2006年10月25日

日本シリーズ第4戦 中日 0-3 日本ハム

シリーズ男は稲葉だったか。
昨日、今日とダメを押した。
どちらも左投手のカーブを打った。
稲葉の読み勝ち。勝負強さは相変わらずだね。

今日のポイントは5回裏・中日の投手交代。
そして6回表の中日の拙攻。

まず投手交代。
確かに中田はピリッとしなかったけど、1-0で膠着している試合。
DH制だから代打ということもない。
日ハム先発の金村もピリッとしてない状態で先に動いた中日ベンチ。
中日の中継ぎ陣は今回のシリーズ良くない。
出来るだけ先発を引っ張らないと勝ち目は薄くなるところに、流れを変えかねない交代をした。
そして固くなっている中日投手陣の甘くなった球を狙いにいく日ハム打線。
完全に流れが日ハムへ行ってしまう。

しかし、その裏に日ハムは金村からの投手交代。
点差が広がった後の無失点での交代。不要な交代で流れはまた中日に行く気配。
案の定、交代したトーマス、建山はストライクが入らない。
流れが変わりかけた満塁のチャンスにそこを突けなかった井上。
ストライクが入らない建山に対して満塁の場面でボール球を打って追い込まれた。
これが今日の中日の敗因の全て。
じっくり球を見ていけば建山は勝手にカウントを悪くして自滅したところ。
最低でも1点を取っていたら、流れはまた中日に来ていた。

中日は守備走塁でも細かいミスが出てる。
2塁打で出塁したウッズがタッチアップできなかった6回。離塁してしまった判断ミス。
ここでサードに進んでいたら外野フライで1点を取れたかもしれない。
1点を取っていれば2点差。塁を進める策を取ることができた。
終盤にかかる前に点差を詰めておくことで、短期決戦では追われる側にプレッシャーをかけられる。そのチャンスをつくれなかった。

また、守備では三本間でのランダンプレー。サードに追い詰めて殺すのが定石。
その形に持っていけなてない。細かいところだけど、微妙に中日は野球ができてない。

して、ハムは岡島。
このシリーズ、非常に調子がいい。
ストレートの切れとコントロールが非常にいい。これはそうそう打てないわ。

今日の試合で、ほぼ日ハムの日本一が決定か。
明日ダルビッシュがヘボい負け方さえしなければ流れはそうそう変わらないかな。
明日は川上の意地に期待してシリーズを盛り上げてもらいたいけど。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/numo_raku/50762830