761: 可愛い奥様 2013/01/14(月) 22:52:23.43 ID:a4fHmfRyO
旦那ってなんだろう? 
最近考えるようになってきた。 

必要ないのに執着されるとどう対応していいのか困る。

763: 可愛い奥様 2013/01/14(月) 23:01:06.20 ID:qF0UaRY+0
>>761そのおばちゃんみたいな髪形どないかせぇ

765: 可愛い奥様 2013/01/14(月) 23:30:47.14 ID:MJRIbqe6O
>>761二十歳前後の夢見る夢子ちゃんみたいな言い回し(笑)。

スポンサードリンク


762: 可愛い奥様 2013/01/14(月) 22:57:34.36 ID:t3Fmi71O0
結婚したら負け。これが結論だわ・・・

764: 可愛い奥様 2013/01/14(月) 23:03:41.29 ID:uj1S5zvJO
>>762 
ある意味正論だわ

769: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 01:10:06.94 ID:kru1yKG4O
>>762 
墓場とはよく言ったものだわ…

768: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 00:55:20.68 ID:Y+oi1MLw0
結局、結婚に夢見すぎなんよ

770: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 01:13:41.52 ID:kru1yKG4O
さほど期待せず結婚したけど、正直ここまでストレスたまるとは思わなかった。 
自分が結婚に向いてないのかもしれないけど、世間の長く続いてる夫婦を尊敬するわ。

771: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 01:21:34.85 ID:Y+oi1MLw0
見栄張って黙ってるだけで、みんな多かれ少なかれ我慢してるのよ・・・

774: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 09:14:51.95 ID:YtB2GFsx0
>>771 
やっぱりそんなもんかな?近所は休日に家族全員で 
仲良く出かけて行く家ばかりだけど。 

私はもう旦那と出かけるのも絶対に嫌。 
家族に経済的に迷惑をかけないなら 
旦那が外で浮気しようが帰宅しなくなろうが 
どうでもいいってレベルにまでなってる。

778: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 20:37:34.36 ID:kru1yKG4O
>>774 
うちもお出かけ楽しくない。 
必ずケンカになるから。 
子供のために表面上は普通にしてるけど、腹の底では煮えくり返ってる。 
旦那が出張の時は解放感ハンパない。 
結婚って何なの…

785: 可愛い奥様 2013/01/15(火) 23:10:58.04 ID:VkDqoNAX0
>>774 
少し前まであなたと同じレベルだったけど 
今はさらに進んで「いつ氏んでもどうでもいい人」レベル。 
そのために仕事も家事も人づきあいも全力投球。 
夫に関すること以外なら、全ての苦労や苦痛が楽に感じられるぐらい 
夫が嫌いでたまりません。まさにスレタイ通りな私。

772: 糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y 2013/01/15(火) 02:02:40.66 ID:qgWw3jfF0
法然上人は人間の傲慢さを戒めるために、みんなで同じことをする思想に到達し、南無阿弥陀仏を唱えた。 
みんなで同じことをすることに意味があったのだ。 
そうでなければ、突出した人間が一気にカオスを引き起こすことを知っていたのだ。 
カオスを引き起こす人間には個性がある。 
しかし、そのカオスを鎮静化させるのに50年かかっても足りないことも知っていた。 
人間はカオスの中から学問を見出すものであるが、突出しないことでカオスを逃れることができるという考えをもった。 
人間は自分を愛している。 
これを理解しないといかなる人間社会の分析も不可能だ。 
日蓮などは、突出することでを作ったが、突出することは人間にとって幸せなのだ。 
突出してカオスを引き起こすのか、みんなと同じことをしてカオスを鎮静化させるのか。 
それは「殺させる対象」になるか、そうでないかの違いだ。 
日本で最も影響力の強い地上波に出ている人間が「1年間限界説」があるのも、社会に戻れば 
いろんな政治的技術で殺されているからであると私は考えている。 
地上波で長期政権を作り上げている人をむしろ研究したいほどだ。 
涅槃というのは「苦のない世界」という意味だ。 
しかし、仏教界の中枢はこれについては沈黙している。 
人間は突出することで殺しの対象になるが、殺しのない世界が涅槃だとすれば、 
苦のない社会とはたった一人で日本にいることを意味する。 
いろんな人の感情がぶつかり合い、神話に惑わされて生きているのだ。 
そういう社会では、法然は「みんなと同じことをする」ことがより涅槃に近いと考えたのだろう。 
苦行がいいか悪いかは見解が分かれるが、結局、「個性が欲しければやるべき方向はおのずから明らかだろう」 
という方向で苦行というのは用いられるべきである。 
そうでなければ、苦から逃れる道は見つからないのだ。 
これが「涅槃」と「苦行」の関係だ。
引用元: 正直、もう旦那が嫌いでたまりません73