a day to remember


 前回記事: [連載: Easycoreと私] 第1回 Beatdown In The Key of Happy

 Four Year Strongとの出会いにより、ドップリとEasycoreなる音楽にハマっていく自分の最初の頃の記事。自分が出会った時系列的に、マイナーバンドも含めてズラズラ書こうかと思ったけど、全部一緒にすると、とてつもなく記事が長くなっちゃいそうやったので、軽く入りだけ書いてみました。

 
 「Easycore」というワードに意識して、バンドを探すようになったのは、Four Year Strongの来日公演から1年弱たった後やったように思う。もともとメロディックパンクやハードコア、ストリートパンクと呼ばれる男臭いパンクロックなど、すきな音楽がパンクの中でもいろいろあって、ずっとそういった情報の最新情報もDigってたし、ブログにも書き続けてた。それでも、Easycoreというジャンルに出会って、このブログでのEasycoreバンドの登場回数があがったように思う。

 このブログでもおなじみとなっている、バンド紹介というカテゴリー。自分の好きなバンドを紹介するというコンセプトで新しく作ったカテゴリーやったわけやけど、その最初の記事が2009年の2月に書かれた、We Are The Unionの記事。この頃を振り返って思うのが、自分の情報源はまだまだタワレコの試聴機コーナーやったり、そこにおいてあったフリーペーパーやったり、国内のいろんなレーベルさんやったんやなぁってこと。とにかく、その時ハマってたSet Your GoalsやFour Year Strongに似たバンドを発掘したいという思いのもと、Set Your Goals meets Less Than Jakeと形容されたこのバンドが気になったんやと思う。この記事のリンクには、MySpaceへのリンクが張ってあるけど、このころはまだMySpaceを音楽が聞ける場所としての認識しかなく、バンドをDigするツールとしての認識はなかったんよな。YouTubeには音源をアップしないようなバンドも、MySpaceページは持っていて、そこにいくつか無料で聴ける曲を用意してたって時代やった。
(参考記事: We Are The Union is COOOOOOL!!! | PUNX SAVE THE EARTH -blog-) 

 そして、名盤Homesickがリリースされるタイミングで、初めて自分はA Day to Rememberを知ったんよな。このバンド紹介というカテゴリーの2番目に登場するのがADTR。メタルコアやポストハードコア、いわゆるVictoryサウンドと呼ばれる音に親しみを持ってた人からすれば、その前の2作品の時点ですでに激ヤバなバンドやったはずなんやけど、そういった音に疎かった自分は、The Downfall of Us Allでこのバンドに出会ったんやと思う。このころから、個人ブログなんかをチェックしてて新しいバンドに出会うようになっていったと思う。ADTRは、おそらくBeatdown In The Key of Happyっていうブログで出会ったと思う。そのブログは現在もうないけど、このブログには本当にお世話になった。2009年のA Loss For Wordsのジャパンツアーで、そのブログを書いてはった人に出会ったときは、めっちゃ嬉しかったもん。



 Four Year Strongの「Rise or Die Trying」にハマりまくったように、今度はA Day To Rememberの「Homesick」にハマりまくった。抜け出せなくなった。とくに1~3の流れはめちゃくちゃ聞いた。


 というわけで、Easycoreにハマって抜け出せなくなったときに聞いてたバンド、それはSet Your Goals、Four Year Strong、A Day To Rememberの3バンドです。それぞれのバンドがEasycoreバンドかどうかっていう意見は人それぞれで違うと思うし、自分はSYGとADTRはEasycoreバンドと思ってないけど、Easycoreにハマった初期に聞いてたっていう意味では、この3バンドなんです。

 このころにこのバンドを見る機会に恵まれたっていうのも大きかったと思う。恵まれたというか、自分でアクションを起こしたというか。

 まずは、2009年の5月に訪れたSet Your Goalsの再来日。All Time Lowとの来日やって、SYGのライブは若干away感があったのを覚えてる。 ちょうどセカンドアルバム”This Will Be the Death of Us”を制作を終えたところで、CDのミックスではセリフが入って残念になっているSummer Jamのパートで、ゴリッゴリにブレイクダウン入れててテンションあがったのを覚えてる。
(関連記事: Set Your Goals Japan Tour 2009 大阪 | PUNX SAVE THE EARTH -blog-) 

  あとは、2009年の夏休み。初めての一人海外旅行でアメリカへ。高校生から行くことを夢見てたWarped Tourに、観たいバンドが他にNOFXとFishboneぐらいしか出てない中、A Day To Rememberが出るからという理由だけで行くことを決定。あと、そのときにSet Your GoalsとFour Year Strongが一緒にツアーしてて、それも見に行った。ちなみに、そのツアーには他にFireworksとPolar Bear Clubも出てたんよね。今から考えるとなんたる贅沢。
(関連記事: LA旅行記 まとめ | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)

 極めつけは、2010年のSoundwave。SYG、FYS、ADTRの3バンドがすべて出演ということが発表されて、行くことを決めました。今思い返してもかなりのかなりの強行スケジュール。この3バンドを見たいという熱意だけが自分を動かしてた。そのあと、ADTRは日本ツアーもやって、それも東名阪全部見に行ったっけ。ホント充実してた。
(関連記事: オーストラリア旅行 まとめ | PUNX SAVE THE EARTH -blog-)



 この間には、どっぷりEasycoreにハマって、いろんなバンドを自分でdigり出すようになるんやけど、それについては次回に書こうかなと。そういうdigのきっかけも、始まりはこの3バンドってことで、この3バンド、もっといえば出会ったころのそれぞれの作品は自分にとってずっと大切なアルバムです。好き過ぎて、友達に薦めるにはまず貸したりしてたから、今手元に残っていないっていう状態で、どこが大切なアルバムやねん!って感じやけど、レコードで再発されたら買い直そうと思います。

 こういう時期があるからこそ、去年リリースされたADTRの新譜に収録された"ある曲"は本当に胸を打たれた。それについても、またどこかで書きたいな。


B001NMAFXQHomesick
A Day To Remember
Victory Records 2009-02-02

by G-Tools