414: おさかなくわえた名無しさん 03/10/19 19:23 ID:HXA7Vla+
大学時代、朝は降っていなかったが、昼前から雨が降りだした日のこと。 

友人と学食で食べようと傘を傘立てに置いて中へ入っていった。 
しかし、中が混んでいたので、学校の外へ食べに行くことにして傘立てに戻った。 
が、傘が無い! 置いて戻るまでほんの1,2分。 
友人と一緒に探したらいたよ、すぐそこに。俺の傘をさして歩いている奴が。 
ちょっと骨が曲がっていて間違いなく俺の傘。 

スポンサードリンク


すぐ行ってぶん殴ってやろうと思ったが、深呼吸して気持ちを落ち着けることに。 
で、傘をさした奴に後ろから黙って肩から首に手を回して襟を取る。 
ちょうど柔道の締めみたいな感じで。 
奴と奴の友人2人は「なんだー?」とかゴチャゴチャ言ってきたが無視。 
少し遅れてきた友人も、同様に無言で反対側から奴の首に手を回して傘に入る。 
相手らも何か感じたらしく黙り込んだ。 

男5人、無言で歩き続けた。 
門に来た時に「1・このまま交番(門の前にある)に行く。2・傘を1万円で買う。 
3・戻って学生課に行く。4・念書を書く。どれか選べ」と奴に言った。 
奴は4を選んだので近くの喫茶店で書いてもらうことに。 
そこの支払いはどうしてもどうしても奴がしたいというので、奴の望みをかなえてあげた。 
喫茶店から出ると雨が上がり、虹がきれいだった(マジ)。

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!碌