108: 大人になった名無しさん 2007/11/27 23:00:42
今から20年前、俺が中学生のときの話です 
昼休みにいつも一人で弁当を食べているT君がいました。 
T君はストレスで脱毛して、休み時間も一人だったので気の毒に思いました。 
それで一緒に食べないかと声をかけたけど、T君は一人がいいと答えました。 
中学校でのT君の弁当はおにぎりだけ。 
おかずは全くなしで、いつもおにぎり2個でした。 
T君はいつも隠すようにおにぎりを食べて、食べ終わると教室を出て行きました。 

スポンサードリンク


後になって友達が教えてくれたのは・・・ 
小学生のころ友達がT君の家で遊んでいると、T君の家に集金の人が来たらしいです。 
集金の人は何度もドアをたたいて、「Tさん!Tさん!中にいるんでしょ!今月は払ってください!」って周りに聞こえるように 
大きな声を出したらしいです。 
すると、T君のお母さんがT君に「今出て行って、留守番ですって言ってきて」 
とT君を言いに行かせました。 
T君はお母さんに言われるまま、「留守番です」っていうと、 
集金の人は「お母さん中にいるんじゃない」とか言ったそうです。 
やっと集金の人が帰ったのでT君も戻ってきたけど、その場にいるのが悪い気がして、友達はT君の家から自分の家に帰ったそうです。 
そんなことが何回かあって、T君の家には行かなくなったと、友達は話していました。

109: 大人になった名無しさん 2007/11/27 23:01:14
そんなT君は修学旅行が近づくと学校を休みがちになりました。 
T君は修学旅行に行かないということでした。 
うわさでは修学旅行の積み立てが滞っていて、お金がないから参加できないということでした。 
T君と仲が良いというわけではない俺もさすがにそれは気の毒に思って、みんなでカンパしようと提案した。 
糞担任に相談すると1秒で却下。 
お金の問題はややこしくなるからだめだそうだ。 

俺と友達は修学旅行の前日にT君の家に行ってT君に会った。 
俺の親父はそのころからバブリーだったので、修学旅行の代金はどうにでもなると行ってたから、 
T君にお金のことは心配しないで、明日から修学旅行へ行かないかを聞きました。 
T君は「俺友達がいないから、修学旅行でも一人になっちゃうよ・・・せっかくきてくれたけど明日から楽しんできてね」 
というようなことを言った。 
俺はガキだったから修学旅行へ行かないT君に腹を立てて、勝手にしろ!って感じなことを言った。 

修学旅行から帰ってくるとT君はもう学校へは来なかった。 
俺ももうT君の家に会いに行く気はしなかったのでそのままにしていた。 
数ヵ月後、T君の一家が夜逃げをしたといううわさが広まった。 
俺は放課後走ってT君の家まで行くとドアが外されていて、中はもぬけの殻だった。 
あれ以来、T君には会っていない。 

T君が俺に言った最後の言葉「楽しんできてね」 
俺がT訓に行った最後の言葉「勝手にしろ」

引用元: 昔見たり聞いたりした泣ける話を思い出し語ろう