231: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 12:53 ID:WQCc4SqC
小学校5年の時拾ってきた猫を親に『飼っても良い?』と頼んだが『ダメ』と言われ 
仕方なく近くの社宅の空家で友達と一緒に飼う事に。 

最初はみんな可愛がって日にち事に当番を決めていた。 

しかし、日が経つにつれ、いつしか世話は自分一人が全部やっていた。 

ある日猫に牛乳を飲ましている時に、ふと背後に視線を感じた。 
母さんが居た。自分の跡ついてきたのだと。 


慌てて猫を隠す自分に母さんは 
『そんなに飼いたいならちゃんと面倒を見るのよ』と一言。 

次の瞬間猫の入ったダンボール箱を家まで連れて帰ってきた。 
嬉しくって涙が出た。本当に良かったと。

スポンサードリンク


232: 231 04/03/15 12:54 ID:WQCc4SqC
しかし、次の日学校から帰ると猫はいなくなっていた。母さんに聞くと 
『ゴメンネ。保健所に連れて行っちゃった』 
保健所の意味が解らなかった自分は、夜帰ってきた父さんにその場所の意味を聞かされ号泣。 
次の日から母さんに冷たくあたっていた。 
それから1ヶ月程経ち、猫の事も忘れていた。 
そして学校から帰ってきた自分に、血相を変えた母さんが 
『カバンおろして!すぐ病院に行くよ!』 
何を言っているのか解らないままに手を引っ張られて病院へ。 
そこは動物病院で、薬品の臭いがプンプンしていた。 
奥の部屋にゲージに入れられた猫がいた。 
覗き込むとやせ細って皮と骨だけの猫がいた。体にチューブが刺さっていた。 
ハッ!と我に返ってその猫をもう一度見ると1ヶ月前まで自分が世話をしていた猫だった。 
振り返ると母さんが泣いていた。さすがにその意味は理解できた。 
『猫ちゃんね。ガンなんだって。もう治らないんだって。』 
その言葉を聞いた時、1ヶ月前の母さんの言葉を思い出した。 
本当は保健所なんかじゃなくて、動物病院に連れて行っていたのだと。 
母さんが自分に心配をかけないように、そう言ったのだと。 
その時、自分の中でいろんな悔し涙が出てきた。 
その日はそれで帰ったけど、次の日から毎日病院に通った。 
1週間過ぎた日にやっとチューブが抜かれた。 
『辛かったね。本当に頑張ったね。』と言いながら母さんが最期のなでなでをやっていた。 
自分は呆然と『氏んじゃったんだ』と思うだけ。不思議と涙が出なかった。 
亡骸を家に持って帰った。口から血が滲んでいた。体は硬くなっていた。 
呼びかけても何の反応もしなかった。母さんがキャットフードと牛乳を持ってきた。 
『これでやっと好きな物が食べれるようになったね』 
牛乳とキャットフードを見た瞬間。涙が溢れるように流れた。 
丁度1ヶ月前を思い出して。 

長文スマソ。

241: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 15:04 ID:ae+GDt1L
>>231 
うるうる・・。 
昔、うちのネコも病気で氏んじゃったからよくわかるぅ。 
でもあなたたちのようなやさしい人にめぐりあえて、そのネコさんも 
幸せだったね。 
 
235: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 13:31 ID:r7W0pb09
ご立派なお母さまですね・・・

236: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 14:04 ID:HTLt2xEa
それほどでも (*´Д`)

239: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 14:26 ID:saOat67Z
ほんと良いお母さんだな・・・。 

>>236 
(*´Д`)

237: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 14:18 ID:r8VzaUuq
初めから動物病院っていえよ。 
アホか。

240: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 14:53 ID:GR64/KLJ
人間できた人だなーと思うよ。 
普段悪口ばかり叩いてる俺でも。
引用元: (⊃д`) せつない想い出 その2 (´・ω・`)