184: おさかなくわえた名無しさん 04/04/08 17:48 ID:GeZoRgnM
小1の夏にウチのかーちゃんが病気で氏んだ時の事。 

かーちゃんが逝く間際から葬式が終わるまで、とにかく色々と大変だった。 

そしてそんな中、生活が通常の状態に戻りつつあったある日、 
不意に親父が兄貴と俺に「なんでも欲しいものを買ってやる」と言い出した。 

誕生日とクリスマス以外は、ガンとしてオモチャ等を買い与えてくれなかった 
親父から、いきなりあり得ない発言が飛び出した事に兄弟で驚きながらも、 
取りあえず俺達は喜んで近所のデパート向かった。 

スポンサードリンク


兄貴が何を買ってもらったかは忘れたが、俺は当時人気だった特撮モノの「デンジマン」 
に登場する、変形ロボを格納する戦艦(名前失念)を狙った。そして当然、 
変形ロボも欲しいと思った。「今日なら同時に買ってもらえる・・・のか?」 
と、今まで味わった事のない状況を確認したところで、 
ふと「あぁ親父はかーちゃんが氏んだ悲しみを和らげようと、急にこんな事を 
言い出したんだなぁ。」と思ってしまい、何だか急にテンションが下がって 
しまい、うすら寂しい気持ちになってしまい「これでいい・・・」と 
戦艦だけ買ってもらうことにした。 

「他にいらないのか?」と言われたが「うんいいよ」と子供ながらに妙な気を 
使って遠慮してしまったのを覚えている。 

その後「ロボの方も、やっぱ買ってもらうべきだった!!」と激しく後悔して 
悲しくなったが、戦艦のオモチャ自体は良く出来ており、色々と自分が持って 
いるおもちゃと絡めて遊ぶと中々楽しかった。 

以上、違う意味でおもちゃを買って悲しくなった。俺の思い出でした。 
長々とスマソ。

185: おさかなくわえた名無しさん 04/04/08 19:20 ID:mgCdb1G4
184はトテモ(・∀・)イイ!! 子  
かあちゃんも大きくなった184を見てきっと喜んでるだろう。
 
引用元: (⊃д`) せつない想い出 その3 (´・ω・`)