今年発売されたアルバムの中で、個人的にグッときたアルバム、トップ10を紹介します。自分でDistroしたものは除いて、amazonなどで手に入るものから選びました。


10. A Day To Remember  「What Separates Me from You
images 前作がキャッチーで素晴らしすぎて、最初聴いたときはビミョーかなって思ったけど、だんだんと良さが染み出してきた作品。激しい曲はより攻撃的に、エモい曲はよりセクシーに仕上がってる。音の加工の仕方とかも大好きです。



9. Banner Pilot  「Resignation Day
images1  今年、FATから再発されたバンドの1stフル。Hot Water Musicを彷彿させるサウンドは、ほんとに自分のツボにはまり込みます。メロコアは、速かったりキャッチーやったりが全てではないんやで!



8. Your Demise  「The Kids We Used to Be...
images2 今年、衝撃を受けたバンドの一つ。この作品で初めて知った。Gallows、Architects、Lower Than Atlantisなんかの、渋さが光るUKハードコアに興味だ出てきた時期にちょうどリリースされて、1ヶ月で50回ぐらいは通して聴いた。激しさの中にもキャッチーさがあるから、メロコアリスナーにも受け入れられるかも。


7. Transit  「Keep This to Yourself
4 Man Overboard、Title Fightとともに、アメリカの若手バンドの中では頭一つ抜け出た感のあるこのバンド。哀愁たっぷりのサウンドに感情むき出しのボーカルが乗っかる、ってこればっかりですね、自分のレビューw 要するにそういう音が大好きなんです。今、一番ライブが観たいバンドの一つです。


6.  All Heart  「There's No Place Like Home
imagesCAMX3DFF 最初にこのバンドを知ったときは、まさか国内盤が発売されるようになるとは思いもしなかった。シンガロングパート、ブレイクダウン、そしてキャッチーなメロディーと、自分の大好きな要素が全部詰まったサウンド。来日ツアーがあったこともあって、最初から最後まで全部口ずさめるようになりましたw


5. Man Overboard  「Real Talk
5 今やスタンダードになってしまった、Emo/Pop Punk的なジャンルを確立した感のあるこのバンド。ジャンルっていう言葉があんまり好きじゃない自分にとって、このバンドが出す音はたまらない。Punkっていうと激しくてヤンチャっていうイメージが世間一般のイメージかもやけど、このアルバムは老若男女、みんなが楽しめる作品です。


4. Four Year Strong  「Enemy of the World
imagesCAZ22B0G フォロアーが多数乱立する中で、どんな展開で来るのか期待よりも不安の方が大きかった発売前やったけど、その不安を笑って吹き飛ばしてくれた作品。さすが、信頼と実績のFYS。まったく無理やりな感じがなく、ナチュラルにブレイクダウンが取り入れられてるあたりはお家芸としか言いようが無い。とにかく勢いがハンパないアルバムです。

3. Continuance  「Carry Ourselves
imagesCA2DWJH8 やったRise Recordsと契約!と思ったら、あっという間に解散してしまったこのバンド。ただ、ドえらい遺産を残していってくれた。かすれ気味のボーカルは好き嫌い分かれそうやけど、疾走感溢れるサウンドはみんなに受け入れられると思う。心の中からの叫びが哀愁たっぷりのサウンドにのっかって、涙腺を刺激しまくってきます。


2. Gloria  「What The Hell Have We Got To Lose
imagesCAO03FM5  これ、あんまり話題にならんかったバンド・作品やけど、個人的にはかなりツボりました。これぞポップパンクっていう王道サウンドに、ちょっぴり渋めのボーカルの声。テンポを落としたりバスドラをドコドコ鳴らしたりっていうEasycore的なアプローチをするバンドが増えてきた中で、純粋なポップさを追求してるのがいいところ。国内盤がbullionさんからリリースされてます。

1. Grown Ups  「More Songs
imagesCAFF5AA0 意表を突きたかったわけじゃなく、真剣に選んだ結果の1位。優しくて、温かみがあって、それでいて激しい。アルバム全体に漂う哀愁とキラキラ感がなんともいえない、たまらない。一度聴きだしたら3回はリピートしてしまう名盤です。





 なかなかランキングをつける作業は難しかった。ほかにも、Comeback Kid、The Wonder Years、Chunk! No, Captain Chunk!、The Gaslight Anthem、Lower Than Atlantisの新作は入れたかったし、Counterparts、Off With their Heads、Parkway Drive、Bring Me The Horizonあたりは気になりながら未だにチェックできてなかったりする中でのランキングになってます。