199: 1/2 2009/09/23(水) 01:31:19 ID:fWoR2HGJ
つい昨日の出来事を。まとめるの下手で、長くてゴメン…。 

朝、いつも乗っているバスに乗り、最後部座席に座って 
景色を眺めていると視線の先に読書をしている眼鏡のお兄さんが居た。 
ずっと顔を下に向けたまま動かないので、 
集中しているなあと思いながら、また外を眺めていた。 

いくつか停留所を過ぎて、座れない人が出始め、 
立っている人が5~6人くらいになった。 
そんな中、次の停留所のアナウンスが流れた。 
すると、読書をしていたお兄さんが突然顔を上げて、 
バスの中を後ろから前までサッと眺めた。 
私は「本に集中しすぎて、乗り過ごしちゃったのかな?」と 
思いながら観察していると、また読書に戻り、 
「なんだ違ったか」と思いつつも、 
することもないのでお兄さんをなんとなしに眺めていた。 

次の停留所がいよいよ近づいてきて、再びアナウンスが流れた時に、 
またお兄さんは突然顔を上げて窓の外をサッと眺めて、 
本をパタンととじてバッグにしまった。 
「降りるのかな」とボーッと眺めているとバスが停まった。

スポンサードリンク


200: 2/2 2009/09/23(水) 01:32:35 ID:fWoR2HGJ
お兄さんは席から立ちあがり、今ままで座っていた席の側に立ち、 
そのまま窓側に向いてつり革に掴まった。 
「降りないの??」と不思議に思っていると、 
お兄さんが立ったのと同時くらいに停留所から一人のお婆さんが乗ってきた。 

当然空いている席はそこしかないので、お婆さんはそこに座り、 
お兄さんが席を空けたことを知ってか知らずか 
「こんにちは」と座ったまま会釈した。 
お兄さんもにっこり笑って「こんにちは」と軽く会釈して、 
バッグから本を取り出してまた読み始めた。 

お兄さんは、本に集中しながらもバスの混雑具合を感じていて、 
その確認をして、さらにお婆さんが乗ってくることを見て、 
席を空けたのだ。そして、お婆さんはなんの気遣いをすることもなく、 
空いている席に座ったわけ。 

かっこええ・・・! 
何事もなかったかのようにクールに本を 
読みつづける姿がなおさら私を興奮させた。 
惚れたぜ・・・。

206: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/23(水) 05:33:43 ID:jPqE7EeS
>>199 
きめ細やかな心遣いがいいね 
惚れるわ
 
引用元: いい人・やさしい人のお話 17