name your price

 最近、twitterを見ていると、「name your priceって何ですか?」っていう質問が飛び交っているのを目にした。音源を公開するサービスとして知られるbandcampでよくみられる言葉。知ってる人にとっては当たり前かもしれないけど、こういう質問もあるのだなぁとか思ったので、記事にしてみた。

 
 まず、name your priceの説明の前に、bandcampの説明から。

 bandcampは2008年に始まった音楽配信のプラットフォームサービス。だれでもアカウントを取得することができ、そのプラットフォームにのっとって簡単に音楽を配信できる仕組み。アップロードできるファイルの種類が限られていたのは少し苦労したけど、自分も"UK / Ireland pop punk compilation 2012"というコンピレーションを作るときに利用して、めちゃくちゃ使いやすかったのを覚えてる。

 最近では音源のリリース前にbandcampで全曲を公開なんていうインディーズバンドも増えてきた。簡単に曲をできるのも魅力やけど、このプラットフォーム上でデジタル音源を販売することができるのも、また魅力。リスナーにとっては、フィジカルで手に入りにくい音源を気軽に購入できるのがうれしいところ。



 んで、いよいよ本題。name your priceとは。和訳すると、「自分で値段を決めて記入してね」ってことです。たぶん単語的にはどれも中学校で習うものばかりやけど、動詞の「name」が聞きなれない単語になるのかな。nameは「名前」っていう名詞として有名やけど、「名づける」っていう動詞もあって。そこから派生して「指定する」っていう意味の動詞にもなります。日本語では「投げ銭」っていうのに近いのかも。

 bandcampの音源のページから、「Buy Now」というところをクリックすれば、デジタル音源の購入が可能になる。その横に値段が書かれているんやけど、そこに「name your price」って書いてあれば、クリックしたあとに好きな金額を記入して音源を購入することができる。もちろん、0と記入して無料ダウンロードすることもできる。

 というか、そもそもname your priceというのは無料ダウンロードと変わらないと思ってもいい場合がほとんど。name your priceで公開していても、そのリンクをバンド側が「free downloadだよ」って言って紹介するバンドも多いし。ちょっと前までは、bandcampで全曲ストリーミング再生可能っていう感じやったけど、最近では期間限定でname your priceでの購入が可能っていうのが流行りになってるみたい。それがワールドワイド。


 もちろん、せっかくなんやからどんどん無料でダウンロードして音源を聞くべきやと思うんやけど、バンド側がなぜname your priceという設定にしたかという意図をある程度リスナーはくみ取らないといけないのかなって思う。なぜなら、bandcampでは設定として初めから「free download」も可能やから。その意図を考えたときに、自分は一通り聞いていいなと感じたら5ドルなり1ドルなりを改めて送るようにしている。微力かもしれんけど、バンドに対するサポートの気持ちやね。

 あと、公開するバンド側の事情としては、レーベルに対する配慮みたいなのもあるのかなぁと。すでにレーベルからCDやレコードとしてリリースされている音源を、期間限定でname your priceにして公開するバンドも多くて、その理由としては自分たちの音楽をより多くの人に聞いて欲しいからなんやろうけど、でもお金を出してリリースしてくれたレーベルに対しては、「free download」にしてしまうと申し訳ない、そういう気持ちがあるんじゃないかなぁと。

 あ、あと、自分のコンピレーションもname your priceになってるんやけど、これに関しては参加してくれたバンドのいくつかが条件として挙げたからそうしているだけです。自分は多くの人に聴いて欲しいので、どんどん無料ダウンロードしてもらって構わないと思っています。


 長々書いたけど、bandcampからは本当にたくさんの「name your price」な音源が見つかります。bandcampのトップにいって好きなジャンルを選べば、いろんなバンドがたくさん出てきます。好きな音楽を探してディグライフをエンジョイしてみてください。そして、いいなと思う音源はダウンロードして、聴いて、周りにシェアして、どんどん自分の好きな音楽をサポートして盛り上げていってください。



B00MOQM8JOGnarwolves
Gnarwolves
Pure Noise 2014-09-22

by G-Tools