2013年03月19日

紹介しません!

どーも皆さんこんにちは。



久しぶり過ぎて、いつぶりか分からない更新をします。





こんだけ更新してなくても、まだこのブログを見てくれている人がいるんですね。

ありがたいやら申し訳ないやら。 

ともあれ、今後ともよろしくなり。





さて、まずは近況報告から。



ワタクシは現在サラリーマンでございます。

とある外資系企業で、クビになるんじゃないかとビクビクしながら働いております。



抜け毛増えそう。

いや、増えてるけど。



最近髪を切ると「髪を切りましたか?」

とは聞かれない。



「髪増えましたか?」

と聞かれる。



どうやら僕の頭は、短髪の方がフサフサに見えるみたいだ。

うむ、短めキープで行こう。



ともあれ、六本木あたりをウロウロしているので、

近い人、一緒にランチでもしてください。 



で、今日の話題。

それはですね、「出逢い」です。



最近同僚(女性)に、よく言われるんだよね。



「結婚したーい。誰か紹介して」



いや別に、いいですよ。

結婚できるかは知らんが、紹介できないことはない。

同僚でも、特に僕と似た年齢(31歳)の女性か、もしくはちょっと年上の女性から言われることが多い。



でもね、僕はここで中年の主張をしたいわけです。



「結婚できないのは、出逢いの少なさが理由ではないですよ!!」




どんな人生を歩んできたかは知らないけどね、これまで人並みには出逢いあったワケでしょう?

で、結婚できる人もいれば、できない人もいる。

となれば、出逢いの無さ以外に独身である理由があると考えるのが妥当ではあるまいか。



どーもね、紹介してという言葉の裏側に、

「まだ結婚していないし、恋人もいない。でもそれは私がダメとかではなくて、単にいい人と出逢えてないだけ」

そういう主張が隠されていると感じてしまうんだな。

あいや、もしかしたら穿ちすぎかもしれんけど。

というか、そう考える俺は器が小さいのか? 



別に「結婚が善」と言っているわけではない。

でも「紹介して」という人は、結婚か、もしくは恋人が欲しくて言っているわけだよね。

だとしたら、出逢いを求めるのもいいけど、

自分を変えちゃった方が早いと思う。

自分は今のままで、出逢いだけを求めたとしても、

それは今のまま結婚できない可能性が高い。

今結婚できてないのがその証明。




これがさ、中高一貫の女子高を卒業して、

さらに大学も女子大に通っている現役女子大生が言っているなら、

まぁ分からないでもない。

しかしながら、社会に出て10年以上経っている女性が言ってると、

モヤモヤする。 



モヤモヤするのは他にも理由がある。

それは、「紹介して」という言葉に、

ある言葉がセットになっている確率が高いからだ。

その言葉とは



「213さんて、カッコイイ友達とか多そうだよね」



……




これね、すげーリアクションに困るというか、

腹立つというか、

何なんだよと思うわけです。



カッコイイと言われたいわけじゃないけどさ、

いやまぁ言われりゃ嬉しいけど、

そこはもう期待してないからいい。



でもなんか、イラつくんだよな。



 「あなたは魅力的ではないけど、あなたの友達は魅力的な人が多そう」



そんな風に言われている気分。



うるせーんだよ!!

こちらから紹介したくなるような女性なら、とっくに紹介してるよ!!



こう言ってやりたい。








もちろん言えない。








そんな主張。





今日もまたセコセコ働く。

まぁでも、仕事中にブログをアップできるくらいには気楽なんだが。



それではまた。


 

number213 at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント