定好きですね、要さん)。
 「あなたの祖先は?」という質問に柿沼さんの回答は『油売り』。「油売りは遊んでる訳じゃなく、会話でお客さんを飽きさせないようにしていた」らしいです。だったら柿沼さんというより要さんの祖先かもね(ちなみに柿沼さんは例によってデジカメを持参)。
 続いて添田さんの祖先は『門番』だったとか?名字がそれを表しているとのこと。確かに珍しい名字だけど。そのまんまやん!
 寺田さんは「あなたが両親に似ていると思うことは?」という質問に、「似ていないと思う」というべもしゃしゃりもない回答(^_^;)
 岡崎さんの先祖はなんと瀬戸内海の海賊だったらしいです(お父様談)。よりによって瀬戸内海って、会場の目と鼻の先やん。縁があるね。
 さて最後はやっぱりVOHさん。要さんは「紀勝」と大きく書かれたパネルまで持って来て、「これが"としかつ"と読めるか?」と難癖。更に芸名に"VOH"と入ってるだけで他のメンバーよりスペースを取り過ぎてる、と言う。そこで名前スリム化を提案、"VOH"、"林"、"紀勝"の中で無くしても良いものを選べと究極の選択。悩んだ挙句、泣く泣く(?)"紀勝"を捨てたVOHさん、次期アルバムからは新しい表記で行く…かどうかは定かではありません(^^ゞ

(→次回に続く)

本日のCheer up song/レポもどき中につきお休みですm(_ _)m