2013年04月23日

だっさいとコブジメ

ちょっと前、相方の実家にお邪魔してきた。
(ここ最近、何度もお邪魔しておる)



まだまだ緊張するが、それはそれ、 

とりあえず宜しくやってきたつもり。



今回またしても相方ママの手料理をごちそうしていただくため、
(前回も用意していただいた)

自分もささやかながら一品持参する。



持参したのはコブジメ。

昆布〆です。

とっても簡単、とってもおいしい。

なので皆さんやってみてください。



用意するのは以下のものだけ。


・昆布(煮出し用でOK。できるだけ平らな面の大きいもの)

・刺身(白身魚。赤身でもおいしいけど、まぁお好みで。できれば新鮮なもの。薄造りがベター)

・昆布ポン酢(普通のポン酢でもOK)

・小ネギ



この4つだけ。



まずは近くの角上魚類で申請な真鯛と平目を仕入れ、

お次にいなげやで、

平らな、

というか平面積が大きい昆布を購入。

ついでに細葱も購入。


 
真鯛と平目は薄造りにする。

とはいっても、昆布〆の場合、そこまで薄くなくても良い。

最悪、すでに切って売られている刺身でもOK。

昆布で〆る時間が短いならば薄い方がいいけれど。

余談だが髪は薄くない方が良い。

 

で、薄造りにした真鯛や平目を、

昆布の上に乗せていく。

いっぱいになったら、

その上に昆布をかぶせ、

またその上に魚を行く。



そうして均質な真鯛と昆布の地層みたいなのを作り上げたら、

ラップをして、重しをして2〜3時間ほど。




これで出来上がり。



まじで簡単。

の割においしい。

のでオススメ。



ビールにも合うし、日本酒にも焼酎にも合う。

相方は白ワインがエンドレスだと言っているので、

ワイン好きにもいいかも。



ちなみに、僕は薄造りを自分で作る。

厚さを自分で調節したいから。

厚すぎると昆布で〆るのに時間かかるし、

薄すぎると、塩っ辛くなる。



そうそう、相方の実家に行ったんだった。

昼間から、早速お酒を飲む。

途中、お父様が「獺祭」というお酒を出してくれた。



日本酒。



めっぽううまい。



人生で文句なしナンバー1!!!!!



飲みやすい。

でも水みたいではなく、

すごくコクがある。

なんだろうな。



とにかくおいしい。



で、自分で作ってきた昆布〆を自分でバクバク食べながら、

ひたすら飲む。



結果、ベロンベロン。 



途中、トイレに行って戻ってきたら、

外出しているお兄さんとお姉さんに食べさせたいからと、

昆布〆が冷蔵庫にしまわれていた。

嬉しいような、でもなんか寂しいような。



まぁ自分で差し入れたものを自分でほとんど食べてしまいそうだったから、

ありがたかったか。



お母様が稲荷ずしを出してくれたので、

それをひたすらパクパク食べる。



お皿の稲荷ずしが無くなったら、

新しいのを出してくれる。

エンドレス。



結果、お兄さんとお姉さんの分も食べてしまう。 

もうね、どんな婿だよって感じだよね。



で、俺もお父様も酔っぱらう。

お父様はソファでウトウト。



俺はよく覚えてないが、

突然立ち上がり

「よし! 帰る!」

と大声で宣言し、

帰ったみたい。



相方家の最寄り駅で吐いたことは覚えている。



こんな1日。

果たして良かったのか悪かったのか。



まぁ楽しい時間を過ごせたからいいや、

と思わないでもない。 

number213 at 17:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
最新コメント