230: おさかなくわえた名無しさん 04/04/10 05:11 ID:r0wATGIe
私が上京してから、いつも「おとうさんも東京に遊びに行こうかなー」と言いながらも、 
大酒のみで酔っ払っては家族を困らせる父親にわたしは冷たかったので、父親は 
東京に一度も遊びにきたことがなかった。 

でも妹が上京する引越しの日、父親は引越しの手伝いと称してついに東京に遊びにきた。 
わたしと父親はいっしょに妹の部屋へむかった。妹の部屋は駅から徒歩15分。 
雨がふってきていたので、早足で歩くわたしに対して、父親はちょっと歩くと、 
「みてみな、きれいなあじさいが咲いてるよ」 
「猫がいるよ」 
と、なにかと理由をつけて立ち止まる。 
わたしは「娘と会話がしたいのかな」と思っていたんだけど、父親は途中にあった階段を一段一段、 
ゆっくりしか降りれず、ついに立ち止まってしまった。 
そこでわたしは、「脚が痛いんだ」と気付いた。 
「歩くと脚がいたくなる」と聞いてはいたけど、まさかそんなにひどいとは思わなかった。 
まだ52歳だったし…。 
「さきにいってていいよ、あとからゆっくりいくから」 
と、明るく振舞うを見て、きゅうに父親が小さくなったように見えた。 

あれ以来、おとうさんは東京に遊びにきてない。

スポンサードリンク


231: おさかなくわえた名無しさん 04/04/10 05:35 ID:MsiBkOcU
両親が老いたのに気づくのって切ないよね… 
できれば前よりちょっとだけ優しい言葉をかけてあげてください…

232: おさかなくわえた名無しさん 04/04/10 07:12 ID:faQ4jNTL
盆と正月しか田舎には帰らないんだけど、両親の背が小さくなったなぁと 
思う瞬間があって、そのたびに憂鬱というか、不安になるなぁ。 
中学の頃チャリ通してて、仕事帰りの親父がよく軽トラの荷台にチャリを積み上げてくれてた。 
でももう今はチャリを抱えあげて、荷台にのせられないんじゃないかなぁ、と思う・・・。 

丁度今就活中で、田舎に帰るべきかどうか悩み中。 
家族は「お前がやりたいことをやればいい。家のことは気にしないで」って言ってくれてるけれど、 
たぶん本心は「地元にでもいいから帰ってきてくれたら」なんだと思う。 
どうしたものか・・・・ 

切ない話じゃなくて申し訳ない。

233: おさかなくわえた名無しさん 04/04/10 08:12 ID:srsm1k9k
>>232 
ご両親のどちらかが亡くなったら地元に帰ると良いと思う。 

234: おさかなくわえた名無しさん 04/04/10 10:15 ID:P6vWLwok
>>232さん、親御さんの本当の願いはやっぱり、 
「元気にしてる」 
これだと思うのです。なので、やりたいことを優先するのがいいかと。 
生き生きしてるのが最高の親孝行だと思います。 
盆暮れ正月に顔見せて、たまに電話すればきっとそんなに寂しくないよ。 
「ご飯食べたよ」「楽しいよ」「ありがとう」 
って。 
自分の夢とご両親のことで悩んでしまうようなあなたの優しさ、きっと伝わるよ。

引用元: (⊃д`) せつない想い出 その3 (´・ω・`)