ベストアルバム、トップ10。カウントダウン形式で!

10. Such GoldMisadventures
Such Gold 「Misadventures」 今までのストレートなメロディックハードコアから一気に楽曲の幅を広げた作品。思わず小躍りしてしまうような曲は少ないものの、聴いてて胸の奥が熱くなるような曲の応酬。もちろん、前作までの「らしさ」は健在。このアルバム完成後にメンバーチェンジしたのは残念やけど、来年の来日が楽しみ!





9. Sharks 「No Gods
Sharks 「No Gods」 前作は過去の楽曲を集めた作品やっただけに、今作で初めて一つの繋がりのある作品を聴けた。とにかく曲の持つ爽快感が素敵で、ポピュラーソングばりのキャッチーを持ちながらルーツにパンクロックを感じるのもいいところ。イギリス特有な匂いもプンプンで、飽きのこない作品です。





8. The ForecastEverybody Left
The Forecast 「Everybody Left」 リリースに先行して公開されたClear Eyes, Full Heartで、うわ、すごい新人ポップパンクバンド見つけた!と思った自分やったけど、結構長くやってるバンドの久しぶりのリリースなんやね。眠気や憂さを吹き飛ばしてくれる清々しさで、休みの日に大学に向かうときは、最寄り駅からこのアルバムを聴いて学校に向かってた。音のきめ細かさはないものの、ただただキャッチーです。




7. Title FightFloral Green
Title Fight 「Floral Green」  Title Fight = イケてる みたいな風潮が出来つつある中で、これでも俺らについて来れる?と言わんばかりの作風。全体に漂うザラザラ感、けたたましくも暖かくこのバンドにしか作れないメロディー、何度も聴くことで体に染み渡ってくる。一曲でガツンと来る曲はないものの、アルバム全体を考えると間違いなく名作です。





6. Gold MotelGold Motel
Gold Motel 「Gold Motel」 エッジの効いたバンドサウンドばっかり聴いてると疲れるわけで、そんなときによく聴いたのがこのアルバム。あと、必然的によく聴く声はメンズの声になるから、こういうレディーな声に癒される。ほんわかした雰囲気で、散歩やドライブにもってこいな一枚。Vampire Weekendの1stとかが好きな人は間違いなく好きであろう作品です。   





5. The Gaslight AnthemHandwritten
The Gaslight Anthem 「Handwritten」 The Menzingersはアンダーグラウンドなパンクロックヒーローって感じやけど、The Gaslight Anthemは完全にロックスター。今作でメジャーにいったっていうのも大きいやろうけど、とにかくクオリティが高いんです。一番最初の45を聴いたら、カッコ良すぎて毎回笑わずにはいられない。このバンドの曲の持つ哀愁は今作でも全開で、単に男臭いだけじゃ、ないところがカッコいいんよなぁ。




4. You Blew It!Grow Up, Dude
You Blew It! 「Grow Up, Dude」 いわゆるエモリバイバルと呼ばれるジャンル。ボーカルの声も演奏の音も細めやのに、なぜここまでも力強さを感じるのか。それがこのバンドの魅力。メンバーとお客さんの感情がぶつかってアツアツになるライブを体感して以降、よりいっそうこのバンド、アルバムの持つ魅力にのめり込んだ。涼しげで暑苦しい、そんなアルバムです。





3. The MenzingersOn the Impossible Past
The Menzingers 「On the Impossible Past」 前作で見せた温かみのある音が今作では全開になってて、曲によってはキラキラしてて。それでいて、曲自体は力強くてシンプルなパンクロックっていうのがとてつもなくカッコいい。ボーカルさんの声も相変わらずカッコいいし、聴いてて気持ちいいサウンドながら拳を突き上げてシンガロングしたくなるくらい熱くさせらせるアルバムでもあるんよなぁ。




2. PentimentoPentimento
Pentimento 「Pentimento」 クセのある格好良さやったバンドが、このアルバムで一気にストレートに化けた。もちろん、格好良さはそのままに。FESTでは、Citizenとカブっててライブを観んかったんやけど、もしこのアルバムがリリースされた後やったら、確実にPentimentoを選らんでたと思う。誰かのフォロワーとかじゃなくて、キャッチーなポップパンクや、渋くて男臭いパンクロック、そういう自分達が本当に好きな音楽を自分達の好きなバランスで配合して、これが自分達の好きな音楽だ!って感じでやってるのが本当に伝わってくるし、それが見事に自分の好みにピッタリあったって感じかな。


1. BasementColourmeinkindness
Basement 「Colourmeinkindness」 ずっと好きなバンドっていう贔屓目も多いにあるかもやけど、この作品が一位。リリースが今年の後半に入ってからやったけど、今年一番聴いたアルバムに間違いない。こういう音楽って何回も聴かないと良さに分からないっていうけど、自分はネットでフルストリームになって初めて聴いたときに、音質にやられた。何回も聴くと意外とシンプルなメロディーなんやけど、他のバンドには出せないなって思うメロ全てが素晴らしい。逆説的な歌詞なんかも、いろいろ妄想するのが好きな自分にとってはいい歌詞やと感じるし。早く活動を再開して欲しい!ライブが観たい!