best album
 
 今年リリースされたアルバム作品の中で、自分が好きでたくさん聞いたアルバムを10作品選んでみました。一応順位づけもしています。

 あ、画像はBest Albumとなっていますが、英語的には最上級+名詞+ofの場合、名詞は複数系が正しいんですよ、受験生のみなさん! ということで、レッツカウントダウン!



 

10.Against Me! "Transgender Dysphoria Blues"
Against Me! Transgender Dysphoria Blues 初期衝動みたいなガツン!てな感じはないけど、シンプルなサウンドと聴きやすい温かみのある声。これもまたパンクロックなんです。去年の来日、何で逃してしまったんやろって、いまだに後悔してたり。うん、こういうのんがあるから中途半端はダメですね。





9.Tiny Moving PartsPleasant Living
Tiny Moving Parts Triple Crown Recordsという、いまやEmoファンにとって要注目のレーベルからリリースされた今作は、それまでのちょっぴり難解な音楽性から、一般受けするサウンドへと寄せてきてくれました。もちろん前作のファンの中には、今作をビミョーと捉える人も多いと思うけど、自分はこういう分かりやすい方が好きですね。もちろん、線の細いギターサウンドがそのまま残されていてバンドらしさが損なわれていないからこそね。



8.The Hotelier "Home, Like Noplace Is There"
The Hotelier 数あるEmo Revivalバンドの作品の中でも、多数のメディアから最大級の評価を受けたのがこの作品。確かに、ここまで一つの作品で化けられたらみんなびっくりするよね。前の路線が好きやった自分としては、聴いた当初は戸惑いを隠せず、#1、#2だけを繰り返し聞いてることが多かったけど、何回も繰り返し聞くうちにこの作品の本当の良さに出会ったって感じやったなぁ。



 
7.Hostage Calm "Die On Stage"
Hostage Calm 今年突如として解散を宣言し、シーンを後にしたパンクロックバンド。その遺作となった4枚目のアルバムは、バンド史上最高傑作と呼べる内容やと個人的には思ってる。前作の路線を引き継いでて、これぞ万人受けするサウンド。聴いていてストレスを全く感じないのに、このバンドならではのクセみたいなものが1曲1曲に出ているのもイケてます。解散、残念ですね。



6.Bane  "Don't Wait Up"
dont wait up ハードコアの聖地のひとつ、ボストンの雄、Bane。ラストアルバムと宣言してリリースされた今作は、そのスケールのデカさに驚くことになった。とくに、ラストのアルバムにて、今までのBaneのイメージからは離れたスタイルの楽曲も多く、ずっと現役で活動を続け、シーンからの支持も多いバンドであることを納得させられた。#3の"Calling Hours"は、featとか関係なく、ただただ名曲です。



5.Restorations "LP3"
restorations いやー、なんでしょうね、このアルバム。とにかくグルーブ感は従来のRestorationsのまま、ものすっごく聴きやすくなりました。過去2作品は、曲によっては途中で聴くのがしんどくなってしまうものもあったんやけど、このアルバムは全曲が自分好みで。とくにA面のラストを飾る"Tiny Prayers"の、最初のフレーズの繰り返しからどんどん盛り上がっていく構成が大好きです。下のスタジオビデオ観て震えてください。




4.Johnny Foreigner "You Can Do Better"
Johnny-Foreigner-You-Can-Do-Better なぜに今までこのバンドを知らなかったんだろうか。インディーシーンで活躍するバンドながら来日経験もあるUKのバンド。普段自分が聞いているバンドたちがいるシーンとは少し異なるところで活躍するバンドやけど、迸るパンキッシュなサウンドにやられた。最近、ヤカましい音楽を連続で聴いてると疲れちゃうんやけど、この作品だけは何回聞いてもカッコイイ。




3. SPORT "Bon Voyage"
sport この音源がbandcamp上で全曲公開されたのが今年の1月1日。聴いた瞬間、「これを超える音源に2014年は出会うことができるんだろうか」って思っちゃってたけど、結果的には3位に落ち着きました(笑) 前作の時点から素晴らしいバンドやったんやけど、今年はアルバムのタイトルよろしく海を越えてUSツアーも経験。来年ブラジルツアーなんかも決まってるぽい。このバンドを含めた最近のEmoバンドは、単に90s Emoの焼き直しじゃなくて、パンクロックからの影響もあるところが個人的にはたまりません。やっぱり根っこはパンクスなんです。




2.Modern Baseball "You're Gonna Miss It All"
modern baseball you このバンドも今年は飛躍の年になったのかなぁと。間違いなくファン層をガッと拡げにかかったよね。愛に満ちたハッピーな歌詞と、そこにどうしても漂うナード感、その世界観がたまらなく好きですね。もちろん音楽もゆったりしていて癒されます。興味を持ってもらえるよう、下に1曲ビデオを貼っておくけど、1曲だけ聞いてこのバンドを判断してもらいたくない、そんなバンドですね、間違いなく。



1.The Menzingers "Rented World"
The Menzingers Rented World  やっぱりこのアルバムは揺るがないです。最高です。好きなバンドの新作ということで、初めて聞くときは、かんなり期待のハードルが高くなった状態で作品に入っていくことになるんやけど、それを軽くヒョイって飛び越えてくれたってのが、1位に選出した理由かなぁ。Red Scare時代のコテコテ感を期待していたパンクファンにとっては、ちょっと物足りないみたいな声も聞こえてきたけど、自分はこういう柔らかいサウンドが大好きですね。





 以上のように、上位に関しては上半期のベスト(コチラ)とあまり変わらない結果になってしまいました。まぁ、リリースが早い分、それだけ聴く回数も多いわけやし、上半期のリリースがそのまま年間のベストに多く入ってくるってのはある種当たり前なのかも。

 今年は、上記にあげた以外にもたくさんの素晴らしいリリースがありました。上記に続くところとしては、Moose Blood、The Gaslight Anthem、Weatherbox、Joyce Manor、Dikembe、After Tonightなどのリリースを挙げたいところですね。ただ、あまり多く選んでも面白くないので、ベスト10に絞って紹介しました。


 来年もたくさんのいい音楽に出会えますように。そして、単なるVinylコレクターに成り下がらないように、購入した音源はその良さが分かるまで聞くようにしたいですね。