514: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/10(木) 00:02:31 ID:p+O/hUrF
これは私が小6のときの話 

当時遠い塾に通ってましたがその日は雨の日だった 
帰り道、途中で小雨になったから傘をさすのをやめて 
アホな私はハンドルに傘をぶら下げて家路を急いだ 
気をつけたつもりだったがやはり隙があったのだろう 
傘が前輪にからまった 

そして同時に雨も強まっていき私は反泣きだった 

まだまだ遠いのに家までチャリを引っぱって帰らなければいけない 
するとすぐに目の前のガレージからふたりの男性が駆け寄って 
「よっしゃ!直したろ!」と、傘を前輪から取り出してくれた 
「傘・・もったいないね」「いえっあ、ありがとうございました!」と 
何度も私は頭を下げ、家路を泣いて帰りました 

なぜだか無意識に涙が止まらなくなって 
改めて私は優しさの大きさと偉大さに気づかされたのです 
おふたりには本当に今でも感謝しています 

お元気にしておられるでしょうか 
おふたりはこの事を絶対に忘れてるかと思いますが 
私は氏ぬまで忘れませんから!!! 

スポンサードリンク


520: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/10(木) 10:55:25 ID:NOb/x0AI
>>514 
元気にしておりますよ

515: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/10(木) 00:30:26 ID:xr+yiZMh
ご健勝でなによりです。

引用元: いい人・やさしい人のお話 17