104: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/19(木) 23:55:30.27 ID:R/s+iehj
迷子と思われる、5歳くらいの男の子。 

ショッピングセンターの案内所にお届けされ 
「おがーざーん」と号泣していた。 

通りかかった、小学校中学年くらいの男の子2人が 
サッカー台から荷造りヒモをちょっとだけ切ってきて 
迷子君と遊び始めた。 

ヒモを細く割いて「あやとり」束ねて「ほうき」ふわっとさせて「チアガール」 
一端をカチカチにしばって「羽根つき!座ったままだよ、動いちゃだめだよ」 
どんどん展開していく遊びの間に、迷子君は輝くような笑顔に。

そこにお母さん到着。 

スポンサードリンク


小学生2人に深くお辞儀をし、迷子君は羽根つきの羽根を握り締めて離そうとしない。 

「おにーちゃんバイバイ」こんなおにいちゃんが居るなら、10年後の日本が楽しみだ。 
 

引用元: 
いい人・やさしい人のお話 19