February 03, 2014

軍艦をモデリング&出力

autodesk 123D Design という3Dモデリングソフトが無料なので使い始めた。
でもやはりなかなか使いにくいので、自分の興味のある物を作ってみることにした。
ここはミリオタらしく、軍艦を作ろう!
1546406_663602650362803_1534806338_n





































ということで作ってみたものを、3Dプリンターで出力してみる。どうだろうか
1601088_663602677029467_1438268926_n


http://www.strikingly.com/localfellow-jp  
Posted by number190 at 23:46Comments(0)TrackBack(0)出来事 | 旅行

February 02, 2014

2014年の1/12終了

最近、Fablabという所に通っている。自分が行っているのは横浜の関内にあって、横浜スタジアムからちょっとのところ。土日だけしかやってないんだけどここはなかなか面白い。3Dプリンターが二台と、レーザーカッター、ミリングマシンなんかがあって、そこで大人の工作室みたいな感じで何かを作りたい人達が集まって作業している感じ。
自分は3Dプリンタが使いたかったんだけど、レーザーカッターもなかなか面白い。
このFablabというのは世界中に出来つつあって、日本では今7つだけどどんどん増える予定らしい。台湾にも今度出来るとかで、Fablab関内のディレクターさん達が台湾に行くらしい。ちょっと自分も付いて行こうかと思ったりして。それで世界中のFablabの会議が今年はスペインのバルセロナであるとかで、ちょっとそれに参加できないかなーと考えてみたり。なんとかそれに行く出張を作れないか?みたいな。

さて、このブログものすごく長いこと放置していたけど、IDとパスワードがわからなかったんだよね。今久しぶりに入れてみたらログインできたのでこうして何か書いてみようというところ。なんか結構文章を書くというのが億劫になってしまったのか、ちょっとこうやって書いていても何を書いたものか?と悩んでしまうのになんか違和感を感じている。前は結構すらすらと書けたんだけどなあ。

そういうわけで、復活!  
Posted by number190 at 02:07Comments(0)TrackBack(0)出来事 | 旅行

January 01, 2011

引越しとジョニー・ハモン1歳

28日
アリさんにお願いして荷物梱包お任せ、開梱は自分達で引越し。
この会社を使うのは初めてだったんだけどすんごくよかった。
なにか頼むと「はい!他にもなにかありませんか?」とか言ってくれる。
うちは荷物が思ったより多かったようで、最初に来たのは運ぶ人2人、梱包作業2人だったんだけど、途中で応援の人が2人来た。
朝9時からはじめて午後2時過ぎまでかかってなんとか積み込み完了。
その間、自分たちは手持ち無沙汰でこういう時どうしたらいいんだろう?と思ったけど面倒だから梱包お任せしたんだしあえて手伝ったりはしませんでした。昼になっても作業を続けていて、「お腹空いたら食べて来ていいですよ。」と言ってくれたけど申し訳ないので行きませんでした。こういう時昼飯用意するべきなのかなあ。
妻は先に藤沢に移動して、自分はジョニー、ハモンと引越しの積み込みが終わるまで部屋に残ってその後ざっと掃除して、近所のマルナカというラーメン屋(もう来ることはないだろうけどシンプルでおいしい東京ラーメンの店)で一杯食ってから出発。
洗濯ネットの中でジョニーとハモンはぎゃあぎゃあ鳴いて怖がっているんだけどとりあえず連れて行かないことにはどうしようもないので心を鬼にして走り続ける。
コロナウイルスがストレスでFIPに突然変異するという噂もあるがどうしようもない。電車で移動してもやっぱり狂った様に鳴くだろうし。

藤沢に着くと運び込みが始まっていた。4人でどんどん運んで行くのだが、やっぱりすごい。重たい本ばかり入った段ボールを2個づつ運ぶ。あれはマネできないなあ・・・。
さて、引越しでの荷物の搬入は終わったが大量の段ボールが1階と2階に積み上げられていて、かろうじてベッドだけちゃんと寝られるがほとんど足の踏み場がない状態。引越し屋さん達も荷物多いっすね。これ片付けできそうですか?とか聞かれてしまう始末。開梱も4万出せばやってくれるのだけどもったいないのでそれは自分達で行うことにした。しかしこの山の様な段ボールを片付けられるのか・・・。

29日
朝から荷物の片付け。会社は休んだ。実際のところほとんどが妻の荷物だったりする。妻は仕事に行ったので、鵠沼海岸駅まで歩いて商店街を探検。ラーメン屋を発見したので入ってみた。おいしかった。
結構捨てなきゃいけないものが出てきてそれらをまとめて、45リットルのゴミ袋8袋分を車に積んでマンションへ。マンションっていつでもゴミ捨てられて便利だったなあ。ゴミを降ろした後に妻を拾って帰宅。

30日
朝から荷物の片付け。床が少し見えて来た!妻はまた都内へ。なのでまた鵠沼海岸へ。中華料理屋を発見。量が多くてよかった。なんだかんだでまたゴミが発見されて9袋をマンションへ運んだ。ふぅ・・・。梱包やってもらうと楽だけど捨ててもいいものも運んでしまうんだなあ。また妻を拾って帰路につく。藤沢駅周辺でなにか飯喰おうと思ってなんでも松任谷正隆がよく行ってるとかいう店を妻が聞きつけて来てそこに行ってみたけど安くて量が多めで味は普通。隣で女子会6人組が大騒ぎで妻イライラ。自分は彼女達がそれぞれのデジカメを紹介しながら、こんな感じで便利〜とか言いながら何度もみんなで写真を撮っているのを聞き耳立てていた。

31日
朝から荷物の片付け。1階がある程度片付いた。なので自作のちゃぶ台を新居に合わせて白に塗装。乾かしている間に2階に取りかかる。ほとんど妻の漫画と洋服。捨ててもいいものが一杯あるとか言っている。夜は義父母の家でフランスから帰省している義妹姪甥と食事。魚のしゃぶしゃぶだったかな。種類は忘れた。
ハモン1歳の誕生日。大人の貫禄が出て来た。

元旦
朝、義父母の家で食事。ジャケットなし。
昼間はひたすら荷物の片付け。
夜、義父母の家で4姉妹の内3家族が来て食事。ジャケットあり。
その後、部屋に戻ってまた荷物を少し片付ける。
風呂を沸かせる様になったしまだキレイなので風呂嫌いなのに毎日浴槽に浸かっている。
ジョニー1歳の誕生日。ハモンと兄弟だけど生まれた時間が違うらしい。


  
Posted by number190 at 21:28Comments(2)TrackBack(0)

December 26, 2010

帰国したらバッテリー上がっていた

二ヶ月の不在の間にいろいろなプロジェクトが進んでいた。
・ここ数年、妻の実家のリフォームを実施しており工事が佳境を迎えていた。
・ジョニーとハモンにカールと同じ腸コロナウイルスが発見されてFIPに変化しないように免疫力を向上させる治療をしている。
・妻のダンスの発表会が12月と1月にあり、かなり激しく練習しているようだ。

それとは別に、二ヶ月放ってあった車が気になりカバーを外してロックを解除・・・っと無反応。鍵を差してドアを開けて、イグニッションにキーを差してみたけど無反応、何も光らない。それどころかそのままキーが外れなくなってしまった。慌てて説明書を読むとこの車はそういうものらしい。最廉価版とはいえポルシェは特殊だ。バッテリーを交換するか、ブースター繋いでやればいいかと思ったのだがこの車はボンネットを電気的に開けるのでバッテリーが上がっちゃうとお手上げなのだ・・・。
車の保険のレスキューを呼んで後日一緒に、緊急用の手順をやってみたけどドアが開かない。説明書を読んでやっているのに・・・。お世話になってるディーラーが休みだったので、他のディーラーに電話して聞いたけど理由がわからずこの日は断念。
翌日いつものディーラーに電話したら、車で取りに行くとのこと。きれいな積載車が来て、スタッフさんが手際よくバッテリーを運転席足もとのヒューズボックスの中の所定の場所に+を、アースを車体につないでキーのボンネットオープンボタンを押すとバコンと開いた。車体のボンネット開けるレバーではなく、キーに付いているワイヤレスのボタンで開けないといけないらしい。その後、ボンネットにあるバッテリーに繋いでエンジンをかけて積載車に乗せてディーラーへドナドナ。
ついでに一年点検をお願いしたが、バッテリー交換しないで充電で復活させると言う。なので時間をかけて充電したいのでしばらく預かってもいいか?と言う。結局二週間ちょい充電して復活した。
車を取りに行って、走り出した時ほんとに怖かった。ずっとジープに乗っていたので「何この車低っ!」みたいな感じでハンドルもクイックだしオイル交換したせいかすんごくアクセルもいい感じにレスポンスがよくなっていた。リアタイヤは交換しないとダメみたい。

さて、リフォームだが、これは帰国したらすぐに完成のはずだったが作業が遅れて17日にチェックすることになった。しかしなんかあちこちダメ。で1週間やり直しで24日に妻がチェックに行ったけれどまたダメ。28日に引越ししちゃうんですけど・・・。どうなることやら。この顛末は今度詳しく書きたいと思う。
引越しの見積もりに3社に申し込んだが、1社連絡なしのまま2社が見積もりに来て、お願いする会社を決めた。その直後に3社目から連絡。今決めましたよと言うと幾らですか?もっと安くしますよ。とか言うので黙って電話を切った。申し込んでから1週間後に連絡してくるってどういうことよ。

ジョニーとハモンの調子について、猫腸コロナウイルスが検査の結果二匹とも発見された。これはかなりの猫にいるウイルスなんだけどたまに突然変異するとFIPというのになる。こうなると致死率99%。カールと同じウイルスで、このウイルスを殺す薬というのがないので、免疫力を高めるために一週間に一度予防的にインターフェロンの注射と、うんちが緩い(コロナウイルスがいると緩くなる)のを改善する為にそれ用のエサを食べさせて様子を見ているが、体重は順調に増えて、それぞれ3.6kg/3.2kgとなった。今のところFIPにはなっていないと思われる。28日の引越し後に、どこの獣医にかかるかリサーチしなければ。

妻のダンス発表会。芝のゆうぽーとで行われたのを見に行った。意外とうまくて驚いたけどやっぱり1回ミスをして他の人より先に手を下ろして、やべっ!って顔をして手を戻した。その他は結構よかったんじゃないかなあ。接ぎは1月にあるらしい。それにしても同じダンス教室の生徒だと思うのだが、自分の横のおばちゃん二人が、演目中に、批評しまくりで五月蠅かった。「あ〜結局こういう振り付けにしたんだ〜。」「諦めちゃったんだねぇ〜。」「あの子、お腹出すのやめたのね〜」「ほんとだ、あの格好変よね〜」とか仕舞いには二人して踊り出すし・・・。あんたら出演する度胸もないクセに偉そうにと思いつつ小心者なので黙って我慢。

帰国後めっちゃ忙しい。
  
Posted by number190 at 21:37Comments(0)TrackBack(0)出来事 | 車関係

December 10, 2010

出張第9週 帰国へ

28日 日曜
朝から短期アパートを引き払う準備をする。
掃除してゴミを捨てて冷蔵庫の中のものを始末したり。
そこらへんでいくつか買い物して帰国したら配ろうというものとか。
あとは、お茶飲みながらブログ書いてたり。

29日 月曜
朝は英会話。最近は始めにやる雑談もちょっとスムースになってきたかも。
午後に会社に行って、担当者と話しても進展しないのでボスの所へ事情と要求を説明する資料を作る。
本件のMTGは木曜の午後3時からとなった。

30日 火曜
アランと昼飯を食べにWholeFoodsへ。
昼飯時はいつも混んでるなあ。
日本に帰れるのうれしいか?と言うので
ホントはもっといたいんだよね〜と。
資料がある程度出来たのでこの内容で打ち合わせするよと日本側を折衝。

01日 水曜
今日から12月。朝、英会話に行く。
4月になったら日本に行くからあちこち連れてってね〜とか話をする。
でもなんか来年またBoulder来そうな気がするよと言うと4月より前にしようよと。
昼食時アランと隣室のマイクと3人でLongmontのBBQ屋へ。
ふつーの住宅地の中にある家がBBQ屋でびっくり。
しかもうちらはちょっと早めに出たのですぐ入れたけど
どんどん満席になっていった。人気の店らしい。肉がちょっとパサパサだけどおいしかった。


02日 木曜
デザイナーたちが昼食に招待してくれた。事業所の斜め前方向にあるNiwotという町のレストラン。
ハンバーガーを食べたけどおいしかった。なんかやたら小綺麗なレストランでこういうとこもあるんだなと。
あれこれとこの出張中の話をしたり日本に帰ったら〜とか。ここでもまた来るね!と。
その後、午後3時になるのをビクビクしながら待っていた。
ちょっと偉い人達に、こちらの困っていること、今後どのようにしたいと思っているか?
このような方向で双方の力を合わせていいものを作りたいと考えてるが同意してもらえるか?
みたいな説明を全部英語でしないといけない。
(まあ、仕事する中に日本人いないからいつもそうだったけど、偉い人はダメ日本人英語に慣れてないかも)
しかし、事前に資料を送っておいたので二人とも読んで来てくれたので話がスムースだった。
基本的に同意するので、彼らが2週間後に日本に出張してこの件も話すよと言ってくれた。
よかった。
今日がアランとの最後の日。アランは火曜〜木曜の3日しか来ないのだ。
いろいろありがとうねとお礼を言って。アランもなんだかんだで楽しかったらしい。

夜、最後の英会話のレッスン。これまでの1ヶ月半ちょいの中でやったレッスンの内容をざざざ〜っとレビューする。
帰ったら英語のテスト受けるんだ。このテストでいい点取らないと出世できないんよね。と言うと
笑っていたが、最初の時と比べたら私の言ってること結構わかってるし大丈夫っしょと。
お世辞だけど言葉通りに受け取っておく。
4月から柏に住むというのでレッスン後に、ちょっと柏の話をしたりして。
家に帰ってから荷物のパッキング。あれ詰めて、これ詰めて。ぼろい服は捨てて。
結構な量を捨てた。

03日 金曜
今日はアパートを引き払って荷物ごと会社に行く日。
なのでまず身支度をしてから車を公共駐車場から出して来て家の前に路上駐車。
(初日にこれやって駐禁切られたので短時間で全部できるように荷物は玄関にあらかじめ置いておいた)
急いで荷物を積み込んで、鍵を指定の場所に隠して出発。
会社に着くと、今回の出張で関わった人達に挨拶まわりをした。
でも結構みんな休んでたんだよね〜。
それでも昼に12,3人で会議室でチーズケーキを食べながらお別れ会をしてくれた。
そこで挨拶をしたけど、週末あちこち行ってすんごく楽しかったよ〜というような挨拶をしてしまった。
仕事でこれからも一緒にがんばろうね!とか言わないといけなかっただろうと思うんだけどまあいいか。
それがお開きになるとなんかすることもなくなってしまって、そっと会社を出てデンバーへ向かった。
明日の飛行機が早い時間なので、空港近くのホテルに前泊。
とりあえず3時ころチェックインして、デンバーで一番デカイとかいうモールに買い物へ。
お土産を補充。そのあと、レンタカーを帰して、空港で航空券をゲットしてホテルへ。
なんかホテルのシャトルバスがあったらしいのだけど見つけられなくてタクシーに乗ったらすんごく嫌がられた。
あそこにシャトルバスあるじゃねーか!無料なのになんでタクシー乗るんだよ!と。
話を聞くと客を待つのに3時間並んだと。みんな最低でもダウンタウンくらいまで行くから50〜60ドルにはなる。
なのにすぐそこのホテルとか勘弁してくれよ!みたいな感じ。
3時間も!大変だな〜ごめんよ〜とか他人事な返答してみた。

4日 土曜
朝6時半のバスで空港へ。そこからサンフランシスコで飛行機を乗り換えて成田へ向かう。
ボーイング747ってでかいのに満席。窮屈で死にそうだった。
しかもUnitedは座席ごとにテレビがないの。その上成田経由台北行きらしく映画の字幕が中国語。
詰んだ・・・。

5日 日曜
夕方になってやっと成田へ。そこからバスで東京駅まで行ってタクシーで帰宅。
荷物が大2個、中1個、小1個なのでとても電車移動とか無理。
帰宅しても妻はダンスの練習だかに行っておりしばらく不在で、ジョニーとハモンと再会を喜び合う。
(こいつら俺のことわかってるんかな〜・・・きっと人なつっこいので誰にでも甘えるのだろうが)
長かった出張がやっと終わった。

例によって写真が会社なのでまた今度  
Posted by number190 at 09:59Comments(0)TrackBack(0)

December 03, 2010

田舎暮らし

27日 土曜

朝6時頃に目覚める。目を瞑ってから一気に朝。
夜中に起きてもう1回天の川を見ようと思ってたんだけどなあ・・・。
トイレに行き、二人がまだ起きていないことを確認して二度寝。

9時過ぎにもう一度目覚めると、キッチンから料理をしている音が。
もぞもぞと起き出すと二人が朝ご飯を作っていた。
スィートポテトを煮たものと、卵焼きとサラダ。
おいしかった。
「もっと食べないと。私たちは朝多めに食べるのよ。一日の活力に・・・」
でも朝からそんなに食べれないしなあ。

食事の後、後片付けをしている間にまた犬の散歩へ。
Davidとこれまでどういうところに旅行したの?みたいな会話をする。
「19,あちこち行ってていいなあ。自分もいろいろ行きたいんだけど。」
「メキシコとかキューバとかペルーなんかにも行きたいよ。でも日本からじゃ遠くて」

家に戻ってハイキングへ。
ボブキャットリッジというエリアで最近整備されたところらしい。
昔、大草原の小さな家みたいな生活をしていた家族の農場があったところで
その跡地を記念碑的に残している。
な〜んにもない草原と山の中をトレイルが延びていてこのままずっといけば
ロッキーマウンテン国立公園まで行けるらしい。
人もBoulder近辺と違って極端に少ないので歩きやすい。
車で馬を引っ張って来て、馬でトレイルを行く人達もいてうらやましい。
いいな〜なんて言っていたら、近所の友達が馬持ってるから乗せてくれるよう頼むわと。
まじか〜!早く馬乗りたい!と盛り上がっていたんだけど急におなかが空いて来た。
一日の活力ってこのことか〜。二人は朝しっかり喰って昼は抜くのだと。うぅ。
空腹のまま水だけ飲んでハイキング。キツイ。

家に戻ったけどそのまま近所の家へ。
この辺は大きな敷地で馬や牛を飼っている家ばかり。
Kateの友人の家でも2頭の馬がいて、敷地の中で奥さんが馬に乗っていた。
その馬に自分が乗って円形の馬場をぐるぐると回る。
乗馬のレッスンの馬と違ってこの馬は言うことをよく聞く。
まっすぐ、止まる、バック、右折、左折と思いのまま。
ダッシュもできるしすんごく自分がうまくなったみたいな印象。
奥さんもあなた結構大丈夫そうだから馬場から出てみたら?
ということで敷地の中をあっち行ったりこっち行ったりして楽しかった。
馬から下りた後、Kateと一緒にブラッシングしてお礼を言って帰宅。
残りの滞在を楽しんでね!と。

晩ご飯は、Kateがステーキを焼いてくれた。
でもKateとDavidはサーモンを食べていた。肉はあなたの為だよと。
ブロッコリーの茹でたもの、芋の茹でたもので食事。
素朴なんだけど空きっ腹にはものすごくおいしかった。
食べた後、薪ストーブの前で3人でゴロゴロしていたらDavidが
本を読んでくれた。植物図鑑だったのかな?内容はよくわからなかったけど
たまにKateが質問したりしてDavidが「いい質問だね。たしかにわからん。」とか言っている。
一章終わったということで、読書の時間は終わり。
二泊していいのかわからなかったのと、日曜は買い物に行きたかったのでここで帰宅することにした。
Kateは明日の朝帰ればいいのに!と言ってくれたけどとりあえず帰宅。
楽しい週末だった。

写真は後日

  
Posted by number190 at 12:16Comments(3)TrackBack(0)

December 02, 2010

Ft. Colins 天の川

26日 午後
会社から1時間ちょっと北上したとこにある、デザイナーのKateの家へ。
友達(彼氏と思うけど)も来るから泊まりで遊びに来なさい。
サンフランシスコにいる息子の部屋がそのまま使えるからそこに泊まってちょうだい。

というわけで、水曜に購入したスパークリングワインを持って出発。
しかし、昨日の様に「お酒飲めないし・・・」とかになると大変!ということで
高級スーパーで豪華そうなフルーツ大量に盛られたパイを購入。
ふぅ〜これで安心だぜ!と思いつつ冷やしておいたワインとパイのために暖房を付けずに進む。
でもそんなに寒くなかったから天気がよかったのかも。
コロラドってころころ天気というか天候が変わるからわかりにくいんだけどね。
Longmontを過ぎてLovelandと、Ft.Colinsの間位の山の中〜と。
道がダートになって、おいおい大丈夫か?と思ったら前の方で犬の散歩している二人を発見!

「お〜来たね〜!」みたいなことを二人が言ってる中「家どこ〜?」と聞くと通り過ぎてるよ!と。
Uターンして、こっちこっちと誘導してくれる方に進むとやたら広い敷地にある小さな平屋へ。
小さいって言っても今自分達が東京で住んでる部屋の倍はありそうだけど。
1975年から住んでて基本的にはちょこちょこ直しただけだから古いし安物で恥ずかしいとか言ってる。
でも中はとてもきれいで、薪ストーブなんかもあったりしていい感じ。
Kateはチベット仏教に帰依しているらしい。だもんで飼ってる犬も3匹のうち2匹はチベットの犬。
一時の騒ぎの時にチベット旗をブログに貼ってからずいぶん経ったわけだけどBoulderではこの旗を結構見かける。
なんでかな〜?と思ったらBoulderにはチベット仏教の大学もあるらしいです。
というか、自分の英会話の先生はその大学出身だった・・・。
と、関係ない話になってるけど、室内には嫌味になったり、やりすぎ感の出ない感じに仏像とかそれっぽい調度品が置かれていていい感じ。
しかし薪ストーブって暖かいのね。他に暖房器具ないけど十分家中暖かかった。
Fireplace

夕方遅め(3時くらい?)に到着して、例のワインとパイを渡すとなんと!
二人とも酒飲まないとか・・・。うぅ。パイ買ってよかった〜。
Ft. Colinsに晩御飯食べに行こうということになって、時間があるのでとりあえず近所の峡谷をドライブ。
小さなグランドキャニオン(矛盾してるな・・・)みたいなところで全体が赤い土か石で出来ていて不思議な景色。Davidが運転して、助手席に乗せてくれた。
でも景色が特殊過ぎて話もあまりしないで、景色に集中しちゃって申し訳なかったな。

暗くなって来たので、Ft. Colinsへ。
この街は初めて。田舎の町なんだろうなあと思っていたんだけど、LongmontやLovelandよりも都会かも。
なんかメインストリートがお洒落。建物も古くてちょっとヨーロッパっぽい雰囲気。
Ftcolins01

何が食べたい?と聞くので正直に肉!というとちょっと困ってた。彼らは魚が大好きらしい。
肉も魚(鮭)もあるステーキ屋に。
ここでもやっぱり二人とも酒を頼まないので流されてアイスティー飲んでみた。
二人は酒のムニエル。自分は今日のスペシャルの鹿(でもオーストラリアの鹿・・・鹿なんかいたのか)
でも結構おいしかったしいい雰囲気の店だった。
それにしてもパイを買っておいてよかった。あのパイあるからデザートはいいよね?と。
二人とも甘いもの大好きらしい。酒も甘いのもダメだったらどうしようと思ってたけどよかった。
食事の後、Ft.Colinsのメインストリートを散策して、あちこちの店を覗いたりしてから帰宅。
なんか小さなアイススケートがあって子供たちが大量に滑ってて面白かった。

家に着いたのはもう9時くらいで、周りは真っ暗。
DavidがMilkywayが見えるよと言うことで、外でしばらく二人で星を見てた。
すんごいの。月がまだ出てなくて、雲もまったく無くて真っ暗なはずなのに、空が灰色に見えるくらい星が・・・。
乱視なので、こんなこともあろうかとメガネをかけて見てみると、ビシッ!と焦点があって一つ一つの瞬く星が全部見える。
すごい。すばるも見えたし、天の川って本当に川みたいに見えた。
Davidが双眼鏡を持ってきて貸してくれたので覗いてみたけど、これも凄すぎ。
星を見るのが趣味になっちゃう人ってこういうのを見れるから好きになるのか!と納得したり。
日中は結構あったかかったんだけど、さすがにこの時は寒かった。
でも外にいないと星が見えないから結構長いことに外にいて星を見てた。
「あそこにカシオペアがあるよね」とDavidが言うけど、日本にいるとWの形しか見えないけど実は周囲に大量に星が!
関東から見る星座とすべてが違っていて見ていて全然飽きない。
時折、長い遠吠えが聞こえるので、あれってコヨーテ?と聞くとそうだよ。山の上にいるんだ。と。
たまに家畜の鶏とかを襲いに降りてくるらしい。

この後、寒い寒いいいながら家に入ってストーブにあたって体を暖めてからパイとお茶を。
なんかこのパイ、高かっただけあっておいしかった〜。よかった。
二人ともおかわりしたし、買ってよかった。ワインだけだったら悲惨だった〜。
ストーブの前でしばらくあれこれ話をしてから、風呂に入って寝ました。
Kateの息子さんの部屋、ベッドの脇にライフルが無造作に3,4本置いてあって恐いんですけど・・・。
なぜか日本刀もあった。Kateが自慢気に抜いて見せたのでちょっとひやっとしたり。
刀身をためらいもなく触りまくってたし。触らない方がいいよ〜と教えてあげました。
人の脂が刀身によくないから。本物だったらだけど。

ベッドに入って目を閉じて開けたらもう朝。
でも粘ってウダウダとベッドの中にいて、9時頃に二人も起きたのか食事の支度をしている音がしたので起きていく。
お茶を一杯もらって、Davidと犬たちの散歩へ。チベットの犬2匹を連れてちょっと山の方へ。
もう一匹の狆のMix犬は高齢なので散歩にいけないみたい。
近所の家はみんな農家なので道端に容赦なく犬どころか馬とか牛の糞が!
それを避けて歩きつつ、犬たちがうんちをしたらきちんと袋に入れるDavid。ちょっと感心。
そこら辺で飼われている牛さんに挨拶。
caw01

なんでかわからないけど農家の敷地の入り口に、古いトラクターの残骸が飾ってあったりする。
ここでも何台か見かけたので、写真撮ってみたりして。
こうしてみると、トラクターと車って同じに見えるね。そんでこのトラクターは錆び方とかヤレ具合がアートっぽい。
そういえばKateの家の納屋?昔は馬飼ってたらしいけど)に、息子さんのクラシックなトライアンフ(単車)とこれも古そうなボンネットトラックが仕舞ってあった。
大学生の時このトラックやバイクで通学してたらしい。お洒落さんだったんだなあ。
なにしろどっちもピカピカだった。うらやましい。
tractor


  
Posted by number190 at 13:02Comments(0)TrackBack(0)出来事 | 旅行

November 30, 2010

Black friday

26日 金曜午前
Thanksgiving明けの金曜は、BlackFridayと呼ばれている。
木曜にお店閉めたので売り上げが下がるけどその分金曜に安売りして客を呼んで黒字にするぜ!ということらしい。
朝5時くらいからお店がオープンするので、夜中から並んだりするらしいけどさすがに並んで買うものもないし・・・。
でも日本に帰るので妻にお土産を買わないといけないので、起きれたら朝5時に行こう!と就寝
しかしやはり何事もなく朝8時に起きたのでした。
でもまあ、何軒か見たい店もあるしとりあえず風呂入ってFlatironsClossingMallへ。
アバクロなんか買って来いというので行ったんだけどすんごい空いてるの。
なにこれ、安売りしてないの???と思うと100ドル買ったら50ドル分のポイント進呈というキャンペーン。
他の店は軒並み40パーセントオフなんで、どっちがいいのか微妙だけど、アバクロあんまり人気がない。
でもまあ、ちょこちょこと買い物してポイントもらえる程度になったので店を出た。
同じ系列の安いバージョンで、HOLISTERってのもあるんだけど、こっちはすごい。
30パーセントオフだったんだけど、元値が安いので高校生、大学生くらいの子が大量にレジに並んでる。
いや、こんなに並んでたら商品見れないんですけど!と思うのだけど仕方ない。
ここは安かったので2,3個買おうと最後尾に並んでみたらレジにたどり着くまでに45分かかった。
いや〜BlackFriday行ってきたよ!と他人に報告できるネタになってよかった。
電気屋でもテレビも型落ちのでかいのが安かったけどアメリカで買っても持ってかえれないしなあ・・・。

スーパーとかディスカウントストアとかでもいろいろ安売りしてたみたい。
でもさ、アバクロ行く前にWEBで「おっ!これ格好いいじゃん!」と思ってたものは全然ないの。
商品が置いてないのよ。なにこれ?
あとで、会社の人に聞くとBlackFridayに買い物に行ってもいい商品は奥に隠してたり、セール対象外だから実は安くないよ。とのこと。
先に教えてよね〜。

Flatirons
  
Posted by number190 at 15:35Comments(0)TrackBack(0)出来事 | 旅行

November 29, 2010

出張第8週 Thanksgiving

22日 月曜
朝、英会話。今週はこの一回だけ。
水曜日は仕事で、木曜は彼氏の両親がBoulderに来るので一緒に晩御飯を食べるらしい。
初めてじゃないけどやっぱり緊張するらしい。アメリカ人も一緒なんだね。

昼飯はNiwotという事務所のちょっと先の村に行ってみた。
11時半くらいに入ったんで空いてたんだけど、あっという間に満席で行列が出来ていた。
お一人様で4名席を占拠していて申し訳ない。ここに案内されたの・・・。
ミートローフとマッシュポテトにクランベリーソース、それにレモネード。おいしかった。

今週の木曜は感謝祭Thanksgivingで会社は休み。それにあわせて今週全部休みにしちゃってる人が多い。
なのでとても静か。駐車場の車は結構いたんだけど人はやっぱり少ないな。
マネージャーさんから木曜のパーティーに家に招待されたのと、金曜か土曜かにうちに来ないかとデザイナーのKateが誘ってくれていた。
サンフランの友人Yさんがもしコロラドに来るようだったらと思って返事をしてなかったんだけどスノボに行くことにしたらしいので行けるよ!と返事をしようと思って忘れてた。
そうしたら二人からじゃんじゃんメールが!仕舞いには部下のPatrickがオフィスまで来てマネージャーに返事してやって!と・・・。すまんです。
行きますよ!と返事。その間にも携帯のTEXTメッセにも会社のメール、プライベートのメールにもバシバシメール入ってた。
返事遅くてごめんなさい。
しかしKate...友人のDavidも来るから一緒に過ごそうって言うけどDavidって友達なの?彼氏なの?

夜は日本とテレコン、あと最近の状況をメールで報告。

23日 火曜
お休みモードでノンビリと9時半頃出社。
めっちゃ寒いんですけど。

みんな暇なのか自分のオフィスを通りかかる人が話しかけてくる。
「木曜(Thanksgiving)どうするの?」
「マネージャーさん家に行くよ。」
「Thanks giving初めて?」
「うん、はじめて、日本にはないんだよ。この行事。アメリカだけ?」
「カナダもやるみたいよ。」
「誰かの家に行くときってなんか持って行ったほうがいい?」
「あ〜、ターキー食うだろうから白ワインがいいと思うよ。あとはパンプキンパイかなあ。」
「パンプキンパイ?」
「うん、Thanksgivingにはターキーとパンプキンパイが定番だよ。」
「そっか〜、探してみるわ〜。」
「ちなみに木曜は店閉まってるから買うなら水曜ね。」
「うぉぉ、らじゃ!ありがとう。危なかった。」
みたいな会話を何人かとした。

昼前にDavidがオフィスにやってきた。
ものすごく優しい喋り方をする小柄でやせた感じのおっとりした人。
なんか俺がKateの家に行くと迷惑じゃない?と聞くと全然Kateも楽しみにしてるから来てよ!と。
よかったと思いつつ、迷惑?と聞かれて、うん迷惑という人もいないわなあと。
Kateに、Davidに会ったよ!とメールで報告(彼女は家で仕事してた)
「David,すんごく優しそうだしいい人だね!」
「そうなの。彼のおかげで私はすんごく幸せなのよ!」
これ、恋人だよね・・・。いいのかな。愛の巣へお邪魔しちゃって・・・。

夜また日本と連絡取り合う。

24日 水曜
今日は一段と出社している人が少ない。
みんな昼過ぎで帰って行ったので、自分も帰っていい気がして帰っちゃった。
あれこれと買い物したり、これから買い物するかもしれないので荷物が増えるのでバックでも探すかと。
スーツケースにしてもいいけど普段使わないから車輪付きのダッフルバックみたいのないかな〜。
TargetとかREIとかいくつかまわってみたけど今日は結局購入せず。

酒屋で、酒を購入、白ワインをマネージャーさん用、スパークリングをKate用。完璧!
パンプキンパイは、たぶん奥さんが用意するだろうと思うのでやめた〜。

夜、Sushi Toraという昔日本人が経営していてColorado一うまいと評判になった寿司屋に行ってみた。
経営してた日本人(寿司職人)はこの店をアメリカ人に売り払って、Sushi LeoというのをLongmontでやってるらしい。
経営者が変わってから日本人はこの店に行かなくなったと前に聞いて、どんなヤバサなのか興味があったので。
握りの種類がすんごく少なくて、巻物が一杯。握りは乾き気味だった。
Colorado乾燥してるから湿らせたキッチンペーパーで巻いて冷蔵しないと・・・と教えてあげたくなってしまう。
でもなんだかんだで、ロール系はおいしかったかな。フィラデルフィアロールとかいうチーズ入りのやつ。

25日 木曜
今日は午前中は会社へ。本当は休みだけど今晩からインドに里帰りしちゃう設計者と今回のこの出張中に話し合った内容をレビューした。
去年からお願いしていることも、結局最後まで彼はやると言わなかった。
なので、どうしてうちの会社が開発費を出して、うちの製品を作るのにデザインの決定権がうちにないのか?と聞いてみた。
上司からはそうしろと言われてないと・・・。彼は親切だけど根本的には頑固なんだなあ。
仕方がないので来週その上司のところに直談判に行ってくるよ。

一旦帰宅して身支度をして、一応パーティーなのでジャケットとか着て一路マネージャー宅のあるLongmontへ。
途中でやっぱり不安だからWhole foodでパイ買うか!と寄ってみたら営業していなかった・・・。
朝はやっていたのに・・・。

さて、2時以降、4時までにうちに来てねということだったので、3時頃に到着。
比較的新しい住宅地に彼の自宅はあった。
中に入ると吹き抜けに階段があったりして広い感じ。
彼には5人の子供がいて、うち一人は家族でテキサスに居るので今日は4人来るとのこと。
しかし、それぞれが結婚して旦那や子供がいたり、彼女連れてきてたり彼氏来てたりでやたら一杯人が!
最初に一人一人と自己紹介したんだけど覚え切れない!というか握手した途端に忘れてる。
持参した白ワインを渡すとなんとマネージャーは酒飲めないと・・・あぅ・・・。
でも奥さんが酒大好きらしいのでよかった。

みんなすんごくフレンドリー。たどたどしい英語でも、何言ってるの?という困った顔をしないで接してくれるので話しやすかった。
たぶん父ちゃんがみんなに先に言ってあったんだろうとは思うけど、あのわからん・・・という顔見る度に萎縮しちゃうから。
奥さんもすんごく明るい感じで一生懸命料理してた。もう一杯皿に料理があるのにまだ作るのかよ!というくらい頑張ってる。

息子さんの一人は彼女と彼女の兄貴も呼んでた。なんか両親がNYに住んでるんで兄貴も暇だし去年も来たらしい。
この兄貴が185かもうちょいあってすんごく背が高い上に顔が小さくてしかも整ってるの。
妹の方は若干寝ぼけた感じなんだけど、兄貴の方は白人には珍しいくらい格好よかった。けど鼻毛が一本出てた。
アメリカ人って鼻毛結構出てるんだよなあ。そういうこと気にしないのかもね。
彼と自分は周りはみんな家族なので、たまにあれこれ話してたけど彼もフレンドリーに接してくれてよかった。

さて、4時が過ぎて料理が並べられて食事がスタート。
人数が多いのでテーブルが二つに。大人チーム、子供チームみたいな感じ。日本のお盆に実家帰った時の感じだね。
さて、料理が大きな皿に盛られていくつもテーブルにあるんだけど、これらを自由に取るんじゃないの。
各自がその料理の皿を持って必要なだけ自分の皿に取って、左の人にパスするシステム。
これが大変だった。皿がめちゃ重い上にテーブルの上は自分用の皿があるからテーブルに置けない。
プルプル震えながらちょっとづつ取って自分の皿へ。そしてパスしようとすると左の人はまだ取り分け中でしばらくプルプルしてなきゃならない。
主人の席にマネージャー、左に息子彼女、息子、息子彼女兄、娘、娘彼氏、自分、奥さんで一周。
とにかく和やかで楽しい雰囲気で食事が始まったんだけど、娘の彼氏がパスされた皿を思い切りテーブル上に落っことして中身をぶちまけた。
奥さんの顔が曇る。マネージャーは無言で見なかった振り。褪せる彼氏・・・。
娘さんはこの彼氏を両親に合わせるのは初めてだったらしく、彼氏の緊張もものすごかったみたい。
娘さんがアンタなにやってんのよ!と彼氏をこづく。だって〜とか言いながら娘の手を取って両親の前だけどイチャイチャ。
この辺の感覚はよくわかりません。
あれこれ喋ってたんだけど、彼氏はほぼ無言で自分の影で小さくなってた。
奥さんが急に彼氏に話を振った。ビビル彼氏。娘さんに促されてやっと小さな声で返答する。
「あなた、小さい子供がいるんだって?」
「はい、17ヶ月です。」
「あら、かわいいさかりじゃない、今日はどうしているの?」
「相手の家にいます・・・。」
「あらそう・・・。それで仕事は何しているの?」
「えっと、あのう、○○です・・・(聞き取れず)」
奥さんさっきまで笑ってたのに、このときは笑ってませんでした。
子連れの彼氏ってのが嫌なのかなあ。マネージャーにいたってはほぼ彼氏のこと無視だし・・・。
ある程度食事が進んだあと、皿を片付けようってなった。
娘さんが彼氏に皿洗い手伝って来な!と命令していて、オドオドしながら彼氏が
「でもシャツの袖まくってくれないとできない。」とか言ってて娘さんがまくってあげてるの。
それを複雑な表情で見る奥さん。その間でドキドキの自分。
やっと彼氏が隣のキッチンへ出撃。ほっとしたのも束の間、すぐに彼氏が戻ってきた。
他の娘達に洗い場は間に合ってます。と言われた・・・うぅ・・・とか言ってるの。
娘さんがアンタ何やってんのよもう!とかって態度でこづく。

食事の前後はXBOXのKINECTというカメラで人の動きを検知してゲームに反映するシステムで踊ったりゲームしたり。
しかもこれはカメラ付きだからテキサスの息子さん家族とビデオチャットしたりとか。
テレビが大きくていいなあと思ったら55インチだという。この位なきゃダメか〜。
アメフトの試合を見たり、自分に見せてやろうとNYのThanksGivingのパレードの様子を見せてくれたり。
Kinectでビデオチャット中。
videochato

デザートも何人かがパイ持って来ていて、奥さんも用意していたので大量に。
食べ終わってしばらくした所で7時半位になったのでお礼を言って帰宅。
なんだかんで結構楽しかった〜。

帰りにガソリン入れて、なんか夜だしせっかくなのでちょっと冒険してみようとBaselineという道をそのまま山の方に入って行ってみた。
ものすごいキレイな夜景スポットがあった。Boulderの街や、遠くに広がるDenverの町がばば〜んっ!と見えるの。
カップルだらけの中で一人でちょっと見てきちゃった。
gas

  
Posted by number190 at 11:00Comments(1)TrackBack(0)出来事 | 旅行

長文書いてたのに

消えた・・・。  
Posted by number190 at 07:52Comments(0)TrackBack(0)